« PentiumD820復活!でも...CPU温度105℃って何!? | トップページ | Windows7で自由に拡張パーティション(論理)を作成する »

2009年6月26日 (金)

余剰パーツで組んだ新自作PCでWindows7RC起動!

余剰パーツを掻き集めた自作PCWindows7RCインストールが完了です。
新PCの名前は未だない。数えで6台目、自作で4台目... (~ヘ~;)ウーン ...4台目の4と、7RCの7を採って自作セブンティフォー(74)機フォティセブン(47)なんて... ア!(* ̄○ ̄)( ̄о ̄*)ホ!!か。


新自作PCの構成
OS : Windows7 RC
CPU : PentiumD 820
Cool : Scythe Freezer 7
RAM : CFD W2U800CQ-1GLZ(1GB*2)
M/B : ASUS P5B-Deluxe (BIOS1238)
HDD : WD6400AAKS
DVD : LG GH22NS30BK
VGA : ASUS EN7600GS Silent/HTD 256MB
Power Supply : EVER GREEN LW6400H-4 SILENT KING-4


さっきまで畳の上にあった新PCですが、無理やり机の上に載せました。
090626_0


既出のネタだが、インストール時間は30分弱。
そして、すべてのドライバーが自動的に入るのは便利。ドライバを別途用意する必要が無い。Vista知らずのXPユーザーでも簡単に導入が出来る。
090626_1


気掛かりだったGeForce7600GSでのAeroですが、余裕で大丈夫です(画像でGlass Aeroが有効なのが解る)。
メモリ使用量は、起動直後のアイドル状態で約600MB。
(w_-; ウゥ・・やっぱり最低でも1GBは必要ですヨ。
090626_2



Windowsエクスペリエンスは、4.5/5.5/4.6/4.7/5.9の結果。
参号機(Quad)のeSATAのスコアと比べても妥当な結果でしょうw。
モニタリングソフトの定番GPU-Z(ver0.3.4)・CPU-Z(ver1.51)・SpeedFan(ver4.38)、何れも各バージョンでWindows7に対応しています。
090626_3
*クリックで拡大表示できます。


Aeroの極めつけWindowsフリップ 3Dを初めて体感した。
動画を再生しながら3D化が出来るじゃん。
フリップ 3Dを体感せずにAeroは語れませんネ...つうか、やり方を知らなかったのだ ~(=^‥^A アセアセ・・・
090626_4

*クリックで拡大表示できます。


さて、フト感じたのですが...PentiumDって、こんなにキビキビしてましたっけ?
滅茶苦茶Windows7が快適に動くんですよネ。
メモリ・M/B・HDDが変わっただけで、こんなに体感速度があがるもんだとは...マダマダ捨てたもんじゃないネ。

余剰パーツの逆襲だ---ぁ!


ポチっと↓当blogの応援を御願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
.
.

|

« PentiumD820復活!でも...CPU温度105℃って何!? | トップページ | Windows7で自由に拡張パーティション(論理)を作成する »

自作PC四号機」カテゴリの記事

PC自作日記」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/30284583

この記事へのトラックバック一覧です: 余剰パーツで組んだ新自作PCでWindows7RC起動!:

« PentiumD820復活!でも...CPU温度105℃って何!? | トップページ | Windows7で自由に拡張パーティション(論理)を作成する »