« デスクトップにドラえもんがガンダムが歩くって? | トップページ | IAANTmon.exe/IAAnotif.exe~不要なプロセスか?~ »

2008年1月11日 (金)

インテル® マトリクス・ストレージ・マネージャー

WindowsXPを起動したままStandard IDEモードからAHCIモード
ベンチマークでも其れなり?の結果です。
しかし、実際にNCQ(Native Command Queuing)機能の
御蔭なのか否かが知りたい所。

NCQが有効かを知るには
インテル® マトリクス・ストレージ・マネージャー
インストールすれば良いそうです。

では、実際に
インテル® マトリクス・ストレージ・マネージャーをインストール
起動させてみましょう。
左側フレーム内で接続されているHDDを選択すれば、
接続情報が右側のフレームに表示されます。
注目する点は現在のシリアルATA転送モード
ネイティブコマンドキューサポート

Msm_1
SATAⅡの場合

現在のシリアルATA転送モード
生成:2

理論値3.0Gbpsで転送可能

ネイティブコマンドキューサポート
はい

NCQ(Native Command Queuing)有効

Msm_2
SATAⅠの場合

現在のシリアルATA転送モード
生成:1


理論値1.5Gbpsで転送可能

ネイティブコマンドキューサポート
はい


NCQ(Native Command Queuing)有効?(*)

*NCQは本来SATAⅡで効力があります

インテル® マトリクス・ストレージ・マネージャーは必要か
特別インストールしなくても良さそうです。
あくまでも「AHCIモードの確認」の為に利用すると考えた方が宜しいかと。

AHCIモードにする方法
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/windowsxpahci_f8ae.html

にほんブログ村 PC家電ブログへ

|

« デスクトップにドラえもんがガンダムが歩くって? | トップページ | IAANTmon.exe/IAAnotif.exe~不要なプロセスか?~ »

XP高速化設定」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/9681499

この記事へのトラックバック一覧です: インテル® マトリクス・ストレージ・マネージャー:

« デスクトップにドラえもんがガンダムが歩くって? | トップページ | IAANTmon.exe/IAAnotif.exe~不要なプロセスか?~ »