« Q9450のDTSに当り外れがある(前編) | トップページ | Q9450のDTSに当り外れがある(後編) »

2008年5月15日 (木)

Q9450のDTSに当り外れがある(中編)

DTS正常に表示されない”場合がある45nmプロセスCPU
当方のQ9450で見られるDTS不具合とは、
Core0とCore2のCore温度が一定以下には表示されない。

Core:0が40℃、Core:2は33℃以下でCore温度を示しません。
Core:1とCore:3は温度変化が見られます。
今回は、正常?だと言えるCore:1とCore:3を検証してみます。
検証方法は、前回と逆の方法です。

現在室温17度でCore1とCore3は30-33度付近。
では、室温を17度以下にした場合、何度を示すでしょうか。
現状より低い温度を示してこそDTS正常だと推測できます。

Q9450DTS検証方法
・室温17度の部屋でエアコン(冷房)を稼動。
・エアコンの設定温度は、最低値16度に設定。
・エアコンの風向きをPCに当たるようにする。
・PCの吸気口に扇風機を当てて冷気吸入の促進を図る。
・SpeedFanで温度変化をモニター。

Q9450DTS検証結果
CPU Q-Fan ControlEnabled
室温15度
Core1:33℃(室温17度)→30℃(室温15度)
Core3:33℃(室温17度)→26℃(室温15度)
*Core温度はSpeedFan表示/室温は温度計表示です。
Quad_onndo04

室温を低下させるとCore1とCore3の温度も下がりました。
此れで、Core1とCore3のDTS表示は正常と推測されます。

しかし、CPU Q-Fan ControlEnabled
CNPS9700NT回転数は、1300rpmに制御。
では、CPU Q-Fan ControlDisabledにして、
CNPS9700NT回転数Maxにしたら何度を示すのか?
見たい!知りたい!聞きたい!…(何処かで聞いたフレーズ

*4CoreのDTS表示が正常で無い限り、
推測・自己満足のデータとして参照して下さい。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

|

« Q9450のDTSに当り外れがある(前編) | トップページ | Q9450のDTSに当り外れがある(後編) »

自作PC参号機」カテゴリの記事

不具合/エラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/20925841

この記事へのトラックバック一覧です: Q9450のDTSに当り外れがある(中編):

« Q9450のDTSに当り外れがある(前編) | トップページ | Q9450のDTSに当り外れがある(後編) »