« 起動プロセスをグラフ化~bootVis(中編)~ | トップページ | 乗用車の乗車定員~子供は何人乗れるのか~ »

2008年8月 9日 (土)

Bootファイルのデフラグ~bootVis(後編)~

Microsoftが公開したXP高速化ツールbootVis
起動プロセスグラフ化は、前回でのレポート。
今回は、”起動プロセスのデフラグ”機能を試行してみました。

bootVisの使い方~起動プロセスのデフラグ~
起動プロセスとは、システムが起動する為に必要な処理。
でも、この処理は順序良く出来るとは限らない。
起動プロセスのデフラグで乱雑の処理を整列させるようです。
此れによりXP起動時間高速化出来るらしい。

bootVis起動する。
・”Trace”→”Optimize System”をクリック。
Boot04

System Reboot画面に変わります。
5...4...3...2...1...ダぁーーー!で再起動が始まる。
Boot05

注)環境に由っては時間が掛かります。
注)最悪システム起動不可の場合がある。

・再起動後→ログイン。
デスクトップ表示でbootVisが自動起動します。

何もせず、州´ー`州 マッタリと待って下さい。

Bootvis Optimizing...画面表示される。
Optimizing the System for Boot performance
Please wait while the boot files are laid out on the disk for   
faster system startup 

暫くして.....数十秒かなぁ.....ジッぃ~と(*бoб)ノ~''待ってまーす♪

Bootvis Optimizing...画面消える

起動プロセスのデフラグ完了

・再起動させて起動時間を計測する。

bootVisでXP高速化は出来るのか?
結果から申し上げれば、XP起動時間は変わりませんでした(*)。
環境に由っては、高速化出来る場合もあるようです。

*検証したシステム構成
2号機:P5LD2-VM (ICH7) / PentiumD820
3号機:P5B-Deluxe (ICH8R) / Core 2 Duo E6420
5号機:P5K-E (ICH9R) / Core 2 Quad9450

但し、当方の場合はTuneXPで”ブートファイルの再配置”済み。
言わば、TuneXPを二回起動させたのと同じ状況ですネ。
当システムでは、此れが最速のXP起動時間って事かなぁ。
*TuneXPにも起動プロセスのデフラグ機能があります。

                               bootVis前編・中編・後編 

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

|

« 起動プロセスをグラフ化~bootVis(中編)~ | トップページ | 乗用車の乗車定員~子供は何人乗れるのか~ »

XP高速化設定」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bootファイルのデフラグ~bootVis(後編)~:

« 起動プロセスをグラフ化~bootVis(中編)~ | トップページ | 乗用車の乗車定員~子供は何人乗れるのか~ »