« 警告 Userenv イベントID:1517~UPHClean(User Profile Hive Cleanup Service)をインストール~ | トップページ | 来週24日Q9000シリーズ発売~5号機自作構想~ »

2008年3月16日 (日)

Windows XP 回復コンソール

システムは起動するが、
キーボード・マウスが使用不可能になる。
PS/2のキーボード・マウス使用で、
多発する不具合のようです。
どうやらi8042prtの無効設定が原因(*)らしい。

*PS/2機器⇔USB機器の入れ替えや、各機器のドライバ適応等が原因。

i8042prtとは
キーボード・マウスを制御するドライバ。

i8042prtを有効/無効にする方法
i8042prtを有効/無効にするには、
回復コンソールを使用しなくては為らないそうです。

最近悩みの種であったi8042prtエラー
解決策に繋がればと、
回復コンソールを初試行してみた。

http://support.microsoft.com/kb/314058/ja

回復コンソール起動方法
XPセットアップCD-ROM編
1.Windows CD-ROMから起動する。
2.セットアップファイルの読み込み中は、じっと我慢する。
3.セットアップの開始 画面で、Rキー(修復)を押す。
Kaifuku_11

回復コンソール使用方法
1.ログインするWindowsを選択
*通常は表示された番号を入力
2.Administrator パスワード入力
*PWが無い場合はEnter
3.コマンドを入力
Kaifuku_21

今回はi8042prtの設定確認が目的。
因って、コマンドは listsvc と入力。

*listsvc はサービス・ドライバを一覧表示するコマンド

サービスとドライバ一覧が表示される。
Kaifuku_31

一覧からi8042prtを探し、設定を確認する。
無効設定の場合は、無効と表示される。

当機の場合は既に、
i8042prt有効設定だった。

i8042prtを有効にする方法
コマンド入力で、下記コマンドを入力する。
enable i8042prt service_system_start
Enterキー

修復できない場合
下記コマンドを入力して Enterキー

キーボードの場合:
enable kbdclass service_system_start
マウスの場合:
enable mouclass service_system_start

回復コンソール終了方法
EXIT と入力し
Enterキー で再起動する。

さて、
BIOSのバージョンダウンより続出した
i8042prtエラー
イベントID:17
イベントID:19
イベントID:20

解決策と判断した事は、色々試行錯誤して来た。
どの設定が根本的な解決策か、断定はできない。
気温の上昇と共に、エラーが消えたのは偶然の事か…

まぁエラー無しなら良しとしようかなぁ…(笑

にほんブログ村 PC家電ブログへ

|

« 警告 Userenv イベントID:1517~UPHClean(User Profile Hive Cleanup Service)をインストール~ | トップページ | 来週24日Q9000シリーズ発売~5号機自作構想~ »

アプリケーション」カテゴリの記事

不具合/エラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/11102724

この記事へのトラックバック一覧です: Windows XP 回復コンソール:

« 警告 Userenv イベントID:1517~UPHClean(User Profile Hive Cleanup Service)をインストール~ | トップページ | 来週24日Q9000シリーズ発売~5号機自作構想~ »