« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月14日 (水)

Q9450のDTSに当り外れがある(前編)

既に周知の件ですが、Q9450のCore温度が正常に表示されない”正確には、”表示されない場合がある”そうだ。所謂、Q9450 DTSの不具合が報告されています。

この件に関しては、承知の上で購入。最小構成の時、怖い物見たさ?で確認しちゃってました…(汗。結果から言えば、当方が所有するQ9450DTSは…外れだったようです。

Q9450Core温度
室温17度
定格アイドル時⇒Core0:40度/Core1:33度/Core2:33度/Core3:29度
Quad_onndo01

掲示版の書き込み温度よりは、未だ正確性がありそうですw?但し、書き込みと同じCore0とCore2の温度固定されたまま。Core1とCore3の温度微妙に変化するだけです。やはり、当方もQ9450 DTSの不具合でしょうか。

SpeedFan4.34のCharts表示で一目瞭然です。
Quad_onndo02

異常な?温度表示は不良品なのか
全Coreに高負荷を与えて確認すると良いそうです。固定表示のCore温度変化すれば問題は無いようだ。変化が無い場合は、不良品?と判断出来るかも…(汗。

Prime95を試す
全てのCoreに高負荷を与える為、Prime95を起動してみる。此れで温度変化が無い場合は、”大外れ石”って訳ですネ。

室温25度
Prime95/10時間パス⇒Core0:56度/Core1:57度/Core0:52度/Core0:53度*テスト項目によっては、全てのCoreが同一温度になります。
Quad_onndo03

固定表示だったCore0/Core2の温度が無事に上昇。ましてPrime9510時間パスNoエラーを考慮すれば、不良品?は免れたと判断しても良いのでは…(汗。

惜しくも温度変化が見られない場合、明確な証拠画像を添えれば、交換して貰える場合もあるそうだ。あくまでも…”あるそうだ”です。でも、正常に思えるCore1とCore3ですが、低温は何度まで表示するのか、気になります。チョッと検証してみますかぁぁぁ…



↓ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

Q9450稼動開始~TEMPESTの冷却性~

自作PC参号機TEMPEST冷却性能が気になります。目茶苦茶、時間を掛けて組み立てたのですから。大いに期待してまっせTEMPEST様さま…。


期待を超ぉ込めてパイルダーオン!否、電源ON。CPUクーラーCNPS9700NTが全開(2800rpm)で回転。BIOSでQ-Fan Controlの設定をしFANの回転数を調整。

CPU Q-Fan Control :Enabled
CPU Fan Profile :Optimal
Chassis Q-Fan Control :Enabled
Chassis Fan Raito :80%
Chassis Target Temperature :51℃

この時点でCPU Temperature :30℃…期待できそうですwww。Q-Fan ControlでCNPS9700NTの回転数が低くなったぞぉ。システム起動後、アイドル時の各センサー表示は以下の通り。

Q9450/TEMPESTでのシステム温度
室温19度
CPU:Intel Core 2 Q9450定格
CPUクーラー:ZALMAN CNPS9700NT
マザーボード:ASUS P5K-E
ケース:TEMPEST AB
SpeedFan4.34
CPU_Fan:1300rpm前後、排気Fan:930rpm前後、SpotCool:1900rpm前後(メモリ&North Bridge冷却用)。
System:25℃、HDD:26℃、Core0:40℃、Core1:35℃、Core2:33℃、Core3:30℃、Core:45℃(グラフィックボードの温度)。
KamaMeter
Memory:27℃、North Bridge:29℃*温度センサーをメモリとNorth Bridgeヒートシンクに点けてあります。
TEMPEST上部14cmFAN :1000~1200rpm、TEMPEST前部12cmFAN :990~1000rpm
Q_tempest

流石TEMPESTは冷えます。超ぉぉぉ良い感じじゃあ~りませんかぁ(*^▽^*)
其れなりの出費と其れなりに手を掛けた甲斐がありますw。(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?Core0~Core3の温度表示が変じゃないのか?キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ御指摘は、玄人の方と御見受けします。そうなんですよ…Core0~3の温度表示に問題があるのですw。



↓ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

威風堂々と自作PC完成!~TEMPESTで自作~

自作PC参号機が完成です。最小構成から早くも三週間が経ってしまいました。
不具合に悩みましたが、何とか無事に完成ですwww。


ケースは、内部を黒く塗装したTEMPEST。其れに合わせケーブル類も黒く塗装した拘りよう。名付けてQ9450 TEMPEST AB仕様…何て超ぉぉぉ自己満足w。


フロント下部に増設したLED。神秘的な青い光が妖しさを漂わせます。*LEDはケースに穴を開けて増設。
Quad_1

斜め前からだとこんな感じです。フロント両サイドのLEDが、上手く写真に写りません…(汗。*LEDは青・白色に換装
Quad_2

サイドFANのエバーフラッシュもバッチリです。
Quad_3

ネオンライトのパープル色がケース内を照らします。ケース内は全てAB(All Black)仕様。目茶良い感じだと…自己満足∞
Quad_4

自作PC5号機/TEMPEST AB仕様のスペック
CPU :Intel Core 2 Quad9450
MAB:SUS P5K-E
MEM :CORSAIR TWIN2X2048-6400/1GB×2
HDD1:WD3200AAKS Caviar SE16
HDD2:SEAGATE ST3500320AS-BOX
GRB :ASUS EN8600GT
POW :Seasonic SS-600HM
DVD:LG GH20NS10BL Bulk
CAS:TEMPEST *AB仕様に改造済み
Thermo:Scythe KamaMeter



↓ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年5月11日 (日)

システム電源LEDの不具合で、また改造した~TEMPESTで自作~

自作PCケースTEMPESTのフロントパネルには、左右両端に1個づつ、システム電源用のLEDがある。このLEDが点かない事に気付いた。


システム電源用のLEDとは、電源を入れると(一般的には)青色に光るLEDの事。TEMPESTの場合は、4ピンコネクタで接続する仕様。此れをケース内配線の都合上から3ピンコネクタに改造した。いざ電源を入れてみたがLEDが点灯しない。配線ミスかと思ったが、極性(±)に間違いは無い。如何やら玉切れのようだ 川・ε・川 チョームカツクー!! (コギャル風)


早速、TEMPESTのフロントパネルを取り外し分解してみる。取り付けは簡単な構造だった。LEDの交換だけで解決できそうです。不良LEDを台座から外そうとしたのだが... ( ̄□ ̄;)ギョッ 取り付け部分を破損させてしまった。
Led01

ショップで交換用のLEDを購入。価格は\500円程度。ainex LED-03MB(ケース用LEDケーブル3φ丸型ブルー)
http://www.ainex.jp/products/led-03mb.htm

*LEDには大きさがあるので、購入時には注意しよう。

破損させた台座は、廃材を使用して自作。無事にLEDの換装が出来ました。


別のLEDも購入した。LED-03MBより一回り大きい5φ型です。ainex LED-05MB(ケース用LEDケーブル5φ丸型ブルー)
http://www.ainex.jp/products/led-05mb.htm

5φのLED(LED-05MB)を何処に付けたかと言うと、フロントパネル下部に穴を開けちゃいました。LEDを留める台座は、下記材料で自作し接着剤で固定。
・発砲スチロール(パーツの箱に入っている物)
・ギボシ端子のスリーブ(オス用)
Led02

LED-03MB x2とLED-05MBは並列で結線。電源は、マザーボードのシステムパネルコネクタ(PLED)に接続。

新設したフロントパネルのLED。青い光が妖しい雰囲気を漂わせます。超ぉ超ぉ超ぉ超ぉ良い感じですwww
Led03

暗い所では、こんな感じに光ます。でも、左右のLEDは色が異なるのです。実は、同じ色のLEDが品切れだったのだ。左は白色LEDで、右が青色LEDに換装。
Led04

やっと自作PC TEMPESTが完成…だと思う。不具合の続出で完成が大幅に遅れてしまった。もう何事も起きませんように…願うばかりですwww

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

SATAのDVDドライブに不具合~TEMPESTで自作~

TEMPESTでの自作組み立ては、配線の仮留が完了。
此処で一旦、動作確認をしてみる。
本締めして、電源入れたら動かない…なんて御免ですからネ。

BIOSでの起動順位は、
1thBoot:FDD/2thBoot:DVD/3thBoot:HDDに設定。

SATA DVDドライブの不具合
モニター・キーボード・マウスを繋げて電源ON!

起動時間が最小構成の時より長い。
目茶苦茶嫌な予感が漂う…
デスクトップ表示直後にDVDドライブへのアクセスが始まる
原因が判らない。勿論、DVDドライブは空の状態。

DVDドライブアクセス止まらない
Windowsで他の作業は可能だが、何故か重たい。

・シャトダウンするにも時間が掛かる。
・再起動するが症状は変わらない。
・配線を点検するが、異常は無い。
・DVDドライブを外せば、Windowsは正常な状態に戻る。

DVDドライブLG GH20NS10BL Bulk
マザーボードP5K-E(BIOS1012)。

最小構成では問題が無くOSインストールまで出来た。
其の後の動作確認でも問題は無かったのです。

DVDドライブを一旦取り外し、
ケース内で同じポートに繋ぎ直したら不具合が発生した訳です。

此れまでの対処方法
早速、Google先生に聞いてみてた。
1:箇体の初期不良/箇体との相性問題
有り得ないでしょう?最小構成と同じ環境です。

2:SATAポートを変更して動作確認
不具合が発生したポート配列は、
SATA1:DVD/SATA3:HDD/SATA5:HDDの順番。
最小構成と同じポート配列です。
問題のDVDドライブのポートを、
SATA1⇔SATA3、SATA2/4/6変更しても症状は変わらない

3:他のPCに繋げて動作確認
3号機にDVDドライブを繋げてみる。
Windowsは問題無く起動し、DVDへのアクセスも可能。
全く異常は無い。
他のPCでは問題が無い

此れで、DVDドライブの故障は免れた。

デバイスマネージャでは異常なし
再度、P5K-Eに接続。
デバイスマネージャDVDドライブ認識されている。
画面上で問題や異常は見当たらない。
一旦、ドライバ削除再インストール

症状は変わらない。

SATAポートの不具合を疑う。
DVDドライブを外し、HDDを各ポートに繋げて試してみる。
Windowsは問題無く起動出来る。

SATA DVDドライブを繋げると不具合が発生するのだ。

(・_・o)ン? (o・_・)ン? (o・_・o)ン?

初心に帰るべし。

不具合が解消
Google先生の教えを思い出してみた。
1番と3番は検証済みだが、問題は2番目の教えです。
SATAポートを変更して動作確認

( ̄□ ̄;)ギョッ(((ρT-T)ρオヨヨ

5番ポートに変更していないじゃん。
SATA5にDVDドライブを繋げてみる。

駄目もとで電源ON。

キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

無事にシステム起動

原因は不明
何故この不具合が起きたのかは理解出来ませんネ。
明らかにDVDドライブとの相性としか言えません。
繋ぎ直しただけで相性が出るなんて…(泣
きっと5番ポートと赤い糸で結ばれていたのでしょう…(笑

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

AB仕様(All Black)に拘ってみる~TEMPESTで自作~

ファンコントローラー(KamaMeter)を購入した為に、処理するケーブルが増えた自作PC参号機。お陰で悪戦苦闘中であります。エアフローを妨げ無い様に配線には気を配る。
ケースの隅から隅へ、ベイの隅から隅に配線を施す。


( ̄_J ̄)ん?何気にふと思った。ケーブルのインパクトが強すぎるじゃん。(゜Д゜) ハア???ケーブル(電源等)の色って、一般的に赤黒黄白青です。このケーブルの色が、ケース内で浮いちゃっていると感じたのだ。


実はこの自作PCケースは、AB仕様改造済み。つまり、Nine Hundred ABならぬTEMPEST AB。ケースを黒く塗装改造済みなんですネ。
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/pc_6920.html


ABとは、つまりAll BlackマザーボードもP5K-Eで黒。CPUクーラーもCNPS9700NTで黒。
All Black故に、黒以外が目茶苦茶目立つのだぁ。此れが、如何にもこうにも気に入らない。気にしない様にする、すればするほど気にかかる…
( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄────☆ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)キラーン黒く塗れば良いじゃん!


取り付けたケーブル類を一旦取り外す。ラッカースプレーで真っ黒けっけに塗装しちゃいました。そんな訳で、TEMPESTの自作は超ぉぉぉロスタイムですw
Kumitate06

FDD用ラウンドケーブルも御覧の通り真っ黒くろ助ですwww。カラー色が見えるのは、電源BOXからのケーブル。カメラのフラッシュで写ってしまった模様。黒のメッシュ加工なので、実際には目立ちません。

Kumitate07

SATAケーブルもSATA用電源ケーブルも真っ黒くろ助
塗れる所は全て黒く塗装。


こんな感じで配線が完了です。
今回、IDEを使用しない為に超ぉぉぉスッキリ。
名付けて...(勝手に名前付けてるヨ)自作PC TEMPEST ABって自己満足ですwww

Kumitate09

≧(´▽`)≦アハハハハハハハハ...馬鹿な事をしたもんだと思うでしょうネ。笑止!
此れも自作の拘り、楽しみ方じゃあ~りませんか。( ̄□ ̄;)ギョッ玄人の方は、こんな真似はしないと思いますヨ。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ファンコンKAMA METERを購入~TEMPESTで自作~

TEMPESTには、5インチベイ用アタッチメントが付属します。
コの字型をしたアタッチメント。
ベイの横からパーツをロックする方式です。
処が、このアタッチメントの調子が非常ぉに悪い。
便利?かと思ったが、ロック部分が目茶ショボイのです。

留め方が悪かった?のか否か。
2~3回試行している内にロック部分が潰れてしまったじゃん。
結局、DVDドライブ・FDDはTEMPEST付属のネジで固定。
付属のアタッチメント何ぞは期待しないのが懸命かも…

此れで最小構成時のパーツは、全てケースに収まりました。

( ̄_J ̄)ん?

フロント部分のインパクトが足りないなぁ…

TEMPESTのベイは9個。
内、5インチオープンベイは3個。
FDDとDVDドライブだけでは、物足りなさを覚えた。
其処で、インパクト強化の為に買ちゃいました。

Scythe製って事で迷ったんです。
ZALMAN ZM-MFC2も候補だったのですが…

Scythe KamaMeter SCKM-1000
http://www.scythe.co.jp/accessories/sckm-1000.html

5インチベイ用のファンコントローラーです。
TEMPESTの14cmFAN(箇体上部)をコントロールする目的。

交換用パネルは、White,Black,Silverの3色付き。
勿論、TEMPESTに合わせBlackに換装。
バックライトは7色+レインボーから設定出来る。
サウンドボリューム機能があるが、今回は必要なし。
5号機のサウンドは、USBスピーカーを2号機から移設予定。
期待したいのは温度計。
4チャンネル温度計機能があり、表示は摂氏・華氏切り替え可。

早速、TEMPESTに取り付けてみた。

( ̄□ ̄;)ギョッ

右側が留められないじゃん。
Kumitate08

この手のパーツって箇体の長さは5cm程度。
DVDドライブやFDDより遥かに短い。
左側はネジで固定出来たが、右側のネジ穴が無い。
TEMPESTの場合、右側のネジ穴は後方のみ。
まぁ片側だけでも良いかなぁ…(泣

Kumitate05

こんな感じでKamaMeterの取り付け完了。
超ぉ超ぉ超ぉ超ぉ良い感じぃ~ですwww

( ̄□ ̄;)ギョッ

配線が訳判らんようになりました…(汗

ファンコン4チャンネル+温度計4チャンネルで計8チャンネル。
電源ケーブルと合わせ合計9本のケーブル。
この処理に憂鬱な気分。

暫し紫煙で一服です( ̄▽ ̄)=3 プハァー

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

君子蘭と藤のコラボ/今年の庭は熱いぞ!

我が家にある「猫の額ほどの庭」だが、チョッとした異変なのだ。
自作PCの組み立てを一休みして、のんびり癒しの時間です。

先ずは恒例の藤の棚です。殆ど満開の状態です。
Hana_1

今年は鉢植えのも咲きました。
根が付いたのか見事?に花をつけました。
Hana_2
Hana_3

君子蘭と言う花も咲きました。親戚から頂いた君子蘭です。
去年は、何故か咲かなかったのになぁ…
Hana_4

芝桜も頑張って咲いています。既に三年ものの芝桜です。
Hana_5

去年は、花が咲かない年でした。
処が、今年はかなり´´(;´ρ`A)アチィ・・・ぜぇ!

何故だろう…?気候の影響なのでしょうか。
若しくは、家人の気合なのかなぁ…(笑

自作PC5号機TEMPESTの組み立てもあと一息ですw

( ̄□ ̄;)ギョッ

今夜から仕事じゃん…(泣

気合だぁ!気合だぁぁ!気合だぁぁぁ!

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

FANのケーブルを加工~TEMPESTで自作~

自作PC5号機、組み立て進歩状況は目茶悪いです。
現状は、主電源(24ピン)と田形(8ピン)ケーブルを繋いだ迄。
のんびりと、連休を優雅に自作を楽しんでますw。
此処で、何とケースFANケーブル加工し始めた。

ケースTEMPEST付属のFAN光り物パーツなのは好感度。
だけど、ケーブルコネクタの形状が気に入らない。
3ピンに、4ピンx2が一緒にくっ付いているのだ。
其れも付属FAN五個全て。
この4ピンが非常に邪魔で勝手が悪い。

其処で、邪魔な4ピンを切り落としてしまった…(笑
Kumitate04

序でとばかり、側面に取り付け予定のFAN改造
FANのケーブルを、廃材?を利用して延長しちゃったのです。

側面FANの電源は、マザーボードに繋ぐ予定。
処が純正のケーブルだけでは届かない。
延長ケーブルを購入すれば良い事なのは承知…(汗
でも、何でもかんでも買うばっかりじゃ能が無い。

Kumitate03

改造直後で見栄えが悪いですネ…(滝汗
純正は40cm長の3ピン。
適度に切り、4ピンコネクタとケーブルを足し加えた。
此れで側面を開ける時、FANのケーブルが安易に外せます。

漏電(ショート)防止の為、切り口はしっかり絶縁が大事です。
ビニールテープを巻くだけでも良いのですが、
熱収縮チューブと言う便利なパーツがあります。
Kumitate02

この熱収縮チューブは、
ドライアー等で熱を加えると、50%程度収縮するんです。
上の画像はDIY店やカー用品店で販売されているもの。
価格は数百円~千円程度。
電子パーツ取扱店に行けば、数十円で購入できますヨ。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

電源ケーブルが足りない~TEMPESTで自作~

自作PCの組み立て(ケースへ組み入れ)を始めました。
最小構成で組んで、早10日が経ちます。
此の侭でも良いかなぁ~なんて思ったりしてますが…(笑
知人曰く、「TEMPESTが可哀相ですヨ」だって。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
貴方様の仰る通りですwww

TEMPESTへ組み入れ開始
最小構成で組んであるので、ケースへの取り付けは楽です。
電源をケースに取り付け、24ピン・8ピンコネクタを接続。

( ̄□ ̄;)ギョッ

Kumitate01

8ピンコネクタが、こんな感じでしか接続できないのだ。
TEMPESTの場合、電源はケース下部へ設置するのが災い。
24ピンコネクタは問題なく接続できます。

此れで良いじゃん…と思うだろう。

ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ ケシカラン!!

エアフローを考えれば、マザーボード上を横切る配線御法度
まして、アクリルサイドパネルだけに美観を損ねます。

まぁ、想定内の不具合です…(汗
其処でこんなパーツを購入しました。

EPS12V用延長ケーブル
ainex PX-004

http://www.ainex.jp/products/px-004.htm

ケーブル長30cmの8ピン延長ケーブル。
パーツショップで\500円程度で購入できます。

TEMPESTの場合、PX-004を使用し以下の配線となりました。
電源→M/B右下→M/B右上→CPUクーラーの上

この手(電源が下)のケースを選択する場合は、
8ピンコネクタケーブル長注意が必要ですネ。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

ICH9R/AHCIモードでTure Image 11は起動するのか

F6FDAHCIモードにした自作PC5号機。
再々インストールの末に、と言う失敗談付きが前回のレポート。
では早速True Image 11の起動検証開始ですwww

ICH9R/AHCITrue Image 11は起動するのか
今回の自作PC5号機は、IDE関連を使用していません。
因って、JMicronはBIOSでDisabled設定です。

True Image 11のCDで起動を試みる。
勿論、BIOSAHCIモード設定のまま。

True Image 11のメイン画面表示…(C=(^◇^ ; ホッ!

バックアップ=完全版を選択…((o(б_б;)o))ドキドキ

パーティション解析中画面…超ぉぉぉ…o(;-_-;)oドキドキ♪

バックアップパーティションの選択画面に変わる。

キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

バックアップ先を設定してバックアップ実行。

作業終了時間20分と表示され…( ̄□ ̄;)ギョッ!

暫くして急速、超ぉぉぉ高速Countdown

無事にバックアップ完了!

キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

ICH9R/AHCIで、
AHCIモードのままTrue Image 11完全版起動する
此処で、未実行だったライセンス認証とWindows Updataを実行。

再度、True Image 11のCDで起動しバックアップを試みる。

キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

ICH9R/AHCITrue Image 11の処理時間
起動HDDはC/D/Eの3パーティション(同一HDD)。
BackUp用にFドライブ(別HDD)。
Cドライブは20GB/使用領域は4.23GB(システムのみ)

1.Cドライブのバックアップを以下の方法で試行。
・Dドライブ(同一HDD間)に保存。
・Fドライブ(別HDD間)に保存。

両者共にバックアップ時間3分
バックアップデータは、通常圧縮で2.7GBに出来上がった。

2.上記バックアップデータを以下の方法で復元した場合。
・同一HDD内からの復元時間 3分
・別HDDからの復元時間 1分30秒

3号機(ICH8R)と同等のバックアップ・復元時間。
此れで、安心してカスタマイズが出来ますが…
未だに最小構成のままなんです…(汗

今日から3連休なので、
愈々TEMPEST様(ケース)に収めましょうかネ…(笑

参考までに5号機の詳細
*検証は最小構成のまま実行しました。
OS:WindowsXP Home SP2
CPU:Core 2 Quad9450
MB:P5K-E(BIOS1012)
MEM:CORSAIR TWIN2X2048-6400/1GB
GRB:ASUS EN8600GT
HDD:0/WD3200AAKS
HDD:1/SEAGATE ST3500320AS-BOX
DVD:LG GH20NS10BL Bulk

当方の検証結果であり
全ての環境下での動作保障ではありません。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

F6でAHCI導入~OSを再?再々インストールしてみた~

ICH9RIDEモードでTure Image 11の起動を確認。
AHCIモードでも起動確認をしたくなった…が前回のレポート。
早速、IDEモードからAHCIモードへの移行を試みた。

AHCIモードへの移行は、2号機で成功した
XPを起動したままAHCIにする方法です。

( ̄□ ̄;)ギョッ

今回は何故か玉砕だぁ、AHCIに出来ないぞぉ…(滝汗汗

AHCIドライバの選択誤りなのか?
ドライバが上手く書き換え出来ないのです…( ̄へ  ̄ 凸

其処でF6によるAHCIドライバインストールを決意。

単純にOSをインストールしただけの自作PC5号機。
ライセンス認証も未だ行っていない状態ですから。
再インストールに関しては問題は無い。

まして折角買ったFDDですからネ。
使えるものは親でも何とやらと言うでしょうに…あはぁは

F6用FDの作成方法
1.インテルR マトリクス・ストレージ・マネージャー用 32 ビット
フロッピー設定ユーティリティー
をDL
http://downloadcenter.intel.com/download.aspx?url=/13808/eng/f6flpy32.zip&DwnldId=13808&ProductID=2101&lang=jpn

2.f6flpy32.zipを解凍しf6flpy32.exeを実行
3.Insert Floppy to writeと表示されたらFDを挿入しOK
4.Drive A;Formatting Writing Verify画面が100%で終了

此れでFDAHCIドライバが書き込まれます。

OSインストール時F6でAHCIドライバを読み込む
1.XPのインストールCDでインストール開始
2.Windows Setup…の青い画面で注視。
画面下Press F6 if you need to install~のタイミングで
F6を押す、連打が良いのかもしれない?
☆連打し過ぎるとSetupがエラーで停止したぞぉ。
3.タイミングが上手く合えば、下記画面に変わる。
☆タイミングが中々難しい。何回トライした事か…
<none>
*To specify additional SCSI adapters,CD-ROM~
*If you do not have any device support disks~

4.ENTER(Continue)キーで次画面
Please insert the disk(中略)into Drive A:~
5.F6FDを挿入してENTER(Continue)キー
Q_ahci
6.ドライバリストから
Intel(R)ICH9 SATA AHCI Controller(Desktop)
7.ENTER(Select)キーで次画面
Intel(R)ICH9 SATA AHCI Controller(Desktop)
8.ENTER(Continue)キー
9.Windows Setupが再開される。

WindowsXPのインストール完了。
Q_ahde
デバイスマネージャで確認。
IDE ATA/ATAPIコントローラ直下に
Intel(R)ICH9 SATA AHCI ControllerがあればAHCIモード

無事にAHCIモードに出来たけれど...
処が初回はAHCI Controllerが見当たらず失敗
思うに、9番目の時点でFDを抜いたのが原因じゃないか?
だって、Windows様はFDを抜きなさいと言うから抜いたんだが…

再度、再再インストール。
今度は、最後の最後までFDを抜かずに実行。
無事にAHCI Controllerを確認できました。
この方法なら安心感があるネ…(汗。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

<追記>
ICH10Rでの(F6)AHCIインストール方法は
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2008/11/ahci.html

にほんブログ村 PC家電ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

ICH9RのIDEモードでTrue Image 11が起動

True Image LE Build5079
ICH9Rだと完全版の起動が出来ない。

*True Image LE Build5079は、True Image 10と同等です。

システムバックアップの必要性
此れで、自作PC5号機のバックアップ体制は、
暗礁に乗り上げてしまいした…(泣
此れでは、5号機の本格的稼動が出来ない。
否、カスタマイズが出来ないのだ。

今回の5号機も
レジストリ操作XPの高速化・安定化は行う。
不要なプロセスは停止し、
アイドル時のプロセス数20個が目標。

此処までカスタマイズする以上は不測の事態に備え
システムバックアップ最重要な課題です。

セーフ版では、バックアップ・復元共に可能だ。
取り合えずセーフ版で急場を凌ぐか…(泣

True Image 11を入手
何故か手元に
True Image 11があるのですwww

実はこのTrue Image 11、知人より借り受けたものなんです。
知人はP5K-E/Q6600で、私より一足早く組み上げた。
歴代のTrue Imageを愛用する玄人

そんな玄人の知人に降り掛かったのが、
ICH9RTrue Image 11相性問題。
結局、知人はTrue Imageの使用を断念。
Norton Ghostに乗り換えて回避したそうだ…

其処で余った?True Image 11を借りて来ちゃった…と言う訳。
尚、知人はアンインストール済みなのでライセンスは問題無し。

Ture Image 11はICH9Rで起動するのか
Google先生によれば、起動は出来るようだ。
True Image 10ICH9Rでの起動報告がある。
この手のソフトは相性問題があり、摩訶不思議の世界だネ。

恐る恐るTrue Image 11のCDで起動。
*製品版CDは、ブータブルディスクも兼ねます。

無事にTrue Image 起動する。

バックアップ=完全版を選択。
*此処まではTrue Image LE/Build5074と同じ。

問題は次の画面なんですが…

Σ(='□'=)ウッソー!?

Σ(=゜ω゜=;) マジ!?

キタ━━(゚∀゚)━━!!!!

ICH9RIDEモードTrue Image 11 起動出来た。
バックアップ・復元と共に完全版可能

AHCIモードへの願望
こうなるとAHCIモードでも検証したくなる。
現状は、単純にOSインストールをしただけ。
何の設定もせず、最小構成のままだ。
再インストールも苦にはならない。

(○゜▽゜○)/ ヨッ!!社ぁぁぁ

AHCIモードTrue Image 11 の起動検証だ!

参考までに5号機の詳細
OS:WindowsXP Home SP2
CPU:Core 2 Quad9450
MB:P5K-E(BIOS1012)
MEM:CORSAIR TWIN2X2048-6400/1GB
GRB:ASUS EN8600GT
HDD:WD3200AAKS
DVD:LG GH20NS10BL Bulk

当方の検証結果であり
全ての環境下での動作保障ではありません。

にほんブログ村 PC家電ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »