« 2台のPCでメールを受信する | トップページ | NIVIDIA GeForceオーバークロック~EN7600GSで挑戦~ »

2007年12月17日 (月)

拡張子を表示する

以前VRモードで撮影したファイルは、Windows上で拡張子を「.mpeg」に変更しても再生が可能と書きました。
きっと「拡張子って何?」と思った方が居るでしょう。

拡張子とは
ファイルの種類を示すアルファベット(一般適には三文字)の事。
画像ファイルは→.jpg/.gif/.BMP/.PNG…等が使われる。
動画ファイルは→.mpeg/.avi/.wmv/.MOV…等

拡張子を例えるならば通訳機
日本語と言っても「東北弁」「関西弁」「九州弁」とかあります。
更に、「東北弁」と言っても東西南北の地方により「訛り(なまり)」が異なります。
この「○○弁」をアルファベットに置き換えたのが「拡張子」です。
パソコンでは「拡張子」毎に、其れに適したアプリケーションが関連付けられています。
つまり、「東北弁」なら「○○アプリ」・「関西弁」なら「△△アプリ」と言う感じです。
仮に「.東北弁」を通訳する場合、「拡張子」を付けなければ何のアプリが対応するか解らず通訳出来ません。
「東北弁」と言う拡張子を付ければ、「東北弁」の通訳に適した方が担う事が出来る訳です。

拡張子を表示させるには

任意のフォルダを開き→ツール→フォルダオプション→表示タブ→登録されている拡張子は表示しない→チェックを外す

A

つまり、チェックを入れれば「拡張子」は表示されません

A1

「拡張子」を表示した場合の注意事項

拡張子を表示した場合、ファイル名を変更する時に注意が必要です。
「○○.jpg」と言うファイルの名前を変更する場合、「.jpg」の拡張子まで誤って変更してしまうとファイルが開けなくなる場合があります。
通常は↓の様な警告が表示されます。

A2

警告を無視して拡張子まで変更した場合、其の拡張子が未対応の拡張子であれば↓に様なファイル表示になります。

A3

右側のファイルが誤って拡張子まで変更してしまったファイルです。
「.jp」と言う拡張子は未対応の拡張子なので「不明なファイル」として表示されます。
当然、このファイルを開こうとすると以下の警告が出ます。

A4

対応した拡張子であればファイルを開くことが出来ます。

なぜ拡張子を表示させるのか

一般的なユーザーであれば拡張子を表示させる事はありません。
ダウンロードをしたり多種多様なファイルを取り扱うヘビーユーザー(私も含めて)であれば、拡張子を表示させると安全だからです。

仮に「拡張子を表示しない」設定で下図の「setup」ファイルを開くとします。

Kakutyousi_2

Wクリックして「setup」ファイルを開いても大丈夫だと思いますか?
「拡張子を表示する」設定にしてみましょう。

Kakutyousi_1

全てのファイルの拡張子が表示されました。
「setup」ファイルの拡張子を見てください。
「.exe」はexecutableの略で実行ファイルです。
ダブルクリックする事で其のファイル(プログラム)は起動(実行)されます。
まぁ安全なファイルならば良いのですが、悪意の有るファイルならば…

はい!其れまでぇ~ヨ

つまり、ウィルスに感染と言う事になります。
ウィルスに感染しない為にも、拡張子を理解し表示する設定を御奨めします。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

|

« 2台のPCでメールを受信する | トップページ | NIVIDIA GeForceオーバークロック~EN7600GSで挑戦~ »

XP高速化設定」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/8499141

この記事へのトラックバック一覧です: 拡張子を表示する:

« 2台のPCでメールを受信する | トップページ | NIVIDIA GeForceオーバークロック~EN7600GSで挑戦~ »