« オレオレ証明書を削除する!Daemon Toolsの残骸を徹底的に削除 | トップページ | 殿方も学ぶべし?ワコールの「女性が若い時の体型を維持するための秘訣」 »

2010年4月15日 (木)

dmdiag.exeでディスクボリューム構成の詳細を表示する◆Windows Resource Kit

SPTD(Daemon Tooles)の相性で記録された 警告 Disk ID:51
このログに示されたエラーアドレス \Device\Harddisk0\D ですが、本当に起動HDD(Dパーティション)なのか?って疑問形。何故、疑問に思ったのかって言うと、こんな記事を見付けたからです...

.
.
.

まず...



警告 Disk ID:51
説明:ページング操作中にデバイス \Device\Harddisk0\D 上でエラーが検出されました。




猿知恵は、あの手この手の検索ワードで調べる悪い癖がある。
今回もログの内容を頼りに様々な検索ワードを駆使して検索してみた。



その結果...



Onji's Archive」様の「イベントID:51」。
管理人様曰く「Disk 警告 ID:51で表示されるエラーアドレスは鵜呑みに出来ない」だと。



当方に当て嵌めてみる。
\Harddisk0\D  ⇒ Dドライブがある起動HDDと解釈するが、\Harddisk0が本当に起動HDDなのか?って話なんです。Explorer(ディスクの管理)で示すディスク情報とエラーログで示すディスク情報が異なる場合があるらしいのです。



ディスク詳細情報を確認するには、Windows Resource Kitのdmdiag.exeを使えば出来るんだって。
「Onji's Archive」様の管理人様には (人-)謝謝(-人)謝謝です。



dmdiag.exeとは】
Windows Resource Kitに含まれるディスク管理の診断プログラムの事。
ダウンロードは以下のURLで可能。
http://download.microsoft.com/download/win2000platform/webpacks/1.00.0.1/nt5/en-us/dmdiag.exe




dmdiag.exeインストール画面

100415_1

dmdiag.exeの使い方
コマンドプロンプトで dedmdiag -v(オプション付) を実行するだけ。

100415_2

当方の場合、\Device\Harddisk0\D は起動HDDのDパーティションで間違いないようですネ。




関連記事
参号機起動せず!Diskエラーと警告、atapiエラーって何?


.

|

« オレオレ証明書を削除する!Daemon Toolsの残骸を徹底的に削除 | トップページ | 殿方も学ぶべし?ワコールの「女性が若い時の体型を維持するための秘訣」 »

アプリケーション」カテゴリの記事

不具合/エラー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/34234866

この記事へのトラックバック一覧です: dmdiag.exeでディスクボリューム構成の詳細を表示する◆Windows Resource Kit:

« オレオレ証明書を削除する!Daemon Toolsの残骸を徹底的に削除 | トップページ | 殿方も学ぶべし?ワコールの「女性が若い時の体型を維持するための秘訣」 »

自作TWITTER


  • 1時間ごとに管理人がつぶやきますが何か?


    .


    .

    にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ

    ↑↑↑
    他の自作PC情報はコチラ

PC LINE UP


  • <SSD投下!>


    <スマートフォン>


    <初のAMDで自作PC>



    【CPU】Phenom II X6 1090T Black Edition BOX
    【M/B】GA-880GA-UD3H Rev.2.0
    【RAM】CFD ELIXIR W3U1600HQ_12GB
    【SSD01】Crucial m4 CT064M4SSD2
    【SSD02】Intel 330 SSDSC2CT060A3K5
    【VGA】SAPPHIRE HD5830 1G
    【Case】TEMPEST
    【PSU】Seasonic SS-600HM
    【OS】Windows 7 Home 64bit


    <初のSandy Bridge>

    【CPU】Core i3 2130
    【M/B】MSI Z68A-GD55
    【VGA】
    【Case】ANTEC DF-10
    【PSU】Seasonic SS550HT
    【OS】Windows 7 Home 32bit

    <LGA775艦隊>

    【壱号機】


    【CPU】Pentium Dual-Core E6500 @3.7GHz
    【M/B】G31M-ES2L REV1.0
    【VGA】GF9800GT OC版(GV-N98TOC-512H)+雪原(SCVSG-1000)
    【Case】SCY-628-BK改 AB仕様
    【PSU】GIGABYTE PoweRock 500W (GE-N500A-C2)
    【OS】Windows XP Home SP3

    【四号機】

    【CPU】Core 2 Quad Q8400 @3.2GHz
    【CPU_Cooler】CoolIT Systems ECO-R120
    【M/B】G31M-ES2L REV2.0
    【RAM】CFD W2U800CQ-2GL5 4GB
    【RAM_Cooler】ZALMAN ZM-RC1000-BL
    【VGA】MSI R5770 Hawk (HD 5770)
    【Case】SCY-0311FE-BK
    【PSU】Seasonic GBronze S12II 520W
    【OS】Windows 7 Home 32bit

    <鯖(サーバー)>

    NEC VALUESTAR PC-VL5505D

    NEC VALUESTAR PC-VL5505D
    【CPU】Pentium4 2.40BGHz交換
    12cmFAN増設HDD交換
    【OS】Windows XP Home SP3

    メインサーバー
    XPで作ったLAN内サーバー

    【CPU】Intel Atom D510
    【M/B】GIGABYTE/GA-D510UD
    【RAM】CORSAIR TWIN2X2048-6400 2GB
    【Case】Windy MC3 XHB
    【PSU】ENERMAX ECO80+ II EES400AWT II
    【OS】Windows XP Home SP3

    子供の記録用サーバー
    XPの第2LAN内サーバー

    【CPU】Core 2 Quad Q9450
    【Cool】 CNPS9700NT
    【M/B】ASUS P5G41T-MLX
    【RAM】UMAX Cetus DCDDR3-4GB-1333
    【Case】ANTEC ONEHUNDRED AB
    【PSU】
    【OS】Windows XP Home SP3

    <ネットブック>

    【六号機】Aspire one D260

    【CPU】Intel Atom N455 1.66GHz
    【RAM】DDR3 2GBに増設
    【OS】Windows 7 Starter