« 自作予算案可決~実現への一歩~ | トップページ | 仮想メモリは必要か~WindowsXP~ »

2007年6月19日 (火)

バックアップの必要性~リスク管理~

花火工場の爆発事故はリスク管理の成果」(一般システムエンジニアの刻苦勉励)

群馬の花火工場内で火災があり薬品庫に延焼したが、
花火や火薬庫に延焼せず死亡者も無く大事に至らなかったと言う。

花火工場の火事とカテゴリのパソコンと如何関係が有るんだと思う方が居るだろうが、
記事の中で筆者がリスク管理と強調しているのに注目して頂きたい。

この記事を読んで私は、シマンテック社の調査結果
PCは遅いとユーザーの6割がストレスを思い出した。
この記事には付随する記事がある。

シマンテック、「バックアップは面倒」の声に驚く

調査結果によると、
保存データに対するストレスでの第1位は「重要データの損失」(28.8%)と回答しているのにも関らず、
バックアップ対策を「していない」回答者が28.3%だと言う。
重要データとしては、住所録・画像等が過半数を占めたが、
バックアップを実施しているのは50%強に留まったと言う。
理由に付いては、「面倒だから」「方法が解らない」が40%前後を占めるそうだ。

「面倒だけど無くなっても困る」って、余りにも身勝手な言い分だよネ。
まぁ以前「PCが遅いのはPCが悪いのか?」の中でも書いたが
パソコンにスペック(性能)以上の作業をさせて於いて、
パソコンが遅い」とストレスを感じてる時代ですからネ。
本当に身勝手な話です。

「方法が解らない」って言うが、調べれば解る事。
バックアップ」を検索語にググれば(google検索)22.800.000件のページがヒットします
バックアップの方法」を検索語にしても41.200件がヒットする。
でも、この「ググる」を知らないユーザーが意外と多いのも事実なんですが…

そもそも「PCは壊れない、間違っても今日明日直ぐには壊れない」、
と思っているユーザーが多い事に間違いは無い。
「直ぐには壊れない」と思っているから、
バックアップの重要性を認めながらも「面倒臭い」と先延ばしにしてしまうのだろう。
又、バックアップする為のメディア代・増設HDD代と、
其れなりの投資をしなくては為らないのも一因と考えられる。

こうしたユーザーに幾らバックアップの重要性を説いても無駄である。
きっと、「代わりにやってくれ」とか「投資分を払え」と答えるからだ。
重要データを喪失するまでは、多分バックアップを実施しないであろう。

対岸の火事」と思っているユーザーが多いと思う。
喪失して初めてバックアップの重要性を認識する筈である。
でも、其れでもまだ「パソコンが悪い」って言うのかなぁ…(笑

冒頭での記事の中で、筆者は「群馬の火事で大惨事に為らなかったのは、
数年前に鹿児島で起きた同様な火災(この時は大惨事に発展)を教訓にリスク管理がされていた結果だ」と述べている。

「起きては困るが直ぐには大丈夫」と軽視せず、
「今日起こるかも知れない」と危機管理を持ち、リスク管理に投資を惜しまなかった事が大惨事に至らなかった理由だと思う。

私もパソコンを始めたての頃に「重要データ喪失」の苦い経験がある。
其れ以来バックアップに投資を惜しまず、二重三重のバックアップを心掛けている。
二重三重のバックアップをしてもリスクが軽減されただけで、リスクが0(ゼロ)に為った訳ではない。
デジタル社会の宿命なのか…

今シャットダウンしようとしている貴方!
そう貴方です。
次回パソコンが起動しないかも知れませんヨ…

貴方のバックアップ対策は大丈夫ですか?

|

« 自作予算案可決~実現への一歩~ | トップページ | 仮想メモリは必要か~WindowsXP~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/6836552

この記事へのトラックバック一覧です: バックアップの必要性~リスク管理~:

« 自作予算案可決~実現への一歩~ | トップページ | 仮想メモリは必要か~WindowsXP~ »