« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

Vcoreを下げて爆熱CPUの冷却化

自作PC47号(フォーティセブン)機(仮称)は、未だケース無しで放置中であります。
最小構成故にエアフローが無い。よって各パーツ温度は其れなりにε-(´o`;A アチィっすw。
慣れた温度とは言え精神衛生上あまりEものでもない。


室温は25度(エアコン空調)。CPU温度はSpeedFan読みで53.5-54.5℃(アイドル時)。
BIOS読みでも同温度なので以下割愛。
Intelの駄馬と言われたPentium Dなら妥当な温度でしょう。
でも...Core Voltage1.280Vってチョッと盛り過ぎ。Core 2 Duoなら軽く4GHz狙えますネ Σ(~D~ノ)ノ アヘッ!!
090630_1



VcoreをAUTOから手動にしてみる。電圧を下げてCPUの冷却化を試みる皮算用。
M/B(P5B-Deluxe:BIOS1238)の最低Vcoreは1.1000V
迷わずコレでp( ̄ー ̄\)☆ミLetsGo!
090630_2



Pentium D 820はVcore1.000Vであっさり起動。
過去P5LD2-VMで経験済み故に想定内の結果。室温は25度のままで、CPU温度は47.0-48.0℃(アイドル時)、Core voltage1.056V
オオーw(*゜o゜*)w (解ってた癖に白々しいアクション)Vcoreを下げただけで-6.5℃の冷却化っすwww。
090630_3


小型卓上扇風機で弱風を当てて見た。
ケース内のエアフローを仮定しての事だ。扇風機の送風でCPU温度は45℃前後。
これならケースに組み入れてもE感じで行けそうだネ...あくまでも予想ですけど。
090630_4

o(´^`)o ウー でも肝心のケースが決まらないんですよ、光り物に拘り過ぎて妥協が出来ませ---ん。


いきなりこのページを読まれた方へ
自作PC47号(フォーティセブン)機(仮称)は、余剰パーツで組んだWindows7専用PCです。あしからず御ゆるし下され度候。

OS :Windows7RC
CPU : PentiumD 820
Cool : Scythe Freezer 7
RAM : CFD W2U800CQ-1GLZ(1GB*2)
M/B : ASUS P5B-Deluxe (BIOS1238)
HDD : WD6400AAKS
DVD : LG GH22NS30BK
VGA : ASUS EN7600GS Silent/HTD 256MB
Power Supply : EVER GREEN LW6400H-4 SILENT KING-4




ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

スポーツは道具じゃない!?~男親の親馬鹿な心境~

今春から中学生になった我が家の長男坊。
中学と言えば、何かしらの部活動に入るのが全国的なセオリーかと。
今迄、何のスポーツにも興味を示さなかった息子故に心配…o(;-_-;)oドキドキ♪
否、其れよりも部費やら用具代を心配する馬鹿親な私です。


最初は剣道部とか言ってたんでΣ(=゜ω゜=;) マジ!?慌てた。
調べたら防具とかの費用で初回に数ぅ万円は掛かる。パソコン1台自作出来るじゃん...って、馬鹿親な私。


結局、息子が入部したのは陸上部
逃げ足の速い息子らしい選択だ。
りくじょうぶ?って、走ったり跳んだりする奴だな...費用掛からんじゃん。そう勝手に判断し、一人喜ぶ馬鹿親な私(喜ぶ所が違うでしょ!)。


陸上部だから費用が掛からんなんて甘かったのだ。
先ず部費が年間\12.000円、試合(大会)用のスパイクシューズが\9.000円、ユニホームが上下で\6.000円。合計\15.000円を先月一括で集金させられた訳...(ノ◇≦。) ビェーン!!
しかも、オールasics製のブランド品。トップバリューやしまむら(地元の洋品雑貨店)ブランドのバリュー価格品、adedas(アデダス)・pumo(プーモ)の紛い物愛用者には破格の金額っす。
090629_1


さて、昨日の日曜日。
練習用の服(練習着)とアップシューズが欲しい...と息子が言う。
私は尽かさず”体操着と運動靴じゃ駄目か?”って言い返した(目を覚まさんかい馬鹿親)。
息子曰く”皆(他の1年生部員)練習用でやってるし、僕だけなんだorz”だって。
此れには些か哀れみを感じてしまった私です (π0π) ウルルルル


早速、市内大型スポーツ用品店シラトリへ...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪
親馬鹿に目覚めた...とは言え、ブランド名の価値観が解らない。故に品定めは息子にお任せだ。
息子が選んだのは、NIKEのエナメルバッグ、シューズ入れ、半袖Tシャツ。ムシャ?のアップシューズ。adidasのハーフパンツ...以上5点で\20.000円超えで御座います。
090629_2


良いの買ったんだから結果を出せヨ...って言っておきながら、スポーツは道具じゃないんだヨ...って水を差す。
まぁ他の部活の方には恐縮だが、安く収まったんで~(^◇^)/ ウホホホ
そうフト思った私は結局、馬鹿親だぁ!



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

Windows7で自由に拡張パーティション(論理)を作成する

Windows 7(Vista)でCドライブ以降にパーティションを作成しようとした。
ところが、新しいシンプルボリューム(基本=プライマリー)しか作成出来ない。
これはVista以降の仕様で、3番目迄は自動的にプライマリーとなり、4番目から拡張パーティションの選択ができるようだ。
私は...


2番目から拡張パーティション(論理パーティション)を作成したい 


のです。
如何やらdiskpartコマンドで願いが叶うと言う。
早速試行してみました。以下は其の時の備忘録。


Windows7拡張パーティションを作成
コマンドプロンプトでdiskpartコマンドを使う。
今回、Cドライブ以降の未割り当て領域に拡張パーティションを作成 ⇒ D/E/Fの論理ドライブを作成します。


先ず、Windows7(Vista)のディスクの管理からだと新しいシンプルボリューム(プライマリー)しか作成出来ない。
090628_1

コマンドプロンプトを起動
・C:\Users\(PCの名前)> diskpart ⇒Enter *diskpartが別窓で起動します(警告画面あり)。

・diskpart> list disk ⇒Enter *アクティブドライブの一覧が表示される。

・diskpart> select disk=△ ⇒Enter *△:パーティションを作成したいdisk番号を入力。

・diskpart> list partition ⇒Enter *選択したディスクのパーティション構成が表示される。

・diskpart> create partition extended size=△ ⇒Enter *△:拡張パーティションのサイズ(MB)を入力。


Cドライブ以降の未割り当て領域に拡張パーティションが作成できた。
090628_2

・diskpart> create partition logical size=△ ⇒Enter *△:論理パーティションのサイズ (MB)を入力。


拡張パーティションに論理ドライブが作成できた。
090628_3

以下はlogical sizeを繰り返し入力していくだけ。
090628_4

・diskpart> exit ⇒Enter *コマンドプロンプト終了⇒各ドライブをディスクの管理からフォーマットすれば完了。


ヤッタァー!\(`∇\)(/`∇)/ヤッタァー! 


Windows7

2番目のパーティションから

論理ドライブ(拡張)が

作成できました。



尚、コマンドプロンプトへの入力はコピペが出来ない(記事末で修正)。
タイプミスが無い様に注意が必要です(経験者は語るのですwww)。
090628_5




ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへにほんブログ村
.
.
.

.
コマンドプロンプトで簡易編集モードを有効にすればコピー&ペーストができます。
詳細は >>http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/post-75a0.html<<

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

余剰パーツで組んだ新自作PCでWindows7RC起動!

余剰パーツを掻き集めた自作PCWindows7RCインストールが完了です。
新PCの名前は未だない。数えで6台目、自作で4台目... (~ヘ~;)ウーン ...4台目の4と、7RCの7を採って自作セブンティフォー(74)機フォティセブン(47)なんて... ア!(* ̄○ ̄)( ̄о ̄*)ホ!!か。


新自作PCの構成
OS : Windows7 RC
CPU : PentiumD 820
Cool : Scythe Freezer 7
RAM : CFD W2U800CQ-1GLZ(1GB*2)
M/B : ASUS P5B-Deluxe (BIOS1238)
HDD : WD6400AAKS
DVD : LG GH22NS30BK
VGA : ASUS EN7600GS Silent/HTD 256MB
Power Supply : EVER GREEN LW6400H-4 SILENT KING-4


さっきまで畳の上にあった新PCですが、無理やり机の上に載せました。
090626_0


既出のネタだが、インストール時間は30分弱。
そして、すべてのドライバーが自動的に入るのは便利。ドライバを別途用意する必要が無い。Vista知らずのXPユーザーでも簡単に導入が出来る。
090626_1


気掛かりだったGeForce7600GSでのAeroですが、余裕で大丈夫です(画像でGlass Aeroが有効なのが解る)。
メモリ使用量は、起動直後のアイドル状態で約600MB。
(w_-; ウゥ・・やっぱり最低でも1GBは必要ですヨ。
090626_2



Windowsエクスペリエンスは、4.5/5.5/4.6/4.7/5.9の結果。
参号機(Quad)のeSATAのスコアと比べても妥当な結果でしょうw。
モニタリングソフトの定番GPU-Z(ver0.3.4)・CPU-Z(ver1.51)・SpeedFan(ver4.38)、何れも各バージョンでWindows7に対応しています。
090626_3
*クリックで拡大表示できます。


Aeroの極めつけWindowsフリップ 3Dを初めて体感した。
動画を再生しながら3D化が出来るじゃん。
フリップ 3Dを体感せずにAeroは語れませんネ...つうか、やり方を知らなかったのだ ~(=^‥^A アセアセ・・・
090626_4

*クリックで拡大表示できます。


さて、フト感じたのですが...PentiumDって、こんなにキビキビしてましたっけ?
滅茶苦茶Windows7が快適に動くんですよネ。
メモリ・M/B・HDDが変わっただけで、こんなに体感速度があがるもんだとは...マダマダ捨てたもんじゃないネ。

余剰パーツの逆襲だ---ぁ!


ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

PentiumD820復活!でも...CPU温度105℃って何!?

余剰パーツ自作出来るじゃん!って思い立ったが吉日。
不足パーツのHDDとDVDドライブ、そしてキーボード(ミニタイプ)を買い求めて来た。(゜∇゜ ;)エッ!? ケースですか?...悩んでますw。
シンプルなPCって、今更ながら作れないかも...(結局ソコかい!って突っ込みは御勘弁)。
...では、余剰パーツで組み立て開始。セオリー通り最小構成で組み立てます。


先ず石器時代から呼び戻したPentium D 820
090624_1


M/BはP5B-Deluxe(BIOS1238)を蘇生し、VGAはEN7600GS Silent/HTD 256MB降臨
090624_2
*クリックで拡大表示できます。


CPUクーラーは拘りの銅製ThermalTake MiniTyphoon先発
( ̄□ ̄;)ギョッ プッシュピンの爪が折れてしまったのだ。
急遽普通の工具ネジで代用する暴挙に出た(危険ですから真似をしないで下さいネ)。
090624_3


我ながら秘策だと電源ON!BIOS読みのCPU温度を見るとCPU:105℃って...な、ナンナンダ (ーー;) 慌てて電源OFFっす。
原因はネジ留のアンバランス。一般のネジでは密着度が悪かったようです。


二番手はQ9450のリテールクーラー
ところが、又もやCPU温度100℃超でタオルを投げた。
良く見りゃプッシュピンが1本捻じ切れている (^^;)  最近の奴はプラスチック化されてて軟いんだよネ...って言い訳か?。
090624_4


悪い事は続くものだ。除光液が底を付いてしまった。
此れでは不要なグリスを拭取る事が出来ない。
押入れを物色し執念でベンジンを見つけ出して来た(よく在ったもんだ)。これで作業再開!


最後の切り札がScythe Freezer 7(‐_‐)σアナタ しか居ませんから...。
090624_5
*クリックで拡大表示できます。


BIOS読みでCPU温度:63.5℃(室温25度:エアコン空調)。
エアフローが無いケースの外なら妥当の温度です。
Σ(='□'=)ウッソー!? 経験上から言えば、SpeedFan等で50℃~55℃の表示だと思いますから驚きません。
090624_6

ε=( ̄。 ̄;A フゥ…普段なら直ぐ終わる最小構成に数時間も費やしてしまった。
何回やってもプッシュピンタイプとは相性が悪い。
折角ショップに行ったんだからBS-775を買ってくれば良かったのだ...まぁ後の祭りだが。


何はともあれ準備万端!っす。
では...1・2・3回目のWindows7RCインストール開始だ---ぁ!



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

外付けHDDのWindows7RCと既存XPの使い分け(擬似的デュアルブート?)

現在Windows7RC版は参号機(Quadマシン)のVirtual PCと、eSATA接続の外付けHDDインストールしてあります。
Virtual PCのWindows7を起動するには通常通りXPを起動すればE。
eSATAのWindows7を起動するにはBIOSでOSの起動順位を設定しなくてはなりません。
...とは言っても最初の設定だけで、次回からはeSATA_HDDの電源操作だけで済む。
この状態はデュアルブートとは言わないそうで、擬似的?デュアルブート...とでも言うのか?な。


BIOS設定
Advanced BIOS Features ⇒ Hard Disk Boot Priority
表示されるHDD一覧からOS起動順位をeSATAのHDDに設定するだけです。
当機で例えればWDC WD1600JD(eSATA=Windows7)を1th_Bootに、WDC WD6400AAKS(内蔵HDD=XP)を2th_Bootに設定するだけ。
eSATA_HDDの電源ONでWindows7RCが起動し、eSATA_HDDの電源OFFで通常(内蔵HDD)のXPが起動します。この使用?起動方法で問題は無し。
090623_0


外付けHDD(eSATA)から起動したWindows7RCのデスクトップ。
Aeroは余裕で動きます。
エクスペリエンスはEのか悪いのか、Vista知らずの私には解りませんけど...(苦笑。GeForce9800GT(OC)でも6.0ですか...(^_^メ) まぁHDDの5.4は3年前のHDDじゃ致し方ないか...(*^-^)ニコ
マイコンピュータを見てもXP用のHDD(赤い枠内)は問題なく認識されています。
090623_1
*クリックで拡大表示(別窓)出来ます。


家庭内LANでの共有も問題ありません。
共有を有効にするだけで、特に設定は不要でした。
IP Address,MacAddressも参号機のままだし...当たり前か (笑。
090623_3
*クリックで拡大表示(別窓)出来ます。


...で、β版は内蔵HDDを外してインストールしたけど、今回のRC版は其の侭の状態でインストール。無謀?イレギュラーだったか...でも、問題ないからEのかなぁ。


まぁ強いて言えば、参号機でRC起動中はXPが起動出来ないって事(当り前田のクラッカー)。
此れがチョッとした事で不便なんですよネ。



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

余剰パーツで自作PCが1台出来る

自作を繰り返していると溜まるのが余剰パーツ
私の場合、売却すら出来ないでいる。
もったいないのと、不測の事態に代替パーツになるのが理由です。
おまけにパーツの空き箱すら捨てられず、押入れの半分はPC関連で埋まっているのだ。


以下が当方手持ちの余剰パーツ群。
M/B:ASUS P5LD2-VM Rev.1.0
        ASUS P5B-Deluxe
CPU:Pentium D 820
MEM:CORSAIR PC2-4200(512MB*4)
         CFD W2U800CQ-1GLZ(1GB*2)
CPUクーラー:Scythe Freezer 7
                   ThermalTake MiniTyphoon(CL-P0268)
VGA:ELSA GLADIAC 573 GS LP 256MB(GF7300GSLP)
         ASUS EN7600GS Silent/HTD 256MB
Power:EVER GREEN LW6400H-4 SILENT KING-4
090621


余剰パーツで楽にもう1台自作PC出来ちゃいますネ。
Windows7 Virtual PCは使えないが、Windows Aeroは動きそうだ。
現役パーツに比べ性能は劣るが十分使えます。
足りないパーツはHDD・DVDドライブ・PCケースだけ。ケースにもよるが、15.000~20.000円の投資でWindows7専用マシン(検証用)が活けちゃうじゃん。

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !

年内(来年初頭)までの検証用マシンだし、Windows7製品版が出た時点でパーツを新調すればEんですw。でもネ...

ウっ━━━━━━(-_-)━━━━━━!!!!にゅ

何を悩むのか?って言うと、新PCの置き場所だ。
4台ある内の3台がこの部屋(6畳間)に在って、私は丸-ぅくなって寝ている有様。それと検証用マシンって必要か?って事。
現状Windows7はVirtual PCとeSATAで遊んでいるが、此れで十分ではないのかと自問自答。


まぁ買うか買わないかは別にして、あ-したいこ-したいって言う時(物欲Spirits)が自作の楽しい時間。
思案中の自分が一番楽しいのだ...o(*^▽^*)oあはっ♪



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

DCOMエラー イベントID:10005 StiSvcを起動しようとした時に何なんだ!?

DCOMエラー イベントID:10005が記録された。
StiSvcを起動したいが関連付けが無い!って事らしいが、ログの時間に何をしたのか思い出せない(健忘症か?)。


イベントの種類:エラー
イベントソース:DCOM
イベントカテゴリ:なし
イベントID:10005
説明:サーバー:{A1F4E726-8CF1-11D1-BF92-0060081ED811} を実行するためにサービスStiSvc (引数 "") を起動しようとしたときにDCOM でエラー "指定されたサービスは無効であるか、または有効なデバイスが関連付けられていないため、開始できません。 " が発生しました。

090620


...で、StiSvcって何よ?ってなると、Windows Image Acquisition (WIA)サービスだって。(〇o〇;) ギクゥゥゥ!! 先日、起動が早くなる...(かもしれない)って停止したサービスっす。当機の場合、起動が早くなる御利益は無かったが、其のまま停止してあったサービスだ。


問題なのはStiSvcを誰が起動させようとしたのかです。
イベントビューアを起動させながら当時の作業を再現すると、犯人はペイントとスキャナだった。
ペイントを起動させた時と、スキャナ専用アプリでスキャンを開始した時にDCOMエラーは記録される。つまりWIAサービスとは、キャプチャ画像と其れを処理するアプリケーションの仲人役って事ですか...。

ウっ━━━━━━(-_-)━━━━━━!!!!にゅ

前回も書いたけど、WIAサービス停止で起動が早くなったり、マイコンピュータの表示が早くなる環境も実際にはある。よって、停止は駄目だと一概には言えません。


まぁキャプチャ自体には問題がない?のでEんだけどネ。
エラーが記録されるのは精神衛生上 (≧◇≦)乂ダメダメッ! 仕方なくWIAサービスを起動させました。


1プロセス減ったと喜んだのはEが、結局...元の木阿弥だった訳か (キ▼д▼;)トホホ・・



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

VPCの複数起動でWindows7βとWindows7RCのコラボ

Windows7RCVirtual PCへインストールしてみた。
Virtual PCには既にWindows7βをインストールしてあるので、Windows7s(複数形)って呼んでみましょうか。...で、試しに両者を同時起動する暴挙?にでてみた。VPC複数起動なんて初試行故に((((o゜▽゜)o))) ドキドキ♪


さて、結果ですが...キタ━(゚∀゚)━!!!!! VPC複数起動は出来る。案ずるより生むが易しでした。下の画像が華麗なるWindows7βとWindows7RCのコラボレーション。解り易くする為、RC版はデスクトップをカスタマイズしてあります。
090619_1 
*クリックで拡大表示(別窓)出来ます。


流石Quadマシン(参号機)ですネ、此れでも余力が残っています。この状態でメモリ使用量は1.35GB、4GB搭載(OS管理内3.2GB)故にパフォーマンスの低下もありません。又、追加機能インストール済みなのでマウスの移動も楽ですwww。


【ホストPC】OS:WindowsXP Home SP3、CPU:Core 2 Quad Q9450、MEM:CFD W2U800CQ-2GL5(2GB*2)
【ゲストPC】OS:Windows7 β/RC、MEM:512MB、追加機能インストール済み



VPCとの共有設定も問題なくできました。
ホストPC ⇔ ゲストPC ⇔ ネットワークPC間でファイルの共有が可能です。
090619_2
*クリックで拡大表示(別窓)出来ます。


弄りだすとE感じで面白いWindows7です。まぁXPしか知らない私が言うのも変ですが...。つうか、βの使用期限がもうじき切れるので Σ(=゜ω゜=;) マジ!? 此れが最初で最後?のコラボかなぁ (;´д`)トホホ…


・Windows7の使用期限
β版:2009.07.31迄/07.01から警告と共に、2時間毎のシャトダウン開始。
RC版:2010.05.31迄/03.01から警告と共に、2時間毎のシャトダウン開始。


・Windows7RCのダウンロード(要アカウントの取得)
http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/default.aspx

・Windows7RC使用上の注意
自宅や職場で主に使用するPCでは、RC版のテストを行わないでください(MS談)。使用する場合、現状の環境を復旧できる・如何なる不具合にも自己対処できるユーザーに限ります。

・関連記事
XP Home EditionにVirtual PC 2007 SP1をインストール
Virtual PC 2007にWindows7をインストール
Virtual PC 2007に追加機能をインストール



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

Windows Image Acquisition (WIA)停止で起動が早くなるらしい

弐号機だけデスクトップの表示が遅いんですヨ。
ログイン後に壁紙は瞬時に表示されるが、タスクバーの表示にタイムラグがある。
他のPCでも同じ設定を施してある故に何故なんだろう。


検索してみると、WindowsサービスWindows Image Acquisition (WIA) 停止起動が早くなるらしい。
(゜∇゜ ;)エッ!? タスクバーの表示が遅いって調べていた筈なんだけどネ... ( ̄○ ̄;)!


さて...WIAサービスとは、スキャナとカメラのためのイメージ取得を提供するサービスの事。
当機ではスキャナを使用する為、停止出来ないサービスだと思っていた。
ところが、読み込みをスキャナ等の専用アプリから行う場合、WIAサービスは停止出来るんですネ(スキャナとカメラのウィザードが利用できなくなります)。


ウォー (丿 ̄ο ̄)丿 此れで起動が早くなるwww...(タスクバーの表示は?って突っ込みはご勘弁)。
早速Windows Image Acquisition (WIA)サービスを停止してみた。 *スキャナの使用に不具合は無いし、デジカメ(メモリカード)の読み込みも問題は無い。


ヽ(~~~ )ノ ハテ? 体感的にも視覚的にも起動が早くなったとは思えない。
環境によってログインからの起動が爆速する場合があるそうだが、当機では依然としてタスクバーの表示が遅い。
WIAサービスとタスクバー表示は無関係だったようです...orz。


まぁ本末転倒な結果に終わったが、WIAサービスの停止常駐プロセス(svchost.exe)が一つ減る事は大きな収穫だった。



- - - - - - - - - - - - - - -


<追記>
WIAサービス停止で”DCOMエラー イベントID:10005” StiSvcを起動しようとした時...のエラーを吐きます。

<追記>
kazu-one様からのコメントで、DCOMエラー対処方のURL(一例)を戴きました。
・タスクマネージャを舐めるように見る日記
http://esupa.xrea.jp/nicky/nicky.cgi?DTO=20080624A
・サービス StiSvc (引数 "")~
http://www.nekoprint.mobi/cgi-bin/nekonekodiary/archives/170.html



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

Virtual PCの移動には再アクチが必要だった

Virtual PC 2007を参号機のQuadマシン(XP_Home SP3)に移動...否、インストール為直した。当然Windows7β(Virtual PC)もインストール為直しがセオリーなんですが、(-ω☆)キラリ ファイルを移動すればEじゃんネって気付いた。


Windows7 Hard Disk.vhd(バーチャルマシンハードドライブイメージ)、Windows7.vmc(バーチャルマシン設定ファイル)、Windows7.vsv(バーチャルマシン保存された状態)のファイル3個を弐号機から参号機へLANで移動。更にVirtual PC 2007インストールフォルダ(Microsoft Virtual PC)に移動した。 *旧PC(弐号機)にWindows7のファイルはありません。


Virtual PC 2007の移動(引越し)
・Virtual PC コンソール⇒新規
090617_1

・新しいバーチャルマシンウィザード⇒既存のバーチャルマシンを追加する⇒次へ⇒.vmcファイルを選択。
090617_2

此れで弐号機に在ったWindows7βが、参号機のVirtual PC移動できた訳なんだけど甘かった...Mr.ゲイツ様から警告っす。


正規なWINDOWSじゃありません!あなたは犯罪に巻き込まれて...○△□だって。( ̄□ ̄;)ギョッ 早い話がライセンス認証に引っ掛かった訳だ。Windows7βを起動しただけなのに 三( ゜Д゜) ス、スゲぇー!


...でも、案ずる事は無い。
正規に入手したOS故にプロダクトキーを入力すれば、再アクチ(アクティベーション)が通った (〃´o`)=3 フゥ。しかしまぁ...Virtual PCと言えど、評価版OSと言えども恐るべしライセンス認証だネ。


もう一度書くけど ”正規に入手したOS” なら堂々と再アクチしましょうwww。



ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

E8400のOC!4.0GHzで常用出来るかも!?

4GHz超えオーバークロックを実機で達成できたが、一発芸で終わったのが前回の話。一発芸では本末転倒。何とか、もう一度拝みたい...とオヤジは奮闘してみた。前回の設定はFSB445で、其れ以外はAUTOのまま。此れだとメモリは1080になる訳で、幾ら電圧AUTOでもCPUより先にメモリが逝ちゃったようです(当たり前田のクラッカーじゃ!)。*コノ件は前回の記事でkaku様から御指摘のコメントを頂きました。


【CPU】 Core 2 Duo E8400
【Cool】 CNPS9700LED
【RAM】 CORSAIR TWIN2X2048-6400 4GB(1GB*4)
【M/B】 GIGABYTE GA-EP45-DS4P (BIOS:F7)
【VGA】 ASUS EN8600GT
【Power Supply】 Seasonic SS550HT
【Chassis】 SCY-628-BK



E8400OC!4.0GHz再挑戦
・Performance Enhance:Standard・MCH Frequency Latch:400MHz・System Memory Maltiplier(SPD):890
メモリはオーバー気味ですが、拘りのCORSAIRに期待を込めてF10⇒ENTER!
090616_1

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! E8400/OC!4.005GHz


Prime95のストレステストへ突入。
090616_2

E感じですが...2時間耐えた所でCore温度が76℃超えとなり、危険?を感じ一時休戦(室温は27度)。興奮する私の脳を冷やす意味もある。


気温が下がる深夜、Vcoreを手動設定1.3500Vで再挑戦してみた。
・CPU Vcore:1.3500V・DRAM Voltage:1.90V・Latency:5-6-6-21
090616_3

Vcore1.35Vでも...キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !


OCCTストレステスト1時間完走。
090616_4

あれから一日半あまり経過。Latency:5-5-5-18に戻し様子見ですが、今のところ問題はありません。


現在の室温26度(無風)、体感温度はもうチョッとあるけど...(笑)。Core:43/44℃(CPUクーラー1600rpm)、Vcore:1.312V(CPU-Z読)、NB:41℃で、当記事を更新中です。


ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

GA-EP45-DS4PでOC! E8400の4GHzを初体感

M/Bを交換した弐号機で、E8400オーバークロックに挑戦してみた。旧M/B(P5B-Deluxe)では小心者が災いし3.4GHzが素人の限界だったが、実際には軽く?4GHz超えが出来るらしい。新M/BのGA-EP45-DS4Pで何処までイケちゃうのか興味津々。取り敢えずの目標は、未だ実機で見た事がない4GHz超え。兎にも角にも一回でEから4GHzを体感したいだけだが、年寄りの冷や水...で終わらなければE。


【CPU】 Core 2 Duo E8400 (E0)
【Cool】CNPS9700LED
【RAM】 CORSAIR TWIN2X2048-6400 4GB (1GB*4)
【M/B】 GIGABYTE GA-EP45-DS4P (BIOS:F7)
【VGA】 ASUS EN8600GT
【Power Supply】 Seasonic SS550HT
【Chassis】 SCY-628-BK



E8400OC挑戦
FSB378(3.4GHz)の起動確認は出来ているので、いきなりFSB389(3.5GHz)にOCです。その他の設定はAutoのまま。3.5GHzの起動を確認し更にFABのみ上げて行きます。FSB400、FSB412...FSB434(3.9GHz)での起動を確認。

愈々自己最高のFSB445(4.005GHz)に設定しF10・ENTER! ⇒ POST通過... o(*▼▼*)o ワクワク・・

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! GA-EP45-DS4P/E84004.0GHz起動を確認。
090614_0

Super π(104万桁)12秒台です。 *定格は15秒台。
090614_1

当然ながらPrime95・ORTHOS・OCCTのストレステストは秒殺です...当たり前だネ。
090614_2


...で、余りにも (*^o^)(^O^)ウレシーーー!! 為にCPU温度を見忘れました。温度計測しようと再度チャレンジしたけど =( ・_・;)⇒ アレ? 起動で来ないじゃん。POSTは通過するもWindowsが堕ちます... (キ▼д▼;)トホホ・・


まぁAUTOでのメモリは1:1の445(CPU-Z読み)だけど、BIOS上は540(1080)?だった筈です。 (´;ェ;`)ウゥ・・・ メモリが限界超えで逝ちゃってます。さっき起動できたのは偶然?奇跡?運を使い果たしたか...。


やっぱり年寄りの冷や水...否、一発芸で終わりでしたネ (_ _(--;(_ _(--; ペコペコ



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

”エラー番号:0x800CCC19 サーバーと通信しようとしてタイムアウトが発生しました”って何?

Outlook Expressエラーを吐いた。”要請されたタスクの処理は中断されました。下のエラーを参照してください”だと。メールを確認してOutlook Expressを終了させようとしたらρ(´ー`) コレですヨ。...で、エラーの内容は以下の通り。


サーバーと通信しようとして、タイムアウトが発生しました。アカウント:'○○.△△.□□.ne.jp',サーバー:'○○.△△.□□.ne.jp',プロトコル:POP3,ポート:110,セキュリティ(SSL):なし,エラー番号:0x800CCC19
090613_1



取り敢えずエラーを閉じて、再度Outlook Expressを起動させたら ( ̄□ ̄;)ギョッ さっきと同じメールをまた受信してますヨ ( ̄へ  ̄ 凸
如何やらメールの容量が大きい為、送受信に時間が掛かっているようです。又、メールアンチウイルスソフトのチェック時間にも関係するんだって。


エラー番号:0x800CCC19の対処方
Outlook Express ⇒ ツール ⇒ アカウント ⇒ メールタブのプロパティ ⇒ 詳細タブ ⇒ サーバーのタイムアウト
初期設定(30秒)を出来るだけ”長い”(最大5分)に変更する...だけ。
090613_2

但し、エラー内容にサーバー:'LocalHost'の文字がある場合は、セキュリティソフトが原因だそうです。


さて、今朝は60通のメールを受信しましたが、御蔭様でエラー番号:0x800CCC19は吐きません v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

OCCT(OverClock Checking Tool)3.0.1はストレステスト

OCCT(OverClock Checking Tool)と言うストレステストを試行してみた。
ストレステストとは、CPUに100%の高負荷を与え続けシステムの安定度を図るソフトです。
オーバークロックユーザーのみならず、定格使用のユーザーでもエアフロー検証に用いる事が出来ます。


このOCCTが気に入った点は、エラーの有無に関わらずCPU温度がしきい値(任意設定可)に達すると自動停止する事と、テスト結果のログ(グラフ)が残る事。


OCCTダウンロードは本家サイト
http://www.ocbase.com/perestroika_en/index.php?Download より。

最新バージョンはOCCT 3.1.0(0906現在)で、ダウンロードファイルはOCCTPT3.1.0.zip。解凍してOCCT.exeをWクリックすれば起動できる...が!、CPU-Z/HWMonitor/SpeedFan等を起動させてからOCCTを起動させた方がEようです。


OCCT使い方
OCCT LORDING :起動中の画面...チョッと待ってネ
090612_1

警告?確認画面:CPU-ZやHWMonitor(温度モニターソフト)のエンジンを利用できるって意味?みたいです ⇒ OKで進む。
090612_2

OCCT 3.1.0メイン画面:デフォは英語表記ですw
090612_3

言語設定(日本語対応):OPTION ⇒ Language で言語設定、歯車(オレンジ色)アイコン ⇒ 各種設定が出来る。
090612_4

各種設定画面
・CPU最大温度(自動停止のしきい値)は90~95℃に変更した方がEかも。低い温度だと直ぐコケます。
・温度センサを選択出来る(Built-inはOCCTのセンサー)が、あくまでも目安だと思う。
090612_5

テスト選択
・Test Type:Auto = 1時間 / カスタム = 任意の時間 / Infinite = エンドレス。
・Test Mode:テストの強弱のようです。
090612_6

テスト開始
”ON”ボタンのクリックでテスト開始。”OFF”ボタンで任意に停止が出来る。Auto/カスタムは、最初の1分間・最後の4分間はアイドル状態となる。

異常があれば停止
CPU/メモリ設定に異常があれば停止するのは勿論の事、CPU温度が設定したしきい値に達しても停止する。

テスト結果
・エラーの有無に関わらずログがグラフで残ります。
・ログの保存場所はMy Document\OCCT(マイドキュメント内)、テスト日時毎にフォルダ保存。
090612_7


OCCT(OverClock Checking Tool)は、ストレステストの中で”軽め”との意見もあれば、最強との意見もあるし (´;ェ;`)ウゥ・・・ どっちなのサorz...。


兎にも角にもOCCT実行中各パーツ温度はMaxに達しますw。如何なる事態に発展しても当blogでは責任を負いかねますので、あしからずご容赦のほど... (*^▽^*)



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

KIS2009の脅威と除外にRamPhantom3を登録してみる

Kaspersky Internet Security 2009脅威と除外にRamPhantom3Utilityを登録してみる。
RamPhantom3の不具合に対処する為、フト思い付いた苦肉の策だ。むだムダ無駄!...と、半分思いながら駄目もとで試してみる。私はやっぱり”猿知恵”かo(*^▽^*)o~♪


スタートアップでフリーズするのは、avp(Kaspersky Internet Security 2009=以下KIS2009)と競合しているからじゃないのか?って考えた訳。ならば、KIS2009監視からRamPhantom3Utilityを除外してやればEじゃんってネ。RamPhantom3Utilityは既に信頼グループへ登録済みだが、更に脅威と除外へも登録してみた。此れでKIS2009監視から完全に除外される筈なんですが...。
090611



我ながら名案だと...( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ。期待を込めながらシステム再起動っすw...


( ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄; アリャ?


(||| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄;)駄目?


フリーズしました---ぁ!orz...”猿知恵”は無駄な足掻きだったようで、潔くRamPhantom3をアンインストール。


...でも、メモリを4GB(2GB*2)に減らし、代わりにRamPhantom3 LEをインストールしちゃいました。KIS2009脅威と除外リストから外し様子見ですが、フリーズは発生せず不具合は無い。


私は懲りないオヤジです...



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

NetBTエラー、イベントID:4307が記録された

イベントビューアのシステム欄にNetBTエラーイベントID4307が記録されていた。エラーの記録時間からして、昨日のフリーズ(RamPhantom3の不具合)が発生した辺りみたいです。...でも、頻繁にフリーズした割りには記録が一回だけなんだけど...何なんだ。


イベントの種類:エラー
イベントソース:NetBT
イベントカテゴリ:なし
イベントID:4307
説明:トランスポートが初期アドレスのオープンを拒否したため、初期化に失敗しました。

090610



Google先生曰く”NetBTエラー/イベント4307は、ネットワークドライバの更新時とか、共有を失敗した時に発生する”そうだ。システム上は問題ないそうで、単なる気紛れ?のエラーか...。


取り敢えず以下の項目を確認してみるとEらしい。
・コンピュータ名が正しく登録されているか。
・WMI(Windows Management Instrumentation)サービスが自動or手動になっているか。


正しい設定ならばEんですが... ( ̄□ ̄;)ギョッぉ---ぉ! ワークグループがデフォのMSHOMEに変わってるじゃん。すぐさま変更しました。つうか、異なるワークグループでも共有が出来たのは何故だ?


まぁ気にしない様にしよう...でなきゃ(mー_ー)m.。o○ zZZZ時間が無くなるw。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

RamPhantom3の不具合?ログイン後、タスクバー表示でフリーズ!

自作PC参号機で使用中のRamPhantom3ですが、如何やら当機とは相性が悪く不具合の連続です。ログイン後のデスクトップ表示でフリーズし、其のまま制御不能に陥る。壁紙+アイコン+タスクバーは表示されるが、何の操作も受け付けません。こうなると電源長押しで回避するしかない。


RamPhantom3不具合の詳細は、ログイン ⇒ デスクトップ(壁紙+アイコン+タスクバー)表示 ⇒ 通知領域にRamPhantom3のアイコンが出た時点。この時CPUが全開で処理?している様で、CPUクーラーの回転数が一気に上昇します。通常だとKaspersky Internet Security 2009、Realtek HDオーディオマネージャ、スピーカーアイコンが表示される筈なんだけど。


当初は単なる気紛れ?と思っていたが、日を増すごとにフリーズの確立は高る。そしてとうとうお手上げ状態だ。RamPhantom3を無効にすれば問題は無いのです。


Google先生曰く”RamPhantom3不具合は色々な症例と解決策がある”だって。
nVIDIA”nView Desktop Manager”が有効だとバグる ⇒ これはRamPhantom3ver1.0.2で修正。つうか、当方では最初から無効設定だ。
IEの一時ファイル、TEMPファイルを設定するとバグる ⇒ 当blogでも”Windows-壊れたファイルエラーを吐く”で書いたけど、その後IEの一時ファイルは外してある。
OS管理外メモリー全域にRamDiskを設定するとバグる ⇒ 取り敢えずRamDiskへの割り当てを減らしてみたが、結局700MB(4GB搭載と同じ条件)迄減らす有様。


RamPhantom3不具合をネット検索から引用
【更新】ウイルスバスター倶楽部 part9【報告】
http://unkar.jp/read/pc11.2ch.net/internet/1242230604
・30 :22[sage]:2009/05/15(金) 04:46:43 ID:UxQ6azmn0
RamPhantom3のインターネット一時ファイルの設定を解除 → 再設定で戻った。これが原因か~ 失礼しましたm(_ _)m
・31 :22[sage]:2009/05/15(金) 06:19:01 ID:UxQ6azmn0
だめだ、また重くなった。一昨日のアップデートでRamPhantom3との相性が悪くなったようです。RamPhantom3のインターネット一時ファイルの設定を解除するしかないようだ。

【RamPhantom Part4 】http://c.2ch.net/test/-.YYl00/software/1232365330/1-c
・11:名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/01/21(水) 00:20:21 ID:EuDvWpM10 [sage]
1.0.2にしたらシャットダウン時に固まるようになったから1.0.0に戻した 
・20:名無しさん@お腹いっぱい。 :2009/01/23(金) 05:53:16 ID:Aethmv3OO [sage]
最近 PC起動してRamphantomのスタートアップ後に固まるようになった。2-3回ブートやり直すときちんと動くようになるけど何だろね?



...で、暫く様子を見て来たが、 ( ̄□ ̄;)ギョッ 今朝また不具合っすフリーズっす... (;´д`)トホホ
弐号機のRamPhantom3 LE(FireFoxのキャッシュ置き場)は、今のところ問題がない。いっその事LEにしてみようか、Gavotte RAMDiskに移行しちゃうかなぁw。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

新:自作PC弐号機(GA-EP45-DS4P)安定稼動中です

新生自作PC弐号機のテスト稼動中ですが、一晩使った限りではE感じです (恐縮ですw)。大きな不具合も無く (小さいのは或のか?) 安定稼動しております。旧構成 (P5B-Deluxe/E8400) の様に定格でもOC状態...と言う不安感が無いのもE。


新・弐号機のスペック
【CPU】 Core 2 Duo E8400 (定格)
【Cool】 CNPS9700LED
【RAM】 CORSAIR TWIN2X2048-6400 4GB (1GB*4)
【M/B】 GIGABYTE GA-EP45-DS4P (BIOS:F7)
【HDD】 WD3200AAKS-00B3A0
【VGA】 ASUS EN8600GT
【VGA Driver】 182.08
【Power Supply】 Seasonic SS550HT
【Chassis】 SCY-628-BK
【PCI】 ・IFC-PCIE2ES (PCI Expressバス対応 eSATAインターフェースボード) ・PC-MV52DX/PCI (TVチューナー&MPEG2 キャプチャボード) *赤字部分が新パーツ


自作PC参号機とのコラボ
090607_1

新Cドライブは、50GB/使用領域3.78GB :OSのみですからスッカラかんですネ (*^▽^*) True Imageのバックアップデータの容量は2.38GB。
090607_2

新・起動HDD(WD3200AAKS-00B3A0)のベンチ:一年前のHDDとは言え早さは衰えていません。
090607_3

旧HDD(HDT725025VLA)のベンチ:当時(二年前)は満足していた速さなんですが...。
090607_4

室温27度、稼動10時間後の各パーツ温度:CNPS9700LEDは付属のファンコンで2100rpmに設定。3ピン仕様ですが、BIOS(*)で速度制御できます ⇒ 低負荷時1500rpm。*PC Health Status ⇒ CPU Smart FAN Control ⇒ Enabled ⇒ CPU Smart FAN Mode ⇒ Voltage。GA-EP45-DS4PのN/B温度は TS-05 計測で約40度(Spot Cool冷却)。HDD温度も室温+10度以内と想定内 (自己満足レベル)。
090607_5

側面からみた新・弐号機:FDD・SATAケーブルを新調しただけで、旧構成とあまり変わっていませんネ...σ(^_^;)アセアセ。でも...光り物パーツは何時見ても (´▽`)はぁぁ・・♪(うっとり) ッスwww。
090607_6
*クリックで拡大表示できます。


...と言う訳で、今朝は新弐号機(GA-EP45-DS4P)からの更新でした。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

アイドル時のメモリ使用量200MB・プロセス数18~新生弐号機テスト運転開始~

M/B交換からクリーンインストールを行った自作PCの新生弐号機。XPの高速化からアプリケーションのインストールも終わり、True Imageのバックアップを経て現在テスト運用中。このまま様子を見て、不具合が無ければ常用開始となります。


True Imageのバックアップも今回で5回目。万が一(あっては困る)不具合が出ても各段階へのリストアが可能です。
1回目:クリーンインストール+ライセンス認証後。
2回目:素のXPのまま高速化設定完了後。
3回目:アプリケーションのインストール後。
4回目:プリンタ・スキャナドライバ、及び関連ソフトのインストール後。
5回目:セキュリティソフト、RamDiskソフトのインストール後。


新生弐号機のシステム状況です。
起動から30分経過したアイドル時メモリ使用量200MB、プロセス数18と、予定通りのXP(SP3)高速化設定です。
090606_1
*画像ではプロセス19ですが、タスクマネージャ(taskmgr.exe)分を含んでいます。


常駐プロセスは、RTHDCPL(オンボードサウンドデバイス)、avp(Kaspersky Internet Security 2009)、RamPhantom3Utilty(RamDisk)の3個。当blogにアクセスの多いctfmonIMJPMIGTINTSETPは、もちろん不要プロセスで常駐停止。これ以外にもNvMcTray、nwiz、PDVDServ...等、当blogでは不要プロセスで、断固として常駐は許しません。
090606_2


まぁ...とにかく今は、不具合が出ません様に...(゜-゜;)オロオロ(;゜-゜)...と願うばかりです。動画編集に特化させた参号機からのblog更新は、いささか苦痛な毎日なんですwww。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

NTREGOPTでレジストリの最適化(デフラグ)

NTREGOPTレジストリ最適化のフリーソフトで、正式名称はNT Registry Optimizer
アプリケーションのインストールやアンインストール、多種多様な設定を繰り返す度にレジストリは肥大化(断片化)する。この肥大化したレジストリ最適化してくれる訳で、システムのパフォーマンス向上に繋がる。言わば、HDDのデフラグ(最適化)と同じレジストリのデフラグツールです。


NTREGOPT ダウンロードは、本家サイト http://www.larshederer.homepage.t-online.de/erunt/index.htm からがE。インストール版と解凍版を任意でチョイス出来ます。又、他のサイトでは日本語版、日本語パッチも公開されている。まぁ日本語版を選ぶ必要は無いっすネ...厨房並の英語力があれば十分理解できますからwww。

・ntregopt-setup.exe(472KB)はインストーラ付
090605_2

・ntregopt.zip(141KB)はインストーラ無しで解凍すれば使用できる。
090605_3

NTREGOPT 使い方は、何れの場合もNTREGOPT.EXEをクリックすれば起動 ⇒ 起動承諾画面 ⇒ OKで最適化が始まる。
090605_4

レジストリ最適化中画面(所要時間は10秒程度?)。
090605_5

NTREGOPT 終了画面 ⇒ はい(OK)でシステム再起動になる。
終了画面の内容は、24.725.456bytesのレジストリが24.031.232bytesに3%最適化できた...と言う意味。定期的に実行していると、コノ程度ですw。初めて実行すると数10%の最適化率になる事も。
090605_6


当方は、先ずCCleanerで不要なレジストリを削除→NTREGOPTで最適化を行う。特にクリーンインストール ⇒ 実用開始直前に最適化 ⇒ バックアップ、で言う事なし。


But! E事尽くめのだがレジストリを弄る?ソフトなので、誤った判断がされるとも限らない。最悪の場合、システムは起動不可能に陥る。この点はCCleanerでも同じ事が言えるのだが...まぁ長年愛用していますが、不具合は一度も無いので心配は無用。
でも...御使用は自己責任で御願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

レジストリ設定でXPの高速化~当blog的な備忘録~

前回のシステム設定によるXP高速化に続き、今度はレジストリ設定XP高速化を行います。レジストリ操作は怖い!けど、アントニオ猪木氏はこの様に言っています。
”この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。迷わず行けよ。行けばわかる”...と。
無理矢理こじつけての引用で申し訳ないですネ... (*^ω^*)ノ彡


下記項目は当blog流的に厳選し、弐号機に設定したXP高速化設定の備忘録~レジストリ設定編~です。


-私的XP高速化設定
レジストリエディタを常に初期状態で開く
レジストリを弄るなら、先ずはこれから弄ると便利ですw。

スタートメニューの表示を早くする
ウィンドの開閉やサイズ変更の表示時間を早くする
スタートメニュー表示とウィンド開閉時間を瞬開きMax0秒に設定できるが、低スペックPCには逆効果となる。

アプリケーションの終了を待たない(シャトダウンの高速化)
ハングアップしたアプリケーションの処理を無視してシャトダウンできる。

仮想メモリをシャトダウン時に削除するか否か(シャトダウンの高速化)
デフォは削除する設定故にシャトダウンが遅い原因の一つ。仮想メモリの容量が低ければデフォでも早い筈。

カーネルメモリを常駐化
システムメモリをスワップさせず安定化させるのが目的。

システムリソースを増やす
長時間安定稼動させるならコレかも。

MTU/RWIN値設定で回線速度を高速化
インターネット高速化なら試してみる価値はアル(契約回線速度以上にはなりませんけどネ)。

閉じる・最小化・最大化ボタンを横長にする
其のままです”閉じる・最小化・最大化ボタン”を任意の大きさ(縦横)に変更します。

縮小表示のサムネイル画質を軽量化
画像フォルダのサムネイル表示を低解像度にする設定。

IEのお気に入り(Folders)移動
”IEのお気に入り(Folders)”を任意の場所へ移動します。

Windows Media Playerの自動更新を停止
WMPの自動更新機能を停止します。

ctfmon.exeテキストサービス停止
IMEで音声入力や手書き入力を行わないのが条件。

共有ドキュメントをマイコンピュータから削除
1ユーザー使用ならマイコンピュータの共有ドキュメント表示は無用です。

ワトソン博士の完全停止
一般ユーザーにクラッシュDMPファイルは無用。

conime.exeの停止と常駐回避
コマンドプロンプトで日本語入力しないのが条件。

ログイン画面を好みの画像に変更
任意の画像でログインできます。

通知領域から過去の履歴を削除
通知領域の不具合を回避するならコレ!バックアップ直前に行うともっとE。

システム構成ユーティリティの不要なスタートアップ項目を削除
msconfigのスタートアップに残る不要な項目を削除します!バックアップ直前に行うともっとE。


上記項目が” XP高速化のすべて ”では無く、すべての環境で保障されるものでもありません。又、レジストリ操作は自己責任での操作となります。
あくまでも当blog流(私的)厳選レジストリ設定での高速化です...あしからずご容赦のほど m(o・ω・o)m



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

システム設定でXPの高速化~当blog的な備忘録~

M/B交換からクリーンインストールが完了した自作PC弐号機。ライセンス認証を経てバックアップも完了し、実用化に向け無駄なシステム設定を省きXP高速化を行います。下記項目は当blog流的なXP高速化設定の備忘録~システム設定編~。XPのようでXPじゃないXPに成りますけどネ... (; ̄ー ̄)...ン? じゃぁ何になるんだ?。


-私的なXP高速化設定
・クラシックスタイルに変更
画面プロパティ → デザイン → ウィンドとボタン → Windowsクラッシックスタイル。

・アニメーション効果をOFF
画面プロパティ → デザイン → 効果 → すべてのチェックを外す。

・視覚効果をOFF
システム → 詳細設定 → パフォーマンス設定 → 視覚効果→カスタム。

・Lunaを完全停止
サービス → Themes → 停止 ⇒ 手動or無効。

・休止状態を無効
コントロールパネル → 電源オプション → 休止状態 → 無効。

・システムの復元を無効
画面プロパティ→システムの復元 → すべてのドライブで~無効にチェック。

・仮想メモリをCドライブから移動
システム → 詳細設定 → パフォーマンス → 設定 → 詳細設定 → 仮想メモリ → 変更。

・各フォルダをCドライブから移動
My Document/メール/Temporary Internet Files/TEMP(TMP)/Program Files/Favorites(IEお気に入り)。

・Windowsアップデート(WindowsUpDate)自動更新のOFF
コントロールパネル → セキュリティセンター → 自動更新 → 無効。

・セキュリティセンターを無効(SP2適応機)
コントロールパネル → セキュリティセンター → セキュリティセンターからの警告方法 → すべてOFF。
(完全停止) Windowsサービス → Security Center → 停止 ⇒ 無効。

・WindowsFW(ファイアウォール)を無効
コントロールパネル → Windowsファイアウォール → 無効。
(完全停止) Windowsサービス → Windows Firewall/Internet Connection Sharing(ICS) → 停止 ⇒ 無効。

・メモリ使用量を変更する
システム → 詳細設定タブ → パフォーマンスの設定 → 詳細設定タブ → メモり使用量 → システムキャッシュにチェック。

・システムエラーの報告を無効
システム → 詳細設定 → 起動と回復 → 設定 → 三項目のチェックを外す。

・Microsoftへのエラー報告をOFF
システム → 詳細設定 → エラー報告 → エラー報告を無効にする。

・システムフォントの軽量化(Terminalフォント使用)
画面プロパティ → デザイン → 詳細設定 → 指定する部分(アクティブタイトルバー/メッセージボックス/メニュー) → フォント:Terminal、サイズ:10で設定。

・ワトソン博士を停止
ファイル名を指定して実行 → drwtsn32 → オプションのチェックを全て外す。

・NetMeetingを削除
ファイル名を指定して実行 → rundll32.exe setupapi,InstallHinfSection NetMtg.Remove 132 msnetmtg.inf

・Windows Messengerを削除
ファイル名を指定して実行 → RunDll32 advpack.dll,LaunchINFSection %windir%\INF\msmsgs.inf,BLC.Remove

・Windows Media Player 11のDCOMエラーを回避
コマンドプロンプト → sc delete SSDPSRV / sc delete upnphost → 各コマンドを個別実行。

・リモートデスクトップをOFFにする
システム → リモートタブ → チェックを外す。

・電源オプション
コントロールパネル → 電源オプション → 電源設定 → 常にON。

・システムサウンド/不要な効果音を停止
コントロール → サウンド → プログラムイベント → 任意の箇所をOFF。

・ユーザーの簡易切り替えを使用しない
・Windows標準のCD書き込み機能をOFF

・デスクトップのクリーンアップを停止


上記項目が” XP高速化のすべて ”ではありません。
あくまでも当blog流(私的)システム設定での高速化です...あしからずご容赦のほど m(o・ω・o)m



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

今日から酒気帯びでも一発取り消しです!改正道交法施行

私を筆頭?に酒が飲めるオヤジには耳が痛い情報です。
主に飲酒運転にからむ行政処分の強化を定めた改正道交法が、本日6月1日付で施行される。吸気中アルコール濃度が0.15mg/ℓ以上検出されれば、最低13点の加点と免許停止90日が科せられます。更に、救護義務違反(ひき逃げ)や危険運転致死などの違反点数も引き上げられ、欠格期間が3年以上10年以下と厳しい処分となるようだ。
090601_1
昨今、改正道交法の影響じゃないけど一般企業でアルコール検知器の導入が増えている。主にサービス業(運送業含む)が多いそうだが、飲んだのは昨夜だから大丈夫!なんて甘いですヨ。何人かはアルコールが検出(残酒)され運行停止(乗務停止)となるのが実情みたいです(飲んでから一晩は経過しているそうだが)。
090601_2
...では、アルコールの雑学。
体重50kgの一般的な?成人が1時間に分解できるアルコール量は5g。日本酒だと45mℓ、ビールだと125mℓ、缶酎ハイだと87.5mℓに換算される。これだと判り辛いので、日本酒なら1合、ビール(中瓶)なら1本、酎ハイなら1缶を飲んだ場合、アルコールが消化されるまで4時間掛かる計算だ。*目安であり体調等による個人差があるので注意。


一般的サラリーマン(在宅時間12時間/睡眠8時間程度)を仮定した場合、ビールなら大瓶1本、缶ビール(500ml)なら2本?、酎ハイなら2杯、日本酒なら2合以内に留めて置けば、出勤時にアルコールが消化されているだろう...と推測できる。
あくまでも”消化されているだろう”ですからネ、勘違いしないように。


運転する本人は勿論だが、家族を含む周りの人間も断固たる態度で臨まなければ、飲酒運転は撲滅できません。.私の勤務する会社では、飲酒運転で検挙されれば問答無用で懲戒解雇。違反・事故(自家用車含む)でも社内規定で重い処分が科せられます。




尚、当記事は飲酒運転を奨励する目的はございません。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ポチっと↑当blogの応援を御願いします。
.
.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »