« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

BIOSを破壊してバージョンダウン~CrashFree BIOS~

P5B-Deluxeで、BIOS:1232から1101への書き換えを決行。
でも...予想的中でBIOSのバージョンダウンができない

昨今、BIOSは厳しいCheckをしてくれる。
1バージョン前なら書き換え可だが、其れ以上だと微妙。
”バージョンが古い”ってエラーを吐く。

EZ Flash、AFUDOSで試行するがエラーで停止。
AFUDOS+OP”/n”でもバージョンダウンができない。
以前、P5LD2-VMで行った時と同じ症状です。

無理矢理BIOSのバージョンダウンじゃぁ!

ASUS系M/Bには、CrashFree BIOSって機能がある。
此れは、BIOSの自動復元ツール。
BIOSが破壊された時、自動で立ち上がってくれる。

この機能を逆手に取り”故意にBIOSを破壊
目的のバージョンへBIOSバージョンダウンが可能となる。
P5LD2-VMの時に続いて、今回で二度目の実行

CrashFree BIOS起動方法。
今回はEZ Flashでの書き換えです。
AFUDOSによる手順は、前回を参考にして下さい。
何れの場合も”破壊するタイミング”がポイント

準備するもの。
・書き換え可能な(認識される)BIOSファイル。
・書き換えたい(戻したい)BIOSファイル。
各ファイルをFDD(CD-ROM、USB)で作成しておく。
*ファイル名のリネームは要確認。

書き換え方法。
1.書き換え可能なBIOSファイルで更新。
注意するのは、EZ Flash画面下の表示項目。

Checking File...
Erasing BIOS...
Writing BIOS...インジケータが動き出したら電源OFF

”Writing BIOS”の表示は、僅か数秒。
電源ボタン長押しの電源OFFでは間に合わない。
コンセントをブチ抜いてBIOSを破壊

2.電源ONでCrashFree BIOSが起動。
書き換えたいBIOSファイルのFDDを挿入する。
*Windowsが起動した場合は、BIOSの破壊失敗です。

Boot Block Compatible Version Ver.xxx
Please do NOT insert any disc into CD-ROM or Floppy drive
if you want to recovery with an USB device.
Bad BIOS checksum.Starting BIOS Recovery...

Checking for floppy... FDDからBIOSを探します。

Floppy found.
Reading file "P5BD.ROM". Completed.

Start Erasing... FDDのBIOSを認識し書き換えが始まる。

3.CrashFree BIOSでの書き換え終了画面。
(クリックで拡大表示)
Crashfree_bios

4.再起動してBIOS画面を確認。
バージョンダウンしていればOKですwww。

尚、CrashFree BIOS実行は自己責任で御願いします。

下記バナー(ランキングサイト)のクリックで”猿知恵”活性化の為の応援を御願いします↓↓↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

蜜と餡が絶妙にコラボした和スイーツ~雅心苑の雅心だんご~

雅心苑の”雅心だんごと言う団子を頂きました。
静岡県東部では、滅茶有名な”和スイーツ”らしいですヨ。
Gasin01

(´ρ`)ヘー...只の団子でしょうがぁ?
まぁ...”百聞は一見に如かず”ですw。
此れが雅心苑(がしんえん)”雅心だんご”って言うスイーツ
Gasin02

┐(-。ー;)┌ヤレヤレ...普通の”みたらし団子”じゃん

ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!

一般的には、団子3兄弟が定番。
でも...雅心だんごは、団子2兄弟ですwww。
此処に秘密があるのです。

”猿知恵”風な”雅心だんご”のピーアールタイム。
元気ですかぁ!って登場するから猪木かと思えば、シャイニングウィザードを繰り出した。
じゃぁ武藤だったんだと思えば、最後は延髄切りで決めちゃった...って感じですwww。
(プロレスファン以外には通じないですネ)

私も正直言えば、普通の”蜜だんご(みたらし団子)”だと思って食べたんです。
Gasin03

Σ(='□'=)ウッソー!?マジ? (゜┏Д┓゜ ;)

蜜団子と思いきや団子は大福だった訳。
つまり、”こし餡大福”の”みたらし団子”なんです。

蜜と餡子じゃクドイ(濃厚)だろうと思いますよネ。
でも...蜜も餡子も程よい甘さ。
お互いが主張し合わない絶妙なコラボですwww (^ー^)ノ

雅心苑の本店はJR沼津駅南側。
その他、三島市、御殿場市内にも支店があるようです。
静岡県東部に御越しの際には、一度ご賞味あれ (*^^)

雅心苑
http://www.gashinen.com/

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

BIOSのアップデートが原因でOCできない!?

前回発生した再起動ができないと言う不具合は、BIOSのアップデートが原因であると粗確定です。P5B-Deluxe/BIOS:1101でのオーバークロック設定が、BIOS:1232では本当に通らないのか見直してみる。

P5B-Deluxe/Core 2 Duo E6420.
BIOS:1232でオーバークロック
再度CMOSクリアでOC再設定。PCI Express Frequency:100、PCI Clock Synchronization Mode:33.3MHz、此れ以外は、すべてAUTO。

FSB266(定格)から徐々に上げて行く。300*8迄は安定起動を確認。310*8では不安定となり、335*8ではPOST画面止まり。

次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM こんなエラーで停止する。

(* ̄ρ ̄)”ほほぅ…( ̄へ  ̄ 凸

300*8に戻せば、問題なく起動する。さっきのエラーは何だったんだ... ムカッ( ̄∩ ̄#

BIOS:1232でオーバークロック再試行
PCI Express Frequency:100、PCI Clock Synchronization Mode:33.3MHz、VCore:1.35V
此れ以外は、すべてAUTO。VCore1.35V(定格)でも結果は同じ。
P5B-Deluxe/BIOS1232では、FSB300(2.4GHz)止まり

BIOS:1101で常用できた375*8は、絶対(;`O´)oダメーーー!!
VCoreを昇圧するか、メモリ設定の見直しですかネ。定格で300*8止まりなら何処まで昇圧させる気か…(泣。

でも...今まで何で動いていたんだろう。摩訶不思議な現象。

そもそも、ver1101以降のBIOSは、すべてβ版。
素直にBIOSのバージョンダウンが賢明のようですwww。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

再起動ができない、再起動に失敗する。

再起動ができない再起動に失敗する。コールドスタートなら問題なく起動できる。メインPC(P5B Deluxe)での不具合だから超ぉショックwww。薄々、再起動の不具合は気付いていました。今回は、完全に再起動できない再起動しない)状態に陥ってしまった訳です。

P5B Deluxe、お前もか...(シェイクスピア風に)。最近、P5K-Eを半年の短命で逝かせたばかり。


症状
・再起動でシャトダウン後、XPが起動しない。
・BIOSも起動しない。
・電源は入ったままで、FAN等は回転している。
・リセットボタンを押しても起動できない。
回避策
・電源ボタンの長押しで電源を落とし再度電源をON。


イベントビューアにエラー記録も無いから摩訶不思議です。
・check diskを試すがエラー無し。
・システムファイルをリストアしても改善されない。


まさか...Σ(='□'=)!?...と思ってオーバークロックを解除。定格(266*8)なら...再起動できるじゃん ( ̄へ  ̄ 凸


如何やら...BIOSのアップデートが原因のようです。BIOSのアップデートは諸刃の剣...。其の事は、過去のアップデートで苦い思いを経験済み。不本意ではあったが、事情が事情故に致し方あるまい。


”猿知恵”が察するには、BIOS:1101でのOC(オーバークロック)設定が、BIOS:1232では通らない。VCore設定か、メモリ設定なのか、何れかの設定がアンマッチで再起動ができないのでしょう。一先ず定格で様子を見る事にします。



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

最後の運試し!年末ジャンボ宝くじ今日から発売w

年末ジャンボ宝くじが今日から発売です。
今年最後の大勝負ですwww。
な、なんとぉ...1等億円が70本2等1億円が140本

当れば、即日退職じゃぁ (o^∇^o)ノ
億万長者のわらしべ長者は最多210人が誕生予定だと。

さらに( ̄□ ̄;)ギョッぉぉぉ

ジャンボ宝くじ発売30周年を記念して...
ジャンボ30年感謝賞100万円が7.000本

欲は言いません、此れで良いですw。 (´,_ゝ`)プッ

みずほ銀行”年末ジャンボ宝くじ”
http://www.takarakuji.mizuhobank.co.jp/topics/index.html

((( ̄へ ̄井) フンッ買っても当らん

えらヤッチャ!えらヤチャ!ヨイ、ヨイ、ヨイ、ヨぉイ♪
”買っても当らぬ阿呆”に”買わない阿呆”。
同じ ア!(* ̄○ ̄)( ̄о ̄*)ホ!! なら買わなきゃ損そんwww。
えらヤッチャ!えらヤチャ!ヨイ、ヨイ、ヨイ、ヨぉイ♪

(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!!私ですか...。
Talarakuji
オータムジャンボの当選金を元金に、最後の勝負へ...

出ま━━━━━━ヽ(≧∇≦)ノ━━━━━━す!!!!!

当れば人生パラダイスwww。
またパソコン作っちゃおう...っと (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

発売は12月19日迄、お見逃しなく。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

Pentium4をPrime95でシバく~VL5505D改造記Vol.22~

メーカー製PCのCPU交換を行ったVL5505D
此れまでの検証では、パフォーマンス向上の結果が出ました。
では、CPU使用率を100%(高負荷)にした場合は如何か。
Prime95で両CPUをシバキ上げ比べてみます。

Celeron1.8GHz (Willamette)の場合。
Prime95でシバキ上げ6時間経過した時のS.S.。
エラーが出ないのは当たり前ですネ…(・∀・)ニヤニヤ
Prime_celeron

SpeedFanのChartsを拡大したのが下の画像。
CPU温度は64℃ですが、Max69℃まで発熱します。
M/B温度が41℃、HDD温度が37-38℃を記録。
Prime_celeron_2

問題は、CPUクーラーの高回転音。
CPU温度が69℃に達した時、爆音で回転し出します。
爆音で約10分間、CPU温度が60℃に下がるまで回転。
以後は、この繰り返し。

Pentium4 2.40BG (Northwood)の場合。
Prime95でシバキ上げ3.5時間経過した時のS.S.。
エラーは無いが危険を感じ途中棄権です…(汗。
Prime_pen4

Pentium4を棄権させた理由は下の画像。
CPU温度はMax66℃迄しか発熱しません。
Celeronの様にCPUクーラーが爆音で高回転に成る事が無い。
シバキ上げた3.5時間中、高回転は2回程度。
其れも僅か数分程度で終わってしまう。
Prime_pen4_2

問題なのは、M/B温度とHDD温度。
M/B温度が44℃、HDD温度が39-40℃を記録。
Celeronより半分の時間でこの温度…アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

低発熱(中途半端に)の御蔭で、CPUクーラーが高回転に成らないのが原因でしょう。
よって、廃熱が足りずにケース内部温度が上昇。
必然的にパーツ温度も上昇したと言う見解。

(´;ェ;`)ウゥ・・・本末転倒ですヨ。

でも...”猿知恵”は諦めません、勝つまでは!
じぇったい冷却化させてみせますから…( ̄ー ̄)ニヤリ☆ミ

            次回のメーカー製PC改造記へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

W64SHに機種変更~超ぉ簡単なレビュー~

予約してあったau W64SHに機種変更してきました。
色はMars Red(マーズレッド)
シンプルコースで、価格は56.520円
W43Hより二年半ぶりの機種変です。

W64SHレビュー
・3.5インチ画面。
デカくて綺麗ですwww。
画像は旧携帯(W43H)とW64SHとの比較。
W64sh_01

・microSDカードのスロット。
本体の裏蓋を外した所にある。
W64sh_02

・ボタン操作はやや難。
”慣れ”もあるだろうが、爪の先で押す感じが良いかも。
又、ボタンが下部に集中している為に重心を取るのが難。
油断すると落としそうになる...。
W64sh_03

・もっさり感は無い?
KCP+の機種は初めてですが、キビキビ動きます。
対PCと比較すれば、確かに”もっさり”ですけどネ…(笑。

・音量は小さめ。
スピーカーはディスプレイの”裏側上下”にある。
音量を最大にしても物足りなさが残るのは私だけかぁ…。

<追記>
画像右下部にある穴(10個)がスピーカー。
本体上下にあるスピーカーらしきものはダミーです。
W64sh_04

<追記>
着信音はフェードインで鳴る。
よって、曲の頭が切れます(小さい音量)。

・アドレス帳(グループ設定)。
グループ設定は20件です。
此れ以上のグループは無効となり強制的に”グループ0”へ登録されます。
旧携帯からデータを移行する時に注意が必要です。
私は此れで苦労しました…(笑。

<追記>
発信・着信履歴の保護は不可。
W32Hでは、発信・着信履歴の保護がありました。
W64SHでは、この機能がありません。
単純に履歴が並び、古いものから消えていくだけです。

・光タッチクルーザー。
指で左右上下に触れるだけです。
センターカーソルと同じ機能があり便利ですネ。
<追記>
一部の機能に於いては、光タッチが使えません。
W64sh_07

・自作着メロ。
mmfファイルなら再生可能です。
著作権保護ファイルは、旧携帯から移行できず…(泣。
PCから再度転送が必要です。

・SD-AUDIO。
再生不可能です…(泣。
ファイルすら認識されません(カード内にはあるんですが…)。
音楽の取り込みはLISMOを用いないと無理?っぽい。

SD-VIDEO
自作動画が再生可能ですwww (o^∇^o)ノ
(ファイルは携帯動画君でW43H用に変換した動画)
ピンボケ気味ですが、再生した時の画像です…(汗。
W64sh_05

・付属品、その他。
USBケーブル、イヤホン、卓上型充電台(本体のみ)。
W64sh_06

・バッテリーの持ち時間。
ライトユーザーですが一日がギリギリです。
通話よりWEB利用が多い方だと12時間は厳しい。

総合的に大満足のW64SHですwww。
その他、情報は価格.com等を参照して下さい。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

Pentium4 2.4BGのベンチマーク結果~VL5505D改造記Vol.21~

Pentium4へのCPU交換は、本末転倒だったのか否か。
今回は、Pentiu4 2.4BGベンチマーク検証です。

Celeron1.8Ghz(VL5505D純正)で行ったベンチマーク結果と、比べて見て頂けると幸いですw。

Pentium4 2.4BGベンチマーク結果
検証に用いたPC:NEC VL5505D(2003年製)
CPU:Intel®Pentium4 2.4BGHzCPU交換
Cip:Silicon Integrated Systems社製 SiS651/SiS962L
RAM:DDR SDRAM/DIMM PC2100(Max1GBに増設
VGA:SiS651に内蔵(64MB設定)
HDD:HITACHI  Deskstar 7K160 HDS721616PLAT80(交換

システム起動時間(括弧内はCeleronの時間)
電源ONからの各所要時間結果。
・NECのロゴ表示    05秒 (04)
・Windowsのロゴ表示  09秒 (11)
・ログイン画面      28秒 (28)
・デスクトップ表示    34秒 (35)
・作業開始と判断    41秒 (43)

若干、起動時間が早くなったようにも感じるが...。
実際に計測してみると誤差程度のようですネ…(汗。

*マウスの砂時計が消えた時を作業開始と判断しています。
*Kaspersky Internet Security 2009常駐。

HDBENCH(括弧内はCeleronのスコア)
Integer : 58880 (40835)
Float : 90962 (69186)
Read : 79591 (71138)
Write : 33051 (31938)
Read&Write : 73289 (70652)
Rectangle : 22928 (901)
Text : 19523 (719)
Ellipse : 10540 (570)
BitBit : 87 (3)
DirectDraw : 30 (5)
P4benti01

CrystalDiskMark2.1
Deskstar 7K160 HDS721616PLAT80 (交換)
Read71.44MB/s Write63.48MB/s。

*旧HDD:Maxtor DiamondMax 16 (ATA /133:5400rpm)
Read:45.65MB/s、Write:45.44MB/s。

CrystalMark 2004R3(括弧内はCeleronのスコア)
Mark : 30686 (24608)
P4benti02

superπ104万桁(括弧内はCeleronのスコア)
1分28秒 (2分30秒)
P4benti03

WEB検索だと60秒台が圧倒的です。
遅くても70秒台と言う情報ですネ(すべて自作PCでの結果)。
メーカー製PCの場合、何かがボルトネックになってるんしょうかねぇ…。

FINAL FANTASY XI for Windows
( Official Benchmark Program 3)
当機では、やっぱり動きません!
VGAドライバを更新してみても(;`O´)oダメーーー!!でした。
P4benti04
Pentium4なら...と言う浅はかな願いは絶たれたのか…(泣。
まぁ...望みは在るようなので何れまた…(笑。

各スコアはCeleron1.8Ghzよりも向上しています。
実際の操作でも”キビキビ感”を覚えます。
メーカー製PCのCPU交換が無駄に終わらず一安心ですw。

             次回のメーカー製PC改造記へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

Celeron vs Pentium4のシステム温度~VL5505D改造記Vol.20~

Pentium4にCPUを交換したVL5505D
現状では、何の不具合も発生せず快調に動いています。
やっぱ、Celeronより聞こえが良いじゃありませんかネ…(笑。

さて、確認したい事は色々あります。
メーカー製PCと言う制限された環境下。
CPUの交換でパフォーマンスが低下すれば本末転倒ですw。

先ずは、CPU温度をはじめとするシステム温度”。
エアフローが悪いメーカー製PCで、どの様な結果になったのか比較検証してみます。

メーカー製PCのシステム温度
NEC VALUESTAR VL5505Dでの検証結果。
M/B : Silicon Integrated Systems社製 SiS651/SiS962L.
BIOS : NEC P6.00/213A1400.
RAM : DDR SDRAM/DIMM PC2100(Max1GBに増設).
VGA : SiS651に内蔵(64MB設定).
HDD : HITACHI  Deskstar 7K160 HDS721616PLAT80 (換装).

・純正Celeron時のシステム温度
Celeron Willamette
name : Celeron1.8GHz
clock : 100*18
L2 cache : 128K
S-spec : SL68D
Stepping : EO
電圧 : 1.75V
TDP : 66.1W
最大ダイ温度 : 77℃

・室温22℃、起動からアイドルで3時間経過した状態。
Temp_celeron
CPU温度 : 40℃
M/B温度 : 32℃ 
HDD温度 : 35-36℃

・交換したPentium4時のシステム温度
Pentium4 Northwood
name : Pentium4 2.4BG
clock : 133*18
L2 cache : 512K
S-spec : SL6EU
Stepping : BO
電圧 : 1.50V
TDP : 57.8W
最大ダイ温度 : 70℃

・室温20℃、起動からアイドルで3時間経過した状態。
Temp_pen4
CPU温度 : 32℃
M/B温度 : 27℃ 
HDD温度 : 31-32℃

計測時の室温が異なりますけど…(汗。
Celeron1.8GHzよりPentium4 2.4BGの方が発熱は低いですネ。
此れで自己満足ageですwww。
高負荷状態では、如何なるのでしょうか?
気になりますネぇ...♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル 

             次回のメーカー製PC改造記へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

聖徳太子は実在しない?~男親の親馬鹿な心境~

聖徳太子は実在しなかった”何て日本史がひっくり変える。
昨夜(本日未明)仕事中(休憩中)に聞いたラジオでの話です。
NHKの番組なので、満更”嘘”でもあるまい…(笑。

今朝帰宅して番組を調べてみました。
番組名は、NHK-FM : ラジオ深夜便。

”歴史に親しむ”と題したコーナーで、
”こんなに変わった歴史の教科書”と言う内容。
歴史研究家・高校教論でもある河合敦氏との対談話でした。

以下は、私が聞いた内容です。
聞き間違いや解釈誤りもあるかも知れません。
その点は、ご留意を下さいませ…(汗。

聖徳太子は実在しないかも...。
・聖徳太子=厩戸皇子(うまやどのおうじ)が定説(私達年代はその様に習ってきた)。
しかし、厩戸皇子は実在したが、太子にまつまる諸説程の能力、政治力があったと言う記録が無いらしい。

聖徳太子の肖像画は別人かも...。
太子とされている画は、太子の時代から100年後に描かれたものらしい。しかも、太子が手にする”杓(しゃく)”は、太子の時代には存在しなかったそうなのだ。

◇初めての遣隋使は小野妹子ではない
私の年代では、”607年:小野妹子が遣隋使”の記憶。
小野妹子が遣隋使として初めて...と、その様に習って来た筈です。しかし、昨今では”600年:遣隋使派遣”が正しい日本史らしい。
この時、隋側の応対に倭国(わこく)=現日本が不満を感じたらしく日本書紀には記録がないそうです。
この事は近年、中国側の記録から発見された事実らしい。

残念ながらラジオは此処で時間(休憩)切れ。
興味が湧いた話なので”聖徳太子 実在”で検索してみる。
結果は、近年話題となっている事のようですネ。
実母曰く”聞いたことがある”だって…(滝汗w。

寝起き眼の息子にも聞いてみた
父親 : 聖徳太子ってしってるか?
息子 : 知ってるけど如何したの...。

息子に”聖徳太子って架空の人物でしょう”って言われたら如何しようかと思いましたヨ…(笑。
近年、聖徳太子に付いて学ぶ(教科書に書かれている)のは、小・中学校までだそうです。
高校の日本史(必修ではなく選択科目)に至っては、簡単な記述のみに留まるそうだ。

Syoutokutaisi

長くなったけど...(汗。
聖徳太子が実在しようがしなかろうが如何でもeのだ。
世界史の中で視る日本史に影響は無いだろうに?
其れより”明確にすべき日本史”があると思うのだが...。

”知らない方が幸せ”
私は、ヤモメ暮らし故に実感のある言葉だが、
此れを言ったら本末転倒でしょうネ…(笑。

NHK番組表
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2008-11-19&ch=07&eid=1180

聖徳太子~Wikipedia~
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

メーカー製PCのCPU交換方法~VL5505D改造記Vol.19~

Celeron1.8GHzからPentium4へCPU交換したVL5505D
メーカー製PCCPU交換も、自作PCの場合と同じ。
手順さえ解かれば簡単な作業。
昨今のメーカー製PCでは不詳なのが痛いですw。

メーカー製PCのCPU交換方法
NEC VALUESTAR(VL5505D)の場合です。

1.作業前に数分程度PCを起動させておきます。
*工程6以降の作業が楽になります。
2.PCに繋がっているケーブル類をすべて外す。
*モニター、キーボード類すべてを外します。
3.ルーフカバーを開け、破損防止の為にメモリを外します。
*静電気に注意してください。
4.FDDを取り外します。
*前面のネジを外す事で可能。
Cpu_01


5.右下にあるのがCPUクーラー。
Cpu_02

6.CPUクーラー部分の拡大写真。
*長期使用で積もり積もった埃。この機会に掃除を推奨。
Cpu_03


7.冷却FANを外した状態。
Cpu_04

8.ヒートシンクを外した状態。
Cpu_05

7.旧CPUを外し新CPUを取り付けます。
*取り付け方向に注意し裏側のピンを曲げないように。
Cpu_06


8.CPUにグリスを薄く塗ります。
Cpu_07

9.逆の工程で元に戻してCPUの交換完了

今回使用したグリスは、
ZALMAN ZM-STG1 スーパーサーマルグリス。
”もったいない”って思ったのですが…(笑。
もっと安価なグリスでも構わないですからネ。
Cpu_08

此れでメーカー製PCのCPU交換は成功。
気になるのは、ベンチマークやシステム温度です。
Pentium4へのCPU換装吉と出るのか凶と出たのか...。

             次回のメーカー製PC改造記へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月18日 (火)

au W64SHの発売日は20日

二年半振りに携帯を機種変更致しますw。
選んだ機種は、au W64SH
思い立ったが吉日と、早速予約して来ました。

|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

2008春モデルで機種変を考えたが...見送り。
夏モデルでも心が動くが...見送りました。
此れじゃ何時まで経っても機種変が出来ませんネ…(汗。

ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ときが買い時

現状の機種はW43H。
使用期間は27ヶ月目(使い過ぎですかネ?)
特別に何の不満も無いし不具合も無い。
SDオーディオプレイヤーが重宝なんですが…(笑。

昨今、auの機種はKCP+?とか言う規格だそうで。
まぁ此れが案外と不評(発展途上)らしいとの噂、噂ですヨ。
でも...いささか時代に取り残されそうですw。

今回、W64SHを選択した理由とは、
・スライド式が欲しかった。
・大画面(3.5インチ)に魅力を感じただけ、其れだけです。

携帯のヘビーユーザーではありません。
携帯電話=電話であれば良いと願う古ぅ-い人種ですw。
SoftBank、docomoへのMNPもありかと思う訳ですが、
10年以上auユーザーである恩恵は捨て切れません。

W64SH発売日は、11月20日(木)
発売延期の情報はないそうです(auショップ店員の談)。
尚、一部のショップでは20日の午後となるようですネ。

W64SH価格は、店頭価格56000円?だったかなぁ…(汗。
契約内容は其のままで、引渡し価格は取り敢えず0円。
キャンペーン割引、ポイント割引、etcで
本体価格は◇○△円になるそうだけど...(滝汗。

今じゃこの価格”◇○△円”を分割払いする方式だとか。
知らぬ間に”浦島太郎”だったオッサンです…(大笑。

W64SH情報
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/cdma1x_win/w64sh/
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0810/28/news017.html
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/42440.html

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

CPU交換で動くのかVALUESTAR~VL5505D改造記Vol.18~

メーカー製PCのCPU交換は成功か...失敗なのか...。
”清水の舞台”から飛び降りる気持ちで…。
アムロ行きまぁす!チャう...電源入れま━━すwww。

(*^o^*)ドキドキ(*゜O゜*)バクバク

NECのロゴ表示。 キタ-かぁ!?

BIOS画面。 eかもネ(*^▽^*)
Pen4_02

ロクイン画面表示。

デスクトップ表示。
システムのプロパティでPentium4 2.40GHzと認識です。

Σo(*'o'*)o ウオオォォォォ!!ですw

CPU-Zでも確認。
Pentium4 2.40BGHz B0 Northwood”
無事認識ですwww。
Pen4_03

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!

Pen4_04

”ちんけ”なグレードアップです。
どうも...すみません(故三平師匠風に…(汗。
でも一先ずは、メーカー製PCCPU交換は成功です。

NEC VALUESTAR VL5505D
2003.01月発売。
Silicon Integrated Systems社製 SiS651/SiS962Lチップセット

            次回のメーカー製PCの改造記へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

Pentium4の2.4BGHzを購入~VL5505D改造記Vol.17~

Pentium4 2.4GHz FSB533 Socket478を発見
近所のHARD-OFFで見付けました。
中古ですがCPUクーラー付 価格は5.150円(税込)。
即行買い!だったのですが...

( ̄ー ̄?).....??アレ??

NorthwoodとPrescottの判断が出来ません…(滝汗。
前回、の下調べからNorthwoodを選択しなければならない。
店員に聞けばいいのだが、”猿知恵”がバレる。
取り敢えず解かる範囲で情報を書き留めるw。
Pentium4 2.40GHz FSB533 SL6EU...”

携帯WEBでの検索では、”SL6EUNorthwood”らしい...。

Uー'`ー;U ムムッ…

自宅に戻ってPCから再検索。
SL6EUは、
Pentium4 2.40BGHz Northwood Stepping_B0と判明。

単にPentium4と言っても其の数...何と数十種類もあった。
参考にさせて頂いたサイトは、

CPUのTDP一覧(Pentium4版)
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/8521/pen4.htm#pen4

Intel/Pentium4に付くアルファベットの意味
http://support.intel.co.jp/jp/support/processors/pentium4/postfix.htm#B

浅はかだった”猿知恵”に (*_ _)人ゴメンナサイ

すぐさまショップに舞い戻りました。
店員曰く
”10日以内なら購入代金の70%で買い取りますw”だって。

其の言葉に思わず… 買いますwヽ(  ´  ∇  `  )ノ ♪

Pen4_01

余談ですが、今回の購入価格が妥当だったか否か。
下記UPLは、現在のPentium4販売価格です。
http://www.pasocomclub.co.jp/list/pen4.html
http://www.pc-doskoi.jp/list/pen4.html

              次回のメーカー製PC改造記へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月15日 (土)

CPUの交換を検討中~VL5505D改造記Vol.16~

Intel Pentium4を探しております。
Core i7が発売されるこの時期に”今更”なんですけど…(笑。

再セットアップから始まったメーカー製PCの改造
前回に続き”猿知恵”の考えた事は”CPUの交換”ですw。

メーカー製PCのCPU交換って出来るのか?

昨今、掲示板で同様なスレッドを見掛けます。
・(同年代の)メーカー製PCをグレードアップしたい。
・CPUを交換したい。

そして決まってこの様なレスが付く。
無駄な無益な投資です...。

其の通りなんですけどネ...(汗。
メーカー製PCのグレードアップは、メモリ増設が良い所。
若しくは、最新のHDDへ交換する迄。
古い機種になれば為るほど費用が掛かる。
しかも、投資に見合った爆速化は皆無なのが事実。

でも...絶対に無理では無いようですネ。
参考にさせて頂いたサイトはここ。
http://homepage1.nifty.com/TETSUYA/pc/index.htm

上記サイトを熟読。
CeleronからPentium4と言うCPU交換の成功例。
Pentium4ならば、Northwoodを選択すると良いようですネ。
当機でも可能か否かを確認してみる。

VALUESTAR VL5505Dのチップセットは、
Silicon Integrated Systems SiS651/SiS962L.

SiSのサイトを確認すると、
to support...PentiumR 4...with FSB 533/400MHz...とある。

w(゜o゜)w オオー! Pentium4に交換できるかもしれない...。

VL5505Dと同時期発売機種を確認。
Pentium4搭載機種は、以下のラインアップです。

VF9005D - Pentium4 2.40BGHz
VC5005D - Pentium4 2AGHz
VC3005D - Pentium4 1.80AGHz
VT9005D - Pentium4 2.80GHz
VT7005D - Pentium4 2.40BGHz
VT5005D - Pentium4 2AGHz...。
http://nxstation.web.fc2.com/manual/valuestar_2003.html

しかも、全機種でチップセットは同じSiS651/SiS962L.

ウキウキ♪o(^-^o)(o^-^)oワクワク♪

・唯一不明な点を言えばBIOS。
メーカー製PC故に情報が乏しいので一発勝負だネ。

              次回のメーカー製PC改造記へ つづく

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

M/Bの温度センサーがある場所は此処!

EP45-DS3RM/B温度センサーを絞り込んでみました。
あくまで個人的な判断ですけど…(汗。

ハードウェアの各センサーを統括する役目がSuperI/O。
当機EP45-DS3Rは、ITE IT8718F-Sチップを搭載。
此れが何処に在るかと言うと”PCIスロットの横”。
M/Bの温度センサーもこの付近に在りそうですネ。
Google検索でも同様の記述ばかりです。
でも、温度センサーは此れだ!って明確なレスは無い。
ならば、此れだ!って見付けたいのが人情。

早速、絞込み開始。
TS-05の温度センサーをPCIスロット横のITEチップと、メモリス
ロットの間に添付。
Spot CoolでPCI/メモリスロット側と交互にFANを当ててみる。

メモリスロット側では、M/Bの温度に変化無し。
しかし、PCIスロット側を冷却した途端、温度表示が低下。
SpeedFanのシステム温度も同調して低下する。
Q_temp11

此れで、M/Bの温度センサーがある場所はITEチップ付近って
事になります。
でも...今回の目的は”温度センサー”を探す事ですw。

前回を見習って温度センサーらしき物を物色。
”此れかなぁ?”と思った箇所をピンポイントで計測。
TS-05のセンサー部分は約1cm。
此れを耐熱シールで貼るのですが意外と難しい。

色々と計測した結果、下記二箇所に絞り込んでみた。
Q_temp12

上の画像でITEチップの上側にあるピンク○と赤○。
このドチラかがM/Bの温度センサーではないかと思う
TS-05の温度と、SpeedFanのシステム温度が±1℃以内の
差だったのが理由です。

現在このレポートを書きながらも温度をモニター中。
起動から5時間経過、室温23℃での温度表示は以下の通り。
・SpeedFan 34.0℃
・ピンク○部分 35.4~35.8℃。
・赤○部分 33.4~33.9℃。

こうなると赤○部分がM/Bの温度センサーらしい。
拡大したのが下の画像。
Q_temp13

あくまでも個人論です。
おもいっきり外しているかもしれませんけど ι(´Д`υ)アセアセ

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

EP45-DS3Rの温度センサーは何処だ~其の3~

飽きもしないでマザーボード温度センサーを探索中ですw。
前回GA-EP45-DQ6の情報を基に計測してみたが、
当機EP45-DS3R温度センサー箇所とは異なるようです。

前回も感じたが、
マザーボード温度センサーってどんな形状だろうか。
P5K-Eの温度センサーを基に再確認してみる。
Q_temp07

EP45-DS3R温度センサー同様な形状と仮定
前回計測した付近をチェックしてみる。
すると...其れらしき物が数箇所見付りました。

黄色◇が前回測定場所。
赤色◇○が今回の測定場所(下画像)。
特に赤色○部分は、SpeedFanの表示に近い温度を示す。
Q_temp08

念の為に検索して情報召集してみる。
一般的にマザーボード温度センサー設置場所は、
CPU付近、メモリ付近、NB・SB付近が多いようです。
特に近年は、冷却を怠りがちなメモリ付近を重視。
メモリスロット付近に温度センサーを設置してあるとか...。
P5K-Eもメモリスロットの上部でしたネ。

其処で、メモリスロット付近をチェック。
初回で測定した箇所以外で確認。
温度センサーらしき物を探してみる。

赤色○で囲った中に”其れらしき物”を発見。
先ずは其の一箇所にTS-05の温度センサーを添付。
Q_temp09

室温15℃、湿度44%、無風。
システム起動から60分後に各温度を計測。
SpeedFanは28-29℃を表示。
実測のTS-05温度センサーと比べると下図の通り。
Q_temp10

一見、メモリスロット部分の温度センサーが有力。
でも、SpeedFanの温度表示は1℃単位っぽいです。
図からすれば、29℃か28℃か迷っている感じ。
対して、TS-05の温度表示は0.1℃単位。
±1℃の誤差を考慮すると両者共に否定できませんネ。
もう少し状況を変えて計測してみましょう。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

EP45-DS3Rの温度センサーは何処だ~其の2~

マザーボードの温度センサーは、何処にあるのだろうか。
MBはGIGABYTE EP45-DS3R.
早速、TS-05の温度センサーを使って探ってみた。

でも、やたら計測しても時間の無駄。
前回、”此処かも”とレポートした箇所から測ってみた。

EP45-DS3RのPCIスロットの横。
丁度、上から4番目のスロット(Express x1)の横辺りです。
センサー部分を耐熱テープで固定
Q_temp05

電源を入れ先ずはBIOS画面で温度確認。

明らかに(TS-05)センサー表示の方が温度が高い。

其のままシステムを起動しSpeedFanを起動。
暫く放置(30分)しシステム温度を見比べてみた。
Q_temp06

室温20℃での計測。
SpeedFanでは、マザーボード温度32℃
TS-05で計測したマザーボード上の実測温度34.9℃
誤差を±1℃としても若干違うように思えますけど...(汗。

そもそも、前回レポートしたP5K-Eの温度センサーと、
EP45-DS3Rの”温度センサーらしき物”と形状が違う。

今回は、有力な情報を得たと思ったんです。
でも...当てが外れたようですネ (´・ω・`)ショボーン

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

Ainex TE-05(温度計)を購入してみました

MB用の温度計を探しにショップを訪れた。
何種類か在ったが、しっかり品定めをして買ってきましたヨ。
Ainex TS-05 と言う温度計

この手の定番と言えば、Scytheの”どこでも温度計”かなぁ。
http://www.scythe.co.jp/accessories/20040908-121849.html
でも此れ、過去に外れを引いた苦い経験があります。
初期不良で交換するも暫くしてまた壊れた。
余程、私とは相性が悪かったのだろうネ...(笑。
価格は\980円でした。

続いてもScytheの”iTemp”
5インチベイ用デュアル温度計です。
http://www.scythe.co.jp/accessories/itemp.html
云わば、”W(ダブル)どこでも温度計”ってとこでしょうか。
価格は超ぉ破格値の\980円だった…(在庫処分価格か?。

でも...結局、南極、放送局(古いコピーじゃん)
Ainex TS-05 を買ってしまいました。
\1280円と、チョッと高値でしたけど…(笑。

Ainex TS-05とは、
デジタルLCD温度モニタ&アナログメーターです。
http://www.ainex.jp/products/ts-05.htm

TS-05の大きさは(大人の)親指大。
アナログメーター(針)とデジタルメーター(数字)で温度表示。
Ts05_1

LED表示なので暗い場所でも見えます。
でも...派手じゃなくシンプルに見えるので高感度ですネ。
デジタルメーター(数字)は摂氏/華氏の切り替えが出来る。
操作は本体裏のボタンで行う。

難を言えば、コネクタが大4ピンオス・大4ピンメスのみ。
”どこでも温度計”のように2Wayの電源供給ができない事。
よって、12Vの電源(4P)が必要不可欠ですw。

下画像はTEMPESTのケース内。
TS-05を2個並べた状態で撮ってみました。
台座は何とAntec Spot Coolですぞぉ!
勿論、FANは停止中ですけどネ。
Ts05_2

TS-05を購入した事によりMBの温度計測は、
KamaMeterの温度センサと合わせ合計で5箇所となりました。

では、では、
再度、MBマザーボード)の温度を計測してみましょうwww。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

EP45-DS3Rの温度センサーは何処だ

前回、 EP45-DS3RMB温度検証では、
アイドル時30℃・Prime95実行時32℃(室温19℃)の結果。
此れはSpeedFanでの表示温度。
温度センサーをMBに直接付けた結果は此れより低い。
其の温度差は1~2℃。
又、温度センサーの位置によっても3℃程の差が出ます。

まぁ此処を読む限りEP45-DS3Rでは妥当な温度。
http://www.dosv.jp/gigabyte/0812/index.htm

MBの温度センサーが解かれば、直接測る事が出来る。

◇ASUS P5K-E 温度センサーの場所は此処。
今やジャンク扱いですが、保存状態は良好ですw。
引っ張り出してきて撮ってみました。
Mb_s01
*クリックで拡大します。

GIGABYTE P45MB GA-EP45-DQ6
MBの温度センサーは、此処だそうです。
http://bbs.kakaku.com/bbs/05405013440/SortID=7987848/#8435584

EP45-DS3RGIGABYTEP45MB
ならば同じ場所にあるじゃないのか?って思う。
実機から実写したのが下図です。
Mb_s02
*クリックで拡大します。

早速、
ファンコン(KamaMeter)から温度センサーを引き伸ばす。

(((ρT-T)ρオヨヨ

ケーブルが足りねぇじゃないか…(汗。

ファンコンを外してまでの検証は無謀だ。
ケーブルの本数を考えたら繋ぎ直しは...

もう(ノ≧ロ)ノ<嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌です

素直に温度センサーを物色に行ってきますwww。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

P45マザーボードの温度を測ってみた

載せ替えたマザーボードGA-EP45-DS3R
P45チップセットマザーボード温度が高いとの事です。
噂なのか真実なのか実機で検証ですw。

◇5号機のスペック
CPU : Intel Core 2 Quad9450 (定格で検証)
MAB : GIGABYTE GA-EP45-DS3R
MEM : CFD W2U800CQ1GLZJ (1GB x 2)
HDD1 : WD3200AAKS Caviar SE16
HDD2 : SEAGATE ST3500320AS-BOX
GRB : ASUS EN8600GT
POW : Seasonic SS-600HM
CAS : TEMPEST *FAN回転数は1200rpm

◇計測時の気象状況
室温19度、湿度54%、天候雨。
FANの回転数は、換装前と同じ。

◇アイドル時のMB温度
SpeedFan 4.34で計測です。
Core温度(0~3)はP5K-Eの時と変わりません。
Temp1(MB)は2~3℃高いような感じです。
Easy Tune6でも同じ温度表示。
起動直後で30℃、暫くして32℃で継続します。
Q_temp00

◇Prime95でシバキ
4Coreすべてに100%の高負荷を与え其のまま放置。
下画像は3時間経過した時の温度。
Temp1(MB)は30℃...って下がってるじゃん。
Core(VGA)も41℃で1~2℃の低下です... (lll゚Д゚)
Q_temp01

こんな低温か...と思いつつ、見付けたサイトが此処。

最新マザーを(本当に)一刀両断!Ultra Durable 3の内側に迫る!
http://business.ascii.jp/elem/000/000/184/184818/index-3.html

検証したMBは、同じGA-EP45-DS3Rじゃん!
俺もやってみよう━━━━━━っと ! ( ^ω^)おっおっおっ

◇温度センサーでMBの温度を実測
Scythe KamaMeterの温度センサーで実測してみる。
センサーはMBのメモリスロット両側に貼り付けた。
temp1が左側、tenp2が右側。
Q_temp02

・起動直後のMB温度
temp1/24.7℃、temp2/27.2℃、SpeedFan/30℃。

Prime95を30分間実行。

◇高負荷時のMB温度
temp1/27.6℃、temp2/30.9℃、SpeedFan/32℃。
やっぱり...MBの温度は上昇していない!

◇高負荷終了時のMB温度
Prime95終了から10分後の温度。
temp1/25.6℃、temp2/28.9℃、SpeedFan/31℃。

MBの温度をグラフ化
Q_temp04

頑張って参考サイトを見習ってみました…(汗。
しかし、急激な温度上昇は無い結果に。
TEMPESTのエアフローの恩恵なのかなぁ...。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

EasyTune6をインストール

GIGABYTE製MBで、PWM Control機能を持つCPUクーラーの
回転数制御
は、EasyTune6で行うようですネ。
物は試しとばかりにEasyTune6インストールしてみました。

勿論、EasyTune6での設定を有効にするには、
BIOSでCPU Smart FAN Controlを有効にしての話。
此れは、前回レポート済み。

EasyTune6のインストール
◇カスタムインストールができない。
強制的にCドライブへインストールされる。
個人的には、インストールドライブを任意選択したかったが、
”C:\Program Files\GIGABYT\ET6”へ強制です

ぶっちゃけ、此れはイカン(遺憾)です。 ムカムカ…((o(-゛-;)

EasyTune6ショートカットをクリックで起動する筈だが...。
通知領域にアイコンが表示されるだけですので注意。
其れも表示まで若干...結構かなぁ時間が掛かります。
Easytune_0

GUI.exe
EasyTune6のプロセス。
起動時のメモリ使用量は4.000KB位。
時間と共に10.000KB程度まで使用量が上昇します。
Easytune_1

常駐しないように設定できるようです。
プロセス数を気にする方には有り難い事ですwww。

通知領域のアイコンをクリックして、
・Always run on next reboot...で、非常駐。
・Auto load last save on next reboot...で、常駐のようです。

EasyTune6の表示方法は...
通知領域アイコンを右クリックし”Show”を選択。
デスクトップにEasyTune6が表示されます。

◇CPU・Memoryタブ
表示内容はCPU-Zと同じ。
Easytune_2

◇Tuner・Graphicsタブ
CPUのFSBと、VGAのCore/Memory周波数を変更できる。
所謂、オーバークロック設定画面ですネ。

◇HW Monitorタブ
システム温度・電圧・各種FANの回転数が表示されます。
SpeedFanで言う”Readings”タブと同じかなぁ。
各スライダを動かして上限設定が出来るようです。
Easytune_3

◇Smartタブ
CPU_FANの回転数をCPU温度に応じて設定できる。
○度までは何%の回転数で、
△度を超えたら100%の回転数って言う感じ。
Easytune_4

取り敢えずこの程度です...m(_ _;)m ゴメン!!
慣れれば使い勝手が良いかも知れません。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

GAのMBはCPUクーラー(PWM)の回転数を制御できない?

GIGABYTE製MBには、Q-Fan Controlが無いようですw。
PWM Control機能を持つCPUクーラー回転数を、
BIOSで設定できないみたいですネ。
つうか...Q-Fan ControlってASUSの機能じゃねえか…。

ASUS P5K-Eが使用6ヵ月目に突然死去(原因不明)。
其の代替MBがGA-EP45-DS3R
他のパーツは其のまま流用しMBの交換のみ。

ZALMAN CNPS9700 NT(CPUクーラー)の電源は、
MBの”CPU_FAN”に接続。
PWM Control機能をBIOSで設定できる筈だったが…(汗。

(((ρT-T)ρオヨヨ

GA-EP45-DS3Rでは、
BIOS→PC Health Status→CPU Smart FAN Control.
Enabled(有効)で”CPU温度に応じて変化する”のみ。

ASUS P5K-Eでは、
CPU Q-Fan ControlをEnabledに設定。
CPU Fan Profile/Q-Fan Control/Chassis Fan Ratio/
Chassis Target Temperature.
此れでCPU_FANの回転数とかを設定できたんですけど。

GIGABYTE製MBの場合、
PWM Control機能のON/OFFをBIOSで管理。
詳細設定(微調整)はEasyTune6で行うようであります。

(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

笑止!ムカッ( ̄∩ ̄#

GIGABYTE製MBのヘビーユーザーには笑われるでしょう…。
でも...ASUSからの転向者と言う事で御愛嬌の程。
どうもASUS癖が未だに抜けません…(滝汗。

BIOS設定は(使用に支障がない程度に)デフォルトのまま。
SpeedFanの表示では、CPUクーラー1280rpm。

まぁ...EasyTune6がドンなソフトか物は試しです。
インストールしてみますwww。

                      結果は次回にて…。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

True Image(build8183)がICH10Rで起動

MB交換でICH10Rになった自作PC5号機。
気になるのがAcronis True Image 11の動作確認。

True Imageが起動できない場合、バックアップ体制は崩壊しカスタマイズもするだけ”骨折り損”になってしまいます。

Acronis True Image 11 Homeの動作報告
先ずは、製品版CD-ROMで試行(HDDはAHCIモード)。
build8064
・ICH9R:起動できる(MB:P5K-E)。
ICH10R起動できない(MB:EP45-DS3R)。

続いて最新版(2008.11現)のブータブルメディアで試行。
build8183
ICH10R起動できる(MB:EP45-DS3R)。
デバイスの読み込み・バックアップ・復元共に問題は無し。

True Image 11(build8183):ICH10R(AHCI)で起動。
此れが其の起動画面です。
Ati8183

参考までにバックアップ時間を計測。
Cドライブ20GB、使用領域2.28GB ⇒ 通常圧縮で1分27秒。
バックアップファイル(.tib)の容量1.38GB。

・XPインストール直後1回目。
・ライセンス認証後に2回目。
・XP-SP3インストール後に3回目のバックアップ。

此れで鬼に金棒!怖いものなしですwww。
さぁ思いっ切り”XPの軽量化”を始めますか (^^)ニコ

True Image 11 build8183のダウンロード
http://www.runexy.co.jp/support/updater/acronis_trueimage_11/

バックアップロケーションの管理機能に問題があるようです。
現在(2008.11.04)公開が停止されているみたい…(要確認)。

此処からダウンロードが可能。
http://www.runexy.co.jp/files/acronis/ti11_8183/update.html

公開停止中であり使用は自己責任で御願いします。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

ICH10RでAHCIがインストールできない~ブルーバックで停止~

マザーボードの故障で交換を余儀なくされた自作PC5号機。
ASUS P5K-EからGIGABYTE EP45-DS3Rに載せ替えです。チップセットもIntel P35/ICH9RからP45+ICH10Rに変更。

メモリテスト(memtest+86)が終了してPM21:00。
愈々OSのクリーンインストール。チップセットを変更したのでは致し方ないネ。余興がてらICH9Rのまま起動を試みるが…撃沈ですw。起動する場合もあるようですが、其の後の保障は無いっス。

さて、再インストールもAHCIモードで行くぞぉ。
F6用(FDD)最新ドライバを入手して準備万端。XPのCD-ROMが読み込まれたらF6の連打!連打ぁ!AHCIドライバの読み込みは終わり、CD-ROMの読み込みが再開されて完了...?(゜_。)?(。_゜)? ( ̄□ ̄;)ギョッぉ━━!!!!



ブルーバックでインストール停止!
P45_a_01

数回試行するが結果は同じ。
同じ場所でインストールが停止する!AHCIドライバがインストールできないのです。


・Intel,GIGABYTEのサイトからDLしては試行。
・Matrix Strage ManagerをDLしドライバを抽出して試行。
でも...やっぱり、ブルーバックの無限ループだ

駄目ならIDEモードと、ラストチャンスを試みる。
AHCIドライバ選択画面で、睡魔からキーを誤操作してしまう...?ヾ(゜ー゜ヾ)^?。。。ン?なんじゃぁ

・AHCIドライバ選択画面。
◇4個のドライバが表示されるだけだが...。必然的にIntel(R)ICH8R/ICH9R/ICH10R/DO SATA RAID...ドライバを選択しちゃうのが心情。でも、コイツが地雷!だった。
P45_a_02

◇実は複数のドライバがあったのです。
上下(↑↓)キーで複数のキーが出現!!!
スライダーが無いから要注意の項目です。ICH10R選択するAHCIドライバは、Intel(R)ICH10R SATA AHCI Controller本命ですぞ!
P45_a_03

つまり...F6用FDDに問題は無く ドライバの選択ミス ...だったと言うオチ…(滝汗。

此れで ICH10RのAHCIモード化が成功 ですwww。
この時点でAM02:00過ぎ。
今までの五時間は、一体何だったのでしょうか…(泣。


時間よ!カムバッぁ━━━━━━ ク!!!!!



にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当Blogの応援を御願します。
.
.

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2008年11月 2日 (日)

P5K-EからEP45-DS3Rに載せ替え中

初めてGIGABYTE製マザーボードを購入しました。
EP45-DS3R 地元のショップで15.479円(税込)。
BIOSが起動しない自作PC5号機(P5K-E)の代替パーツ。

出来ればP35系のMBが欲しかったんです。
True Image 11の動作確認がありますから。
しかし、昨夜の偵察ではP45系一色だった訳。

背に腹は代えられないので、P45系で一晩検索し物色。
慣れたASUSを第一候補で P5Q,P5Q-E辺り。
次点でGIGABYTE EP45-DS3R,GA-EP45-UD3Rに絞込。

但し、
ASUS P45系はバックパネルのUSBに地雷ありとか...。
検索すれば、GIGABYTE製にも若干の発症事例ありだし。

どうもP45系は発展途上のようですネ。

ショップで散々迷った挙句、EP45-DS3Rを購入。
Q_01
若干余った予算でメモリも買っちゃいました。
CFD W2U800CQ1GLZJ 3.280円(税込)。
此れも初CFD製品の購入。

其れなら打って付けで...
GA-EP45-DS3R+CORSAIR(TWIN2X4096-6400C5DHX)。
このセット価格で二万円チョッと。
拘りのCORSAIRですからネ、欲しかったんですが…。
メモリに地雷あり!(店員談)

CORSAIRは良質だが、
バンドルされているメモリに地雷があるそうです。
しかも、メモリエラーが出た場合には、
セット商品の為にMB共々御取替えとなるんだって。

そんな訳で、MBとメモリを買って帰宅したのが昼前。
其れからMB取替えに半日を要してしまった。

Σ(='□'=)ウッソー!?Σ(=゜ω゜=;) マジ!?

二台の自作PCを部屋に広げCPU載せ替え。
バラした序に色々と弄ってたらこんな時間ですヨ。
徹底的に掃除までしちゃいましたんで…(笑。

無事!自作PC5号機に収まりました。
GIGABYTEの青いMBとTEMPEST ABと良い感じですw。
Q_02

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

自作5号機(P5K-E)のBIOSが起動しない~最小構成で動作確認~

突然と”BIOSが起動しない自作PC5号機(P5K-E)。
早朝、帰宅するや否や最小構成にして動作確認をしてみた。
Bios_1

予備電源(450W)を繋いで試行。あっさり動いた...なんて期待しながらスイッチオン。

(≧◇≦)乂ダメダメッ!

此れでBIOSが起動しない原因は、CPUかマザーボードに絞り込めた…(泣。
*他のパーツは正常と確認済み。

続いてCPUの動作確認
Q9450を載せられるのはメインマシン(P5B-Deluxe)だけ。しかも、BIOSをアップデートしての話。
出来れば避けたいのだが、背に腹は代えられません。

現状P5B-DeluxeのBIOSは1101。
ASUS EZ Flash2でBIOS:1232BIOSをアップデード。CPUをCore 2 Duo E6420からQuad9450に載せかえる。

コメント欄で”静電気が原因かも”って戴いた。
普段から気を付けてはいるが…(汗。此処は慎重に慎重を重ねての作業です。

此れでスイッチオン!

New CPU...○△◇...だって!この時点でCPUの故障は潔白かも?。

BIOSで確実にQuad9450は認識されていますw。
Bios_2

デフォの設定のままF10でセーブしWindows起動。
CPU-Z等の表示も問題は無し。

キタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!

よって、BIOSが起動しない原因はMBの故障と確定。
MBの交換だけで済みそうです (*^o^)ウレシーーー!!
気をよくして”P5B-Deluxe + Q9450”で書き込み中。

でも...頭の中はMBの選択で熱暴走しそうです。
True Image 11との兼ね合いもあるし…_ノフ○ グッタリ
仕事明けだし、一先ず此処は寝ますwww。

<追記2008.11.07>
コメントを戴いたので追記します。
ASUS Crash Free BIOS3の使用は?との事。Crash Free BIOSはBIOS内にある診断ツールです。
BIOS起動時、BIOSにエラーがあれば自動起動します。しかし、ユーザーが任意で起動する事は出来ません。
似た様な症例を参考までに...
http://bbs.kakaku.com/bbs/05402013234/SortID=8207726/#8207726

余談ですw。
過去、BIOSのダウングレードを行いました。
意図的にBIOSをCrashさせ書き換えると言う荒業です。この時、しっかりとCrash Free BIOS3は自動起動しました。
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/bios_a236.html

今回の場合、其れすら起動しないので...(泣。
MBの物理的故障となりますネ。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »