« CTU設定でIPアドレスを固定する方法 | トップページ | 10年振りにアトピー性皮膚炎再発症で悩む »

2009年5月17日 (日)

初号機(VL5505D)を家庭内ファイルサーバーにしてみた

初号機を家庭内ファイルサーバーにしてみました。
共有ファイルを初号機にバックアップ(コピー)して置けば、家中どのPCからでも初号機にアクセスするだけで済む。大型デスクトップPCを何台も起動させておく必要が無くなるのです。


さて、Severと言ってもサーバーではない... (゜Д゜) ハア??
サーバーの概念をチョッと捨て、必要な時に稼動するパートタイム的な家庭内ファイルサーバー。特別なOSを使わず、XPのファイル共有機能を利用しただけの簡易的なサーバーです。


簡易的なサーバーとは言え、低消費電力と安定性・静音性は必要不可欠。気になる初号機(VL-5505D)の仕様は以下の通り。


・消費電力
Pentium4 2.4BGへの交換で低消費電力になり、消費電力は60KWH(本体のみ)。
一度起動させてしまえばモニターは不要なので、1時間1.41円、24時間33.84円、週末二日間(48時間)稼動で67.68円です(単価23.5円)。
・安定性
HDDもIDEながら最新型に交換したが、仕様上シングルなのが難。
当機での重要ファイルのバックアップは不向きですネ(検討中)。
・静音性
12cmFAN(排気)を増設してあるが滅茶静かで、我が家で一番の静音性を誇るwww。
枯れたメーカー製PCながら冷却性(CPU・HDD温度)はデスクトップPCと同等
090517
*クリックで拡大表示できます。


禁断とも言えるメーカー製PCの改造を施した初号機ですが特別使い道が無く、大枚を投資した改造故に活用しなくてはもったいない話だった訳です。これで初号機の余生は決まりだネ (o^∇^o)ノ


擬似的?簡易的なXP Home Edition家庭内ファイルサーバー(の真似?)ですが、使い勝手は上々...滅茶苦茶EEE。我が家の使い方を例えれば、ビデオカメラで撮影した動画をデスクトップPCで編集加工し初号機にコピーしておけば、家中どのPCからでも動画再生が可能になる。音楽ファイルの再生も可能なので、各PC毎に同じファイルを保存しなくても済む。
*再生するPC毎に対応したコーデックが必要。


御家庭で不要になり眠ったPCが在れば、家庭内ファイルサーバーとして運用してみては如何ですか。


尚、当記事はXP Homeでのファイル共有をレポートしています。
その他の詳細は家庭内LANを参照下さい。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

|

« CTU設定でIPアドレスを固定する方法 | トップページ | 10年振りにアトピー性皮膚炎再発症で悩む »

家庭内LAN(ファイル共有)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/29649393

この記事へのトラックバック一覧です: 初号機(VL5505D)を家庭内ファイルサーバーにしてみた:

« CTU設定でIPアドレスを固定する方法 | トップページ | 10年振りにアトピー性皮膚炎再発症で悩む »