« Windows 7発売初日!開店早々購入して来た | トップページ | DNSリゾルバ・キャッシュのフラッシュ(削除)を試行◆Windows 7 RC編 »

2009年10月23日 (金)

DNS-Client、イベントID:1014の警告が解決出来ず◆Windows 7 RC編

Windows 7が発売されたのにRC版の話で申し訳ありません...と前置きします。
RC版で最後まで意味不明だったログ=警告 DNS-Client、イベントID:1014。単にオイラがア!(* ̄○ ̄)( ̄о ̄*)ホ!!で理解出来ないだけだろうか(爆)
で、警告の内容は以下の通りです...

ログの名前:System
ソース:Microsoft-Windows-DNS-Client
イベントID:1014
タスクのカテゴリ:なし
レベル:警告
説明:
名前△△△△△の名前解決は、構成されたどのDNSサーバーからも応答がなく、タイムアウトしました。
*△(ドメイン) の部分はログ毎に異なる。

ログの時間からしてネットサーフィン中の警告みたい(WEB表示に問題は感じられなかったけど)。
ググって見付けたのがWindows 7 Forumsのスレッド
⇒ DNS Client Event 1014 mp3downloadsnow.org (翻訳タイトル;DNSクライアントのイベント1014) http://www.sevenforums.com/general-discussion/13661-dns-client-event-1014-mp3downloadsnow-org.html

DNSが如何やら侯やらってある。難しい薀蓄は苦手だからMicrosoftのサポートにお任せっす。
⇒ Windows XPおよびWindows Server 2003 でクライアント側のDNSキャッシュを無効にする方法  http://support.microsoft.com/kb/318803/ja

(引用)Windowsにはクライアント側のDNS (ドメインネームシステム) キャッシュ機能があって、DNSサーバーへの照会する前に必ずキャッシュを確認します。DNSリソースレコードがキャッシュ内に存在すると、リゾルバはサーバーに照会せずに、そのキャッシュのレコードを使用します。この動作により、照会は迅速に処理され、DNSクエリのしくみによるネットワークトラフィックも減少します。(引用)

(* ̄- ̄)ふ~ん 例えれば、IEの一時ファイル=Temporary Internet Filesの兄弟従兄弟親戚みたいな物ですかネって猿知恵(=管理人)は解釈。で、このキャッシュが...うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞっす。

Windowsサービスを停止し過ぎ?って思ったけど、デフォルトな状態(参号機eSATAのWindows 7)でもログが残る。
ましてDNS Clientサービスの起動/無効に関わらず警告が残りますネ。

Kasperskyのスキャンでは問題無い。
まぁ使用に関しても問題ないし(無かったが正しいか)、頻繁に残る警告でも無い。気にしないのがEのかなぁ...orz

関連記事
・DNSリゾルバ・キャッシュのフラッシュ(削除)を試行◆Windows 7 RC編
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/dnswindows-7-rc.html

down


down

down

flair解決できました! 詳細は >>こちら<<

|

« Windows 7発売初日!開店早々購入して来た | トップページ | DNSリゾルバ・キャッシュのフラッシュ(削除)を試行◆Windows 7 RC編 »

不具合/エラー」カテゴリの記事

Windows 7」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/31906453

この記事へのトラックバック一覧です: DNS-Client、イベントID:1014の警告が解決出来ず◆Windows 7 RC編:

« Windows 7発売初日!開店早々購入して来た | トップページ | DNSリゾルバ・キャッシュのフラッシュ(削除)を試行◆Windows 7 RC編 »