« 10月1日~今日から色々変わります~ | トップページ | 生活保護不正受給90億円~目覚めろ馬鹿親ども~ »

2007年10月 4日 (木)

馬鹿は死ななきゃ直らないのか~セキュリティ意識のギャップ~

今でも「ウィルスには簡単に感染しない」と思っているパソコン利用者が多いようで…
其れを裏図けする様な、こんな記事を見付けました。

自分は安全の意識と実態に大きなギャップ~消費者のセキュリティ意識~ (ITmedia)

↑の報告によれば、セキュリティを最新に保つ必要性を98%が認めて置きながら、この内48%のパソコンは過去一ヶ月以内の間にアップデートされていなかったと言う。
更に、実際ウィルスに感染した経験がある」との回答が54%、
スパイウェアに感染した事がある」が44%に上がっていると言う。

更に驚くのは、防御策を講じているにも関らず、実際に其の防御策を可動させている人の割合が低い事です。
ウィルスの感染経験者が半数以上あり、対ウィルスソフ等を利用しながら常駐させていない…って如何いう事何だろうか。

掲示板等でも「パソコンの調子が悪いんです」と言うスレッドを良く見掛ける。
原因を解明していく内に「ウィルスソフトの期限が切れたんですが、お金も掛かるしウィルスソフトをインストールすると重たいから…結局其の侭なんです」
こんな仰天回答が絶えない。
ウィルスソフトも利用せず、インターネットを使い放題で居て、パソコンの調子が悪くなった。とは如何なものかと思う。

ウィルスソフト等の常駐でパソコンが遅くなるのは、ウィルスソフト側に問題がある。
しかし、ソフト側の問題も有るものの利用者側の問題も有るだろう。
以前当blog内で書いた記事ですが

「動作が遅い」ってパソコンが悪い?」

以上の様に、利用者側の問題・意識にも問題があるのです。
あわせて、未だ情報流失も後を絶ちませんネ。

横浜市民病院経営局情報流失問題

患者の情報を自宅に持ち帰り、P2Pソフト(ファイル交換ソフト/winny等)を利用している個人用のパソコンで情報処理を行った。
その間にウィルスに感染し、患者の情報が流失したと言う。

アンタは馬鹿か!

P2Pソフトが良いだ悪いだの話では無い。
ソフト自体は良いソフトですが、リスクを考えずの使用は危険だ。
只、多くのP2P利用者は利便性ばかりに目が行き、リスクの事などは気にしていないのが実情。

ファイル名ばかり気にして拡張子までは気にしていない。
そもそも「拡張子」も理解せず、P2Pソフトを利用するなど馬鹿げているよネ。
「.exe」「.scr」「.bat」「.htm」「.html」等の拡張子ファイルは無視条件設定でしょう。

「女子●生入浴 隠し撮り.mpeg                          .exe」

こんなファイルを貴方ならDLしますか?

又、昨今利便性から利用者の多いUSBメモリの紛失問題

静岡の県立高校でUSBメモリー紛失~生徒38人分の個人情報が保存~

生徒38人分の個人情報が保存されているUSBメモリを、教職員室の自分の机の上に置き帰宅。
翌朝、出勤時に無くなって居たと言う。

自分の情報が入ったUSBメモリじゃないんだぜぇ、他人の情報が入ったUSBメモリを簡単に机の上に置いて帰るかぁ?
引き出し等に入れて鍵を掛けるのが常識でしょう。

大体、「自分の物」と「他人の物」の区別を利用者が認識していないから、こうした事態は後を絶たない。
「人様のお金を一時でも預かったら、戻すまでは気が気じゃないでしょう?」
自分の物が自分のミスで無くなるのは結構だが、人様の物が無くなるようでは言語道断。
まぁ役所(社会保険庁だっけ?)もやってる事だけど…

何でもそうだが利便性は簡単に理解すれば良い。
其れよりも、リスクに対する知識の向上と対策に時間と金を費やすべきだと思う。

馬鹿は死ななきゃ(ウィルス感染・情報流失・情報紛失)直らないのか、死んでも直らないのか…

|

« 10月1日~今日から色々変わります~ | トップページ | 生活保護不正受給90億円~目覚めろ馬鹿親ども~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/8233622

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿は死ななきゃ直らないのか~セキュリティ意識のギャップ~:

« 10月1日~今日から色々変わります~ | トップページ | 生活保護不正受給90億円~目覚めろ馬鹿親ども~ »