« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

「給食費未納訴訟」今日判決/静岡・御前崎市~目覚めよ馬鹿親ども~

県内初の法的措置に踏み切った「給食費問題」の判決が本日午後「掛川地裁」で言い渡されます。
昨今、問題視されている「給食費未納問題」のひとつに司法の判断が出される。

さて問題の保護者だが、「給食費の未納は学校指定用品の購入トラブル」が発端だと地元・静岡新聞社の取材に答えたと言う。

「中学入学時、学校指定用品を揃えると約15万円と市価より高く大きな負担だった」
もっと安価に出来る筈と市教育委員会に訴えたが、指定業者をかばう発言や「毎年そうだから…」と明確な回答は得られなかった。
「それで給食費を払わないのは自分でもおかしいと思う。でも、市・学校には少しでも保護者の負担を考えて欲しかった。義務教育が商売の場になっては為らない」と言う。
不払いで居れば何時か話し合いの場が持たれると思ったが、突然の訴訟通知が届いたと言う。

不払いの理由はもうひとつあるそうだ

子供がいじめに遭い、いじめた子供を思わず突き飛ばした。当時の教師はいじめた子供ではなく、いじめられた子供を最初に叱責した。
子供はショックで欠席がちになった。
訴えられている未納額は八万円。欠席した日の給食費を差し引けば四万円になる。
「いじめに対する学校への抗議もある。食べた分は払うが、食べていない分は払えない」と主張する。

問題は「食べていない分」の解釈。
保護者側は「欠席=食べていない」の解釈だろうが、市教育委員会の解釈は↓

「欠席の届出(連絡・手続き)がない場合、給食は作られ生徒の家に届けられる必要があるので給食費は払って欲しい」

つまり、不登校で休んだのは良いが、学校に「欠席」として届けたか否かだ。
届出や連絡が無い場合、「今日は登校するかもしれない」として給食は作られる。
作られた給食は有志の生徒が、休んだ生徒の家まで届ける約束事だろう。
此れは、今も昔も変わらない事だと思うのだが…。

「判決には従う。ただ、未払いにも理由がある事を理解して欲しい」と真剣な眼差し訴えた。

俺も三人の子供の親として理解出来る所はある。
確かに学校指定用品てのは高い、滅茶苦茶高い。
教育委員会の言う「平等に」で、生徒全員に同じ物を購入させる考えは良いと思う。
しかし、価格設定が高いとは思いませんか?
昨今、安く購入する手立ては消費者側の方が賢い。
「こういう物を」と幅(規定・規格)を持たせてくれれば、
消費者は其れに沿って出来るだけ安価な物を購入出来ると思うのですが…

まぁ地域によって温度差は有るだろうけど、仮に「上履き」にしても「白なら白」の指定だけならば、消費者は有難いよネ。
でも、「この店のこの品」って決められちゃったら如何しますか?
「この店」より安価で似た物があっても購入出来ない地域も有るんじゃないかなぁ…
学校指定店で一括購入すれば、「漏れは無く皆同じで平等な品が配布出来る」と言う、「平等」な言い分は通る訳だけどネ。

まぁ訴えられた保護者は「判決には従う」と言っている訳だから払う意思はある。
「払うけど聞いてくれヨ!」って言い気持ちも解る。
こういう形でしか表面化出来なかった「学校問題」の現実。

一連の給食費未払い問題の裏側からしても、今の教育現場での実情を垣間見る事が出来そうですネ。

But!

給食費未納者を決して助長しているのでは有りませんから誤解の無い様に。

静岡・掛川市は法的措置が必要とされた十世帯に付いて、「話し合いの余地がある」として法的措置を見合わせた。

つまり、「訴えますヨ」って言ったら「払うから」って感じでしょ。
正当な理由も無く、給食費を未納した家庭もあるって事です。

~引用;静岡新聞8/31付け朝刊より~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月30日 (木)

子供の顔を見て「ドキッ!」~馬鹿親…否、親馬鹿~

昨日、帰宅して居間(兼台所)に入るや否や…

(OoO;) ドッキーンッ!

目の前に「俺が寝転んでいる」じゃないか!
まてよ俺は此処に立っている訳だから…
俺は今、もしかして…
幽体離脱中なのかぁ・・・(゚_゚i)タラー・・・。

真面目な話、帰宅するや俺は心臓が止まる位に驚いたのです。
真相は、家の長男坊が床屋に行き「角刈り」にして来た訳。
髪の毛が長いと長女に似ているんだけどネ。

長男坊も五年生。
知らず知らずのうちに俺似になって来てるのかなぁ。
今回、「角刈り」(俺も角刈り)にしてしまったもんだから、当に「俺」なんですヨ。

其れ以来どうも調子が悪いんです。
「お~い○○○(長男の名前)」
「何ぃ~お父さん」
と長男坊が俺の前に現れる…

(OoO;) ドッキーンッ!

「お、俺が目の前に居る!」
又しても幽体離脱かぁ…
真面目に鏡を見ている様なんですヨ。

「角刈りにしたら父ちゃんソックリだなぁ」って俺が言う。
小僧と顔を合わす度に言う。
言う度に小僧は…↓

。.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))

「俺に似ている」と言う言葉が実に嬉しいらしい。
ヤモメ暮らしのほんのひとコマ。

小僧の嬉しそうな顔を見て喜ぶ俺。
こんな事で喜んでいる俺は…↓

馬鹿親なのか…

親馬鹿なのか…

070830

母子家庭父子家庭応援歌~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

Tripcode Explorer

Tripcode Explorer史上最強CPU高負荷テスト
なんてレスを掲示板で見付けた。

メモリ・CPU高負荷テスト第4弾は
Tripcode Explorerに決定。

StressPrime2004(通称:SP2004)やPrime95よりも凄いのか?
早速試して見ました。

Tripcode Explorerとは
2ちゃんねる掲示板(2ch.net)で固定ハンドルの証明に用いられる
一人用キャップ通称「トリップ」。
通常は暗号化後の文字列を自由に選ぶことはできませんが、
このプログラムを使えば、
好みの文字列を含むトリップを
お手持ちのPCで検索することができます。

又、Tripcode Explorerの作者は↓

Tripcode Explorerはベンチマークソフトではありません

と注釈しているので御利用は自己責任で…

G4
Core2DuoE6420;FSB375(3.0GHz)
室温28度
CNPS9700LED;2000rpm
Core温度;Max55度
System温度;35度
CPU使用率;100%
メモリ使用量;282MB

メモリへの負荷は弱く期待外れなものの
SupreπSuperPI/mod
StressPrime2004(通称:SP2004)・Prime95
以上のCPU温度を記録

Tripcode Explorerとは
CPUに予想以上の負荷を掛けるようだ。
動作中はCPUの温度に注意が必要ですネ。

Tripcode Explorerのダウンロードは
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se400414.html

Tripcode Explorer動作中は温度モニタソフト(SpeedFan等)を起動させ、
CPU温度・システム温度に注意を図って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

Prime95

メモリ・CPU高負荷テスト第3弾はPrime95
Supreπ・SuprePI/mod・StressPrime2004(SP2004)と試して来ましたが…。これ等はパスしてもPrime95ダウンする場合もある。


Prime95のダウンロードは
http://www.softpedia.com/progDownload/Prime95-Download-76537.html

G3
Prime95実行時のシステム温度
Core2DuoE6420;FSB375(3.0GHz);室温28度;CNPS9700LED;2000rpm
Core温度;Max52度、System温度;36度、CPU使用率;100%、メモリ使用量;1482MB

Prime95実行時のメモリ使用量は、StressPrime2004(SP2004)実行時より多い1.028.220K(当機はアイドル時200MB以下)。

12時間以上の動作推奨らしいが、私の場合は1時間の動作確認。操作はStressPrime2004(SP2004)と同様で、システムに異常が無い限りエンドレスで動作します。Prime95動作中は温度モニタソフト(SpeedFan等)を起動させ、CPU温度・システム温度に注意を図って下さい。


Prime95以上の負荷テストを行うのならばTripcode Explorer 
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/tripcode_explor_97c5.html



- - - - - 切り取り - - - - -



<07.12.30追記>
Prime95 ver25.5が公開されています。
ダウンロードは↓から
http://www.softpedia.com/progDownload/Prime95-Download-76537.html

Prime95 ver25.5の使用方法
1.ダウンロードしたP95V255.ZIPを解凍。
2.prime95.exeをクリックして起動。
3.join.GIMPSではなくJust Stress Testを選択
4.次の画面でもOK。

・Small FFTs:Vcore設定を判断する場合/・Blend:12h耐久とか24h耐久を行う場合/
・Custom:特定サイズでテストする場合。

Prime95のエラー
・Prime95若しくはPC(システム)がダウンする場合は、システム全体の設定に問題がる。
・特定項目だけエラー停止する場合(Prime95は起動したまま)、Vcore(コア電圧)不足が濃厚。

Prime95実行時のシステム温度
・Core2DuoE6420;FSB375(3.0GHz);室温15度;CNPS9700LED;1850rpm
Core温度;Max36度、System温度;21度、CPU使用率;100%、メモリ使用量;1231MB



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへにほんブログ村



<2008.01.23追記>
Core2DuoE6420 FSB375/Vcore1.35Vの設定からVcoreを下げて測定してみた。
・Vcore1.3125V(BIOS設定):システム起動・作業問題なし。
Prime95→1時間で#2エラー停止⇒再起動させて⇒数分で#1エラー停止。
・Vcore1.3250V(BIOS設定):システム起動・作業問題なし。
Prime95→2時間起動エラー停止。

Prime95実行時のシステム温度
室温11度、CNPS9700LED;1850rpm
Core温度;Max34度、System温度;21度、CPU使用率;100%、メモリ使用量;1226MB

<2008.01.26追記>
Vcore1.3375V(BIOS設定):システム起動・作業問題なし。
Prime95→2時間起動エラーなし。
此の侭、耐久テストに入ります。目標は、11時間耐久ですwww。

<2008.01.26追記>
17時間耐久エラー無し
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/prime95.html

<2008.05.30追記>
3.2GHzにオーバークロック
24時間耐久に挑戦してみました。
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/q9450fsb40030gh_413c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

StressPrime2004~SP2004~

メモリ・CPU高負荷テストの第二弾は
StressPrime2004(通称:SP2004

メモリ・CPUに高負荷(通称:シバキ)を与え
システムの安定動作を試すプログラム。

Superπ・SuprePI/modでパスても
安心は出来ないそうだ。
又、オーバークロックをしていなくても、
メモリの増設やCPUクーラー換装時に
システムの安定度を調べるのに便利。

Superπ・SuprePI/mod以上の高負荷
CPUやメモリに与える事が出来るようだ。
CPUクーラーの冷却テスト、
エアーフロー検証時に使用すると良いですネ。

G2

Core2DuoE6420;FSB375(3.0GHz)
室温23度
CNPS9700LED;2000rpm
Core温度;Max46度
System温度;31度
CPU使用率;100%
メモリ使用量;1082MB

アイドル時のメモリ使用量200MB
↑この状態で1082MBのメモリ使用量です。
実装メモリが少ない方は御注意を…
検証は1時間行いましたが、
12時間以上も試す方も居られるとか…(驚
CPU・メモリに何等かのエラーが有れば、
自動停止し画面にエラー表示されます。

StressPrime2004(通称:SP2004)のダウンロードは
http://sp2004.fre3.com/

画面中程
LatestBeta
→For dual-core/Hyperthreaded CPUs, please try this beta
→SP2004 Orthos Edition

StressPrime2004(通称:SP2004動作中は
温度モニタソフト(SpeedFan等)を起動させ、
CPU温度・システム温度に注意を図って下さい。

<追記>
SP2004での高負荷テストは、
まだまだ序の口ですw

更に高負荷
Prime95
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/prime95.html

更に更に高負荷
Tripcode Explorer 
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/tripcode_explor_97c5.html

にほんブログ村 PC家電ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

スーパーπとSuper PI/Mod

オーバークロックした場合、
システムが無事に起動しても其の設定で安定動作するか否かを
確認する必要があります。

今週は、オーバークロックで安定動作確認の為
使用したソフトを既出かも知れないが連載。
題してメモリ・CPUの高負荷テスト

第一弾は定番と言えるスーパーπ
円周率を計算するプログラムです。
初心者でも簡単に導入出来ます。
予め何桁まで計算するか設定するだけ。
計算後は所要時間を表示してくれます。
オーバークロックをしない方でも、
自分のパソコン性能を調べるのには便利なソフトです。

設定する桁数は104万桁が良いです。
掲示板でも104万桁所要時間での性能比較が多い。
104万桁なら十数秒~1分強で終了です。

スーパーπのダウンロードは
http://www1.coralnet.or.jp/kusuto/PI/super_pi.html

尚、スーパーπの表示時間は1秒単位。
P1
1/1000秒単位で時間を計測したい方は
SuperPI/modの利用が御奨め。

SuperPI/modのダウンロードは
http://cowscorpion.com/CPU/SuperPIMod.html
P2
SuperPI/modの計算桁数は
1Mの設定が良いでしょう。

G1

↑PCに高負荷を与える為、
スーパーπ(Superπ)
SuperPI/mod同時起動させています。

Core2DuoE6420;FSB375(3.0GHz)
室温28度
CNPS9700LED;2000rpm
Core温度;Max53度
System温度;35度
CPU使用率;平均60%
メモリ使用量;541MB

スーパーπ(Superπ):3355万桁、
SuperPI/mod32M
約20分弱の負荷で終了です。
長時間のシバキ(高負荷)には物足りない感じです。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月22日 (水)

地方じゃ今が旬!~ラーメン缶~

知人のパソコンマニアから秋葉原へ行った御土産に
ラーメン缶なるものを頂いた。
お盆休みを利用して秋葉原へ探索に出掛けた模様。

御土産のラーメン缶を試食してみました。
去年、私が秋葉原を訪れた時は
おでん缶が人気だったのですが、流石に秋葉原情報発信基地ですネ。

070822_1

色々種類があるらしいが、御土産に貰ったのはラーメン缶冷やし麺

070822_2

蓋を開ければ、御覧の様に「普通のラーメン?」です。
冷やし麺故に良ぉ~く冷やして見ました。
我が家試食第1号はお茶奉行麺奉行の長男坊。

070822_3

一口食べるや否や
美味しかった…
一言残し退席。

一口で解るんかぁ~
と俺が試食してみるが…

この食感は!心太じゃ~

原材料を良く見れば「蒟蒻…」と記載されている。
通りでスープに漬かりながら麺が延びない訳だ。
話題に乗りたい方は、一度御賞味あれ!
決して「話題」には損はさせない一品です。

急げ!ラーメン缶GET

製造元へ、企画とアイデアには敬服致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

自作だから出来る技~自作の楽しみ~

自作Core2DuoE6420機が
余りにも静音なのか…
最近妙にPentiumD820機が五月蝿く感じる。

五月蝿い原因とは
ELSA GLADIAC 573 GS LP 256MB
http://www.elsa-jp.co.jp/products/graphicsboard/gladiac_573_gs_lp%20256mb/index.html

グラフィックボード冷却用に取り付けたFAN

グラフィックボードの温度
室温15度
低負荷時:55度
高負荷時:80度

ネット検索で調べた温度と比較すると
低負荷時は妥当、高負荷時はやや高目と判断

グラフィックボードの冷却化
側面パネルに穴を開け8cmFANを増設
グラフィックボードのヒートシンクに直噴して冷却
ロープロファイルの為に直噴しても
FAN(側面)からの距離があり効果が薄い
070819_1

エアインテーク
http://www.ainex.jp/products/fa-68a.htm
↑を加工した自作バッシブダクト
こんな試行錯誤ばかりの改造で、箇体はすっかりハリボテ状態です…(笑
070819_3

今迄はeSATAインターフェイス・キャプチャーボードがあって
中々思うように出来なかった
全てCore2機に移籍した為にPCIスロットは空状態。
「チョッといじってみるか」と日曜大工ならぬ日曜工作してみた。

ファンレスグラフィックボードの温度
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_f4a6.html

本当はCore2機のこの状態↑が理想だったのですが、
ファンステイ金具セット
http://www.ainex.jp/products/fst-80.htm
買えば\1.000前後は掛かる。
「買うばかりが能じゃない」と、余りパーツの中から穿り出して試作したのが↓
070819_2

自作バッシブダクト
単純に「FAN+エアインテーク 」を作り
スポンジを台座にして両面テープで固定しただけの物。

グラフィックボードヒートシンク
下部より直噴し冷却する構造です。

FANは8cm/1.000rpm静音の為に
今迄より若干冷却効果は劣るが、
側面FANの吸排気を調整する事で解決。

冷却化の問題とは
室温
何処まで室温を低くできるかでしょう

こんな事で楽しめるのも自作ならではの事ですネ。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

<追記>
自作改造したFANは、其の後に換装(Max3700rpm)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

Core2DuoE6420 FSB375(3.0GHz)~オーバークロック詳細設定~

Core2DuoE6420/FSB375(3.0GHz)設定で、オーバクロック安定起動。一連のベンチマークソフトでも問題は見られない。FSB400(3.2GHz)より安心して現在常用中ですw。


Core2DuoE6420(壱号機)の詳細

【BIOS】 ver1101
【CPU】 Core2DuoE6420
【COOLER】 ZALMAN CNPS9700 LED(2.000rpm)
【M/B】 ASUS P5B Deluxe
【RAM】 CORSAIR TWIN2X1024A6400 PC2-6400 (1G*2)
【VGA】 ASUS EN7600GS Silent/HTD
【POWER】 Owltech SS550HT
【CASE】 Scythe SCY-628-BK

E6420オーバークロック/FSB375(3.0GHz)BIOS設定
<JumperFree Configuration>
CPU Frequency:375
DRAM Frequency:DDR2-750MHz(以下の設定不可)
PCI Express Frequency:100
PCI Clock Synchronization Mode:33.3MHz
Spread Spectrum:Disabled
Memory Voltage:1.80V
CPU Voltage:1.3375V(1.30V:CPU-Z読)
FSB Termination Voltage:1.20V
NB VCore:1.25V
SB Vvore:1.50V
ICH Chipset Voltage:1.057V

<CPU Configuration>
C1E Support:Disabled
CPU TM function:Disabled
PECI:Enabled
他はAUTO(Disabled)

<Chipset/North Bridge Configuration>
Configure DRAM Timing by SPD:Disabled
Latency:5-5-5-12
メモリ対比:1:1(CPU-Z/POST読み)
PEG Link Mode:Faster
他はAUTO

070818

室温27度/CPU COOLER:2000rpm
・SP2004実行時の温度:システム:31度/Core:40-45度
・Tripcode Explorer(Tx)実行時の温度:システム:33度/Core:53-54度
・アイドル時の温度:システム:32度/Core:30-31度

オーバークロックは自己責任です。同じ環境/同じ設定でも同じ結果が出る事は無く、起動すら出来ない場合が有ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月17日 (金)

PECIを有効(Enable)

Core2DuoE6420オーバークロックの試行錯誤中、
CPU温度が「-50度」なんて有り得ない話。
SpeedFan4.32でCPU温度をマイナス表示
070817_1
CoreTemp0.95Core温度
SpeedFanCore温度が同じ表示。
Core2DuoはPentiumDと勝手が違う。

SpeedFanの表示温度は
CPU温度項目;サーマルダイオード
Core温度項目;デジタルサーマルセンサ

デジタルサーマルセンサとは
CPU内のデジタルセンサの事
サーマルダイオードとは
CPU内の非デジタルセンサの事で補正が必要

詳しく(難しく?)解説しているページだと↓↓↓
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20051004/113761/

CPU温度とCore温度どちらを参照するか
Core温度だと思います。
デジタルサーマルセンサを参照すべき。
*Core Temp(※)のCore:0,Core:1の温度、SpeedFanのCore:0,Core:1の温度となります。*CoreDuo/Core2Duo/Athlon64 X2?のみ

BIOSでPECIを有効(Enable)とは
そもそもPECIの記述は
マニュアルには載っていない。
更に私の環境下、
BIOSでは無効設定(デフォルト)だった。

P5B-Deluxe,BIOS:1101では
Advanced→CPU Configuration

開いた画面の一番下(*)にあり。
*通常開いた画面では表示されないので「↓キー」で送ると表示される

PECIを有効にする
サーマルダイオードの値

正しく補正されている値

デジタルサーマルセンサ値より低い表示となる。
但し、過剰補正されて室温以下の表示をする場合もあるそうです。

詳しく(難しく?)解説しているページだと↓↓↓
http://ia.topicmaker.com/manager/businesspc/20061114/1.html

PECI有効による温度表示の違い
070817

私の環境下での結果。
左がPECI無効、右がPECI有効の温度グラフ。

SpeedFanのCPU温度は、Core温度より「-7度」で表示。

室温27度でCPU22度は有り得ない話。

過剰補正し過ぎです。

何度か計測(再起動)を試みたが、
当環境下で室温以上に表示される事は無かった。
試しにシステム稼動中、CPUクーラーの根元を指診(*)
「熱い」とは感じられず「温かい」程度。

*稼動中の指診はCPUクーラー等に巻き込まれない様に注意。

何れの設定でも
Core温度を目安にするのが良いようですネ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

conime.exe~DLL初期化の失敗~

ASUS PC ProbeII V1.04.19 を試しでインストールしてみた。
いきなりメインのCore2DuoE6420機では怖いので、サブのPentiumD820機で試行をしてみる。
インストール後は御決まりのプロセスチェック。

aaCenter.exe
Probe2.exe

ASUS PC ProbeII関連のプロセスを確認…と思ったらもう1つプロセスを確認。

conime.exe

conime.exeとは、コマンドプロント関連のプロセスらしい。http://support.microsoft.com/kb/814379/ja(Microsoft)

つまり、アプリケーションのインストールの際、コマンドプロント(cmd.exe)が実行されると同時に起動するプロセスのようです。
しかし、コマンドプロント(cmd.exe)が終了しても一緒に終了する事はない。
システム再起動かタスクマネージャでconime.exeを終了させる方法しかない。

conime.exe DLL 初期化の失敗
慌ててプロセス停止を行う必要はないが、conime.exeを起動させたまま↑を知らずにアプリケーションの追加と削除を行うと、不具合が発生する。

又、イベントビュアーに下記のエラーが記録される
イベントの種類: 情報
イベント ソース: Application Popup
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 26
説明:
アプリケーション ポップアップ: conime.exe - DLL 初期化の失敗 : ウィンドウステーションがシャットダウン中であるため、アプリケーションが初期化に失敗しましました。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

TrunImageLE Build5079公開

TrunImageLEの最新版Build5079が公開されました(2007.08.10)。

「PROTON ダウンロードページ」

Linux kernel 2.4.35 に変更。
認識できるデバイスが追加されています。
バックアップアーカイブの保存先のパス名に2バイト文字(日本語)が含まれる場合、そのアーカイブを参照するとパスワード確認画面が表示される問題を修正しました。
パスワード付きバックアップ アーカイブに上書きした場合、パスワードが引き継がれてしまう問題を修正しました。
その他、細かな修正

早速Core2Duoe6420機(P5B-Deluxe/ICH8R)にインストール。
ブータブルメディアを作成

ブータブルメディアの完全版で起動を確認。
問題なくICH8Rで動作確認しました。
以前に書きましたがBuild963では、起動出来ない環境もあるようです。

「TrunImageLEの不具合~Build963はICH8Rには非対応?~」

※TrunImageLE Build5079の適応(インストール)には、現在御使用中のTrunImageLEのシリアルナンバが必要です。

又、以下のプロセスが新たに起動します。
TrueImageMonitor.exe
TimounterMonitor.exe
schedhlp.exe
schedul2.exe

プロセス停止方法は
TrueImageMonitor.exe
TimounterMonitor.exe
schedhlp.exeは
msconfigから停止が可能。

schedul2.exeは
管理(サービス)で
Acronis Scheduler2 Serviceを自動→手動
にすれば起動しなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

E6850で4.7GHz超えなんて…(泣

Core2DuoE6850(3.0GHz)で4.7GHz超えオーバークロックだそうです... ( ̄□ ̄;)ギョッ


E6850ガスで冷やしてみました」 (BROG-DAKARA)


Core2DuoE6420(2.1GHz)の3.2GHz(FSB400)で試行錯誤中
FSB Termination Voltage、NB Vcore、SB Vcore、ICH Chipset Voltage、AUTO設定だと予想以上に昇圧するようだ。任意設定で試行錯誤するが思うようにスコアが伸びない。

3DMark05/06共に完走。SP2004でもエラーは無い
稀にSpeedFan4.32で不具合が...CPU温度 -50度!...絶対だと思う。


時間も無いしこれ以上の深入りは危険かと思われる。すぐさまFSB340(2.72GHz)に戻す。3.0GHz超えだと安定しないのか、週末の休みにFSB375(3.0GHz)辺りを検証して見たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

Core2DuoE6420 FSB400(3.2GHz)再挑戦~オーバークロック~

自作Core2DuoE6420は、現在FSB340(2.1→2.72GHz)オーバークロックで常用中。以前試みたFSB400(3.2GHz)の設定が気に掛かる。

http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/core2duoe6420_f_1.html

CPUのスコアは上がってもグラフィック系のスコアが落ちる。PCI Express Frequencyの設定はお決まりの100。限界ならば諦めるが、どうにも納得出来ない。


FSB340(2.72GHz)/PCI Express Frequency:100
070809_1

FSB:400(3.2GHz)/PCI Express Frequency:100
070809_2


ALL/FPMの項目はCPU、MEMはメモリのスコアでFSBの上昇と共に向上している。注目すべきはGDI/D2D/OGLのグラフィック系スコア。FSB400の設定では、FSB340の設定時より落ち込んでいる。


3DMark05でFSB340/4000スコア、FSB400/3000スコア。著しく低下した原因が此処にあるのかもしれない。色々PCI Express Frequencyで検索してみる。


PCI Express Frequency100~110適値設定
・PCI Express Frequency:105 ⇒ CrystalMarkスコア:GDI/D2D/OGLが向上。
・3DMark05スコア:4000越えと回復した。

070809_4

FSB400動作時のシステム温度
*室温27度;SpeedFan/CoreTemp読み

CPU:max48度/core:max46度/System:31度

もう少し色々な設定でデータを出して見たいと思います。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 8日 (水)

reader_sl.exe/AdobeUpdater.exe

最近PentiumD820機で
AdobeReaderのエラーが再開し始めた。

Adobe Acrobat Acro Rb32.exe アプリケーションエラー
 0x58731531の命令が0x00000014のメモリを参照しました。
メモリがreadになることはできませんでした

エラー事態は、
AdobeReader ver7以降の不具合
回避策もAdobeReaderの
再インストールやら何やらと既出済みなので割愛。

再インストールするならばver8にするかと、
AdobeReader8を導入してみた。
但し、個人的にマスクはver7系の方が良いんだけどネ。

プロセスチェック

reader_sl.exe

おまけにちゃっかり
スタートアップにまで登録されている。
小さな親切大きなお世話!って話。

reader_sl.exe停止方法
スタート→すべてのプログラム→スタートアップから
AdobeReaderを削除(*)
*ショートカットなので削除自体は問題なし

msconfigでシステム構成ユーティリティを起動→スタートアップ
reader_sl.exeの「レ」点を外し→適用OK

*再起動時に「システム構成ユーティリティ」の警告が出るが
システム構成ユーティリティを起動したけど大丈夫?って事)、
「次回から表示しない」→OKで消えます。

adobeupdater.exe

AdobeReaderを起動させると出現。
おまけにNIS2007がFWの警告を発した。
どうやらAdobeReaderの起動時にUpDateを確認するらしい。
これまた小さな親切大きなお世話!って話。

adobeupdater.exe停止方法
AdobeReader起動→編集→環境設定→
分類;インターネット→バックグランドでのダウンロードを
許可の「レ」点をはずし→OK

セキュリティソフトFW設定→プログラム制御→
adobeupdater.exeの通信→「遮断」→OK

此れで今まで通りのプロセス数を維持v(。・ω・。)ィェィ♪。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 7日 (火)

航空自衛隊祝賀飛行&エアショー~清水港まつり~

第60回清水港まつり~海上花火大会~に先駆け
海上エアショー航空自衛隊機 祝賀飛行が行われました。

海上エアショー
清水では2年ぶりの開催となります。
070807_1
ベテランロックサニー伸介氏
世界中の絶叫マシーンを克服しても、こんな操縦は俺には出来ないゾ!
エアロック・エアロバティックによる曲芸飛行は圧巻でした。

070807_2

↑会場ギリギリまでに接近しての飛行。

「AlRoockNews」
「アルプスナイスエア」

航空自衛隊機 祝賀飛行
浜松基地所属T-4型練習機
静浜基地所属T-7型練習機の祝賀飛行

浜松基地所属T-4型練習機
070807_3_2

「T-4型(練習機)」 (wikipedia)
「T-4中等練習機」関連のURL

http://www.masdf.com/news/t4kai.html
http://www15.tok2.com/home/lttom/military-powers_jasdf/renshuki/renshuki.htm
http://kikuchi.mook.to/AIRPLANE/t-4/index.htm

静浜基地所属T-7型練習機
070807_4_2

「T-7型(練習機)」 (wikipedia)

何れにせよ各パイロットの沈着冷静なテクニックと強靭な精神力には脱帽です…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 6日 (月)

第60回清水港まつり~海上花火大会~

かっぽれかっぽれよ~いとなよいよい

夏と言えばこの掛け声で始まる「清水港まつり
今年で60回を迎えました。
メーンイベントは最終日に清水港湾内で行われる海上花火大会です。

清水港まつりの詳細はこちら

近年、各地の花火大会も騒音・公害等の問題はもとより、
資金難(大手企業からの協賛金が集まらない)から開催が危うい状況とか聞きますネ。
しかし、清水港まつり~海上花火大会~は無事開催されましたv(。・ω・。)ィェィ♪

雨の心配があったのですがPM07:30
070806_1
最初からこんなに豪華で良いのか?って位に行きまっせ!

最近の目玉は市内の幼稚園・保育園児から募集した創作花火ですかネ。
今年は1.180点の作品が寄せられたそうです。
採用作品5点が子ども夢花火と題し打ち上げられました。

070806_2

先ずはペンギン花火です。

070806_3

続いてライオン花火です。
この他、サクラエビ花火
ドラえもん花火が採用されたのですが、
上手く撮影出来ずに紹介出来ませんm( ̄ー ̄)m ゴメン

過去の創作花火では
イチゴ花火
傘(パラソル)花火
カエル花火等がありました。

昔は打ち上げ時間も二時間程あったのですが、近年では正味一時間と言う打ち上げ時間。
あっという間に過ぎてしまいます。

愈々フィナーレ豪華ナイアガラの滝で締めくくり。
070806_4

1時間で約1万発の花火が夏の夜空を魅了しました。
花火大会の前に、
航空ショー開催されたのですが、後日の紹介と言う事で…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

Core2DuoE6420 FSB340~オーバークロック詳細設定~

自作 Core2Duo E6420 FSB340(2.72GHz) オーバークロックで一先ず安定稼動中。


FSB340 BIOS詳細設定

BIOS:ver1101
CPU:Core2DuoE6420
MB:ASUS P5B Deluxe
Memory:CORSAIR TWIN2X1024A6400 PC2-6400
VGA:ASUS EN7600GS Silent/HTD
Owltech SS550HT

・JumperFree Configuration
CPU Frequency:340
DRAM Frequency:DDR2-680MHz(此れ以下の設定不可)
PCI Express Frequency:100
PCI Clock Synchronization Mode:33.3MHz
Spread Spectrum:Disabled
Memory Voltage:1.80V
CPU Voltage:1.3500V
以下はAUTO

・CPU Configuration
C1E Support:Disabled
CPU TM function:Disabled
以下はAUTO(Disabled)

・Chipset/North Bridge Configuration
Configure DRAM Timing by SPD:Disabled
5-5-5-12
PEG Link Mode:Faster
以下はAUTO

・メモリ対比/1:1(CPU-Z読み)


FSB340 ベンチマーク結果(平均値)
FINAL FANTASY XI-3/定格:6548_FSB340:7345
3DMark05/定格:3928_FSB340:4049
スパーπ/定格:24秒_FSB340:19秒
DivXエンコード(*)/定格:4m30s_FSB340:3m39s

※XMPEG/DivX5.21/LAME3.97を使用し420MB(再生時間10分)のMPEGファイルを、DivX4Mbps:LAME:44100Hz224kbpsでエンコードした所要時間。

FSB340 CPU/Core/System温度
定格/室温28度
CPU:39度/CoreTemp:31度/System:36度
FSB340/室温27度
アイドル時_CPU:39度/CoreTemp:31度/System:32度
3DMark05_CPU:47度/CoreTemp:45度/System:33度(Max)

070803

FSB400にすると、DRAM Frequency:DDR2-800MHzが最低値設定になる。CPU-Zで見る限り対比1:1にはなる。オーバークロック奥深し!マダマダ勉強中の発展途上人です (*- -)(*_ _)ペコリ

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

<2008.01.09追記>

FSB375/3.0GHz、CPU Voltage/1.3125V⇒起動を確認

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

Core2DuoE6420 FSB400~オーバークロック~

Core2DuoE6420/FSB400での起動動確認!オーバークロック150%です。

・スーパーπ:定格FSB266/24秒→FSB400/16秒
・SP 2004:15分作動でエラー無し。*vcore1.35ではSP 2004がエラーを吐くのでvcore1.4に昇圧。
・3DMark05:完走するが→スコアーは3/4程度に落ち込みます。

事前に得た情報ですが、3DMarkのverが異なるものの全く同じ症状ですネ。
http://bbs.kakaku.com/bbs/05100011237/#6475954

SpeedFan4.32の計測では、CPU温度を「-」(マイナス)表示。システム再起動の際に、システムファイルが無いとエラーを吐く不安定な状態です。AUTO設定だとDRAM Timing by SPDが5-6-6-18なるのが原因か。細かい設定を煮詰めれば良いかも知れませし限界なのかも知れません。

070802

精神衛生上好ましくない。結局FSB340(2.7GHz)まで下げていますwww。FSB350/FSB360でも起動出来ますが、此処から先は自己満足の世界。試行錯誤中ですが、FSB400が通っただけでも良いとします。

オーバークロックでの深追いは禁物です。先を見てみたい気持ちは旺盛なんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 1日 (水)

Core2DuoE6420 FSB340/FSB350~オーバークロック~

前回自作Core2DuoE6420/FSB300(2.4GHz)での起動を報告しました。http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/core2duoe6420_b917.html 早速、知人の自作パソコンマニアCore2DuoE6600/P5B/DDR2 PC4200)に報告。翌日、その知人からFSB300が通らないですヨって一言。オーバークロックに関しては無知な部類の知人だが、単純にFSB266→FSB300にしたらしい。相当悔しかったんだろうネ。P5B/DDR2 PC4200なら妥当じゃないのって慰めてみたのですが。


P5B Deluxe/Core2DuoE6420でFSB400超えの情報を入手。
上限FSB400と自己判断し、FSB310→FSB320→FSB330→FSB340…と試みるが問題なく通る。*PCI Express Frequecy:100/PCI Clock Synchronization:33.3MHz


P5B Deluxe/Core2DuoE6420でFSB350が通らない
掲示板で発見。もはや限界?と思いながらFSB350に設定。2.8GHz/O.C.34%で起動。喜びも束の間、エアコンの調子が悪いのか室温30度に上昇!CPU温度も上昇の気配。精神衛生上FSB340(2.72GHz/O.C.30%)に戻し様子を見る。室温の低下を見て試行してみます。

0070801

オーバークロックは自己責任です。
例え同じ環境でも同じ成果が得られる保障はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »