« Virtual PC 2007追加機能での不具合~XP_Home & Windows7 β~ | トップページ | eSATAにWindows7を入れてみた »

2009年1月17日 (土)

Windows7でKaspersky Internet Security 2009を試行してみる

Windows7Kaspersky Internet Security 2009(KIS2009)をインストールしてみた。VirtualPC内のWindows7とは言え、セキュリティソフト無しのネット接続は怖い。おまけにAction Centerの”セキュリティソフトを入れろ”ってメッセージが超ぉ (`×´)丿ウザイ!!

Action Centerでセキュリティソフト(Kaspersky/AVG/Norton)を提供してくれるらしい。ちなみにKasperskyの場合、”Kaspersky Anti-Virus”をダウンロードできる。無料か否か”猿知恵”の厨房並み英語力だと定かでは無い。

翻訳するのも面倒なので、Kaspersky Internet Security 2009をインストールしちゃった訳です。Kaspersky(KIS2009)は当方の愛用セキュリティソフト。但し、Windows7へは体験版インストールですヨ。今回、事前に”試用期限60日の体験版”を入手出来たのが幸い。8月までしか試用できないWindows7にアクティベーションコードを追加購入するまでも無いでしょう...(笑。

Windows7へのインストールは問題なし。更新処理、スキャンも出来る(当たり前だのクラッカー?か)。取り敢えず今のところ不具合は無いですネ。

W7_kis
*クリックで拡大表示できます。

...で、早速このレポートをVirtualPCで動くWindows7(Internet Explorer8)から書き込んでみたのです。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
↑↑↑クリックで”猿知恵”活性化の応援を御願いします。

|

« Virtual PC 2007追加機能での不具合~XP_Home & Windows7 β~ | トップページ | eSATAにWindows7を入れてみた »

アプリケーション」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7でKaspersky Internet Security 2009を試行してみる:

« Virtual PC 2007追加機能での不具合~XP_Home & Windows7 β~ | トップページ | eSATAにWindows7を入れてみた »