« 当機では2.93GBと認識~XPでメモリ4GBが認識されない~ | トップページ | VGAクーラーの換装方法~案ずるより産むが易し~ »

2008年2月21日 (木)

公立高校願書締め切り/競争倍率は14年ぶりの低さ~推薦入学裏事情・其の二~

五年ぶりの入試制度改正が行われる
2008高校受験
其の初年度の願書が昨日締め切られた。
静岡県教育委員会によれば、
全日制1.09倍
平成6年度1.09倍以来の低い倍率となり、
定員割れも46校63科に上がったそうだ。

入試制度改正で前期・後期の試験が廃止。
一回だけの受験となった事から、
自己能力に合わせ、安全志向になった結果と判断されている。

入試制度改正の是非を、此処で問う訳では無い。
1回勝負の受験の中に、推薦入学組も含まれる事だ。

推薦入学については前回
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_3737.html
この様に書いたが、今回は其の続編。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

部活推薦枠とは
募集人員の内、学校裁量枠の一部に当たる。

進学を希望とする高校にある「部活動」を基準とした新人生徒枠。
各部活動の強弱に因って、部活動毎の人数が割り当てられるようです。
其の高校で「熱が入った」部では、割り当て人数が多く。
逆に弱小部では、割り当て人数は少ない。

推薦入学裏事情~其の二~
*以下は、「知人の体験談」を元に書きました。

知人の息子は学業成績よりサッカーが得意。
中学在学中は、其れなりに優秀な成績も残した。
高校進学は普通科の高校を希望した。
とは言え、得意のサッカーを売りにしても公立高校では厳しかったようですwww
*サッカー特待生を受け入れる普通科高校
結局、サッカーで有名な私立高校に志望校を変更した。

「私立単願なら大丈夫でしょう」と思うなかれ。
安全策を…と考えるのが親の心境。
まして、進学校としても力を入れ出し競争率が高い高校だ。
其処で知人は安全策として「部活推薦」を願い出た。

サッカーで有名(強豪)なだけに、
学校裁量枠に占めるサッカー部の推薦枠は多いようだ
「サッカー部の推薦枠が多い」と言って、安心は出来ない。
各中学校への割り当て人数があるからです。

各中学校への「部活推薦枠」は如何して決まるのか
・監督・顧問の裁量枠
・在籍中のサッカー部での勝敗成績
・「部活推薦枠」で進学した生徒の功績

以上が加味されて各中学校への「部活推薦枠」が決まるらしい。
つまり、サッカーの強かった中学には多い割り当てがあり、
弱かった中学には少ない割り当てって事です。

「知人の息子さんも、其れなりの成績を残した」そうだが
勝敗成績だけを見ても、上には上の学校がある。
其の上の学校には、やはり多い推薦枠が来たそうです。

後は「監督・顧問」との付き合いで多少の変動があるようだ。
まぁ其処で金品の授与云々は知らないけれどネ…(汗

最後に忘れちゃいけないのが、
「部活推薦枠」で進学した生徒の功績
何も推薦枠に拘らずとも、生徒の功績は影響がでる。
「部活推薦枠」で進学したにも関らず、
不振続きだったりとか、途中で退部・退学してしまったとか。
常識からしても生徒一人の問題では無い。
在校生、否、出身中学に後世影響を及ぼす事になります。

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

今更、何を書こうが願書締め切りでは後の祭りだが…
1回勝負の入試なら、推薦入学組は、粗?合格確定だろう。
去れど、一般入試組には頑張って貰いたい。
そして、是非とも合格を勝ち取って欲しい。

変な肩書きを持って入学するよりも、
己の実力で合格を勝ち取って頂きたい。
其れこそが「真の合格者」であると私は思う。

桜咲く必ず送信せよ
頑張れ受験生。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

|

« 当機では2.93GBと認識~XPでメモリ4GBが認識されない~ | トップページ | VGAクーラーの換装方法~案ずるより産むが易し~ »

子供の記録」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/9857531

この記事へのトラックバック一覧です: 公立高校願書締め切り/競争倍率は14年ぶりの低さ~推薦入学裏事情・其の二~:

« 当機では2.93GBと認識~XPでメモリ4GBが認識されない~ | トップページ | VGAクーラーの換装方法~案ずるより産むが易し~ »