« 夏の電気料金中間報告~一般家庭の電気代~ | トップページ | 起動プロセスをグラフ化~bootVis(中編)~ »

2008年8月 7日 (木)

XPの起動時間を高速化~bootVis(前編)~

XP高速化方法は多種多様にあります。
過去様々な高速化を実践しレポートしてきました。
今回は、”bootVis”と言うアプリケーションのレポートです。

bootVis”とは
Microsoftが公開したXPの高速化ツール
・ブートファイルの最適化(デフラグ)。
・起動プロセスのグラフ表示が出来るそうです。
でも、Hyper-ThreadingのPentium4環境でバグが発見された。
因って、現在はMicrosofサイトでの公開が中止されています。
http://support.microsoft.com/kb/821581/ja

同様なXP高速化機能を持つフリーソフトでは、
TuneXPがあります。
当方も長年愛用しているツールであります。

TuneXPbootVisの違い
共にブートファイルを操作し起動時間高速化を計るツールだが、
若干、高速化機能が異なります。

TuneXPの機能は
Tunexp
ブートファイルの再配置
・ブートファイルのデフラグが主な機能。
但し、起動プロセスのグラフ化機能は無い

bootVisTuneXPを選ぶかはユーザー次第の選択です。

bootVisのダウンロード
自己解凍式Zip”bootVis-tool.exe”
http://download.microsoft.com/download/whistler/BTV/1.0/WXP/EN-US/BootVis-Tool.exe

Installer機能付き”Bootvis.msi”
http://cowscorpion.com/system/MicrosoftBootvis.html

どちらも同じbootVisだが、Bootvis.msi(*)の方が新型らしいです。
*Bootvis.msi=ver.1.3.37.0
私は、自己解凍式ZipのbootVis-tool.exeダウンロード
早速、bootVisを試行してみますwww

オットォ!(・o・ノ)ノ

蛇足ながら補足します。
bootVisで、XP起動時間高速化保障はありません
システム起動不可能に陥る可能性も十分了承して下さい。

ましてTuneXPブートファイルの再配置を施した状態。
この環境でbootVis使用の保障は無いのだ。

ラジャ ((^ёェё^))ゞ-☆

リカバリ対策は万全ですからネ。
怖いもの無しで行きますか---ぁ!

でも、サブ機からですけど…(おい、おい、おい、汗

                 ~起動プロセスをグラフ化~へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

|

« 夏の電気料金中間報告~一般家庭の電気代~ | トップページ | 起動プロセスをグラフ化~bootVis(中編)~ »

XP高速化設定」カテゴリの記事

アプリケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XPの起動時間を高速化~bootVis(前編)~:

« 夏の電気料金中間報告~一般家庭の電気代~ | トップページ | 起動プロセスをグラフ化~bootVis(中編)~ »