« 電源ユニット交換!「GBronze S12II SS-520GB」80 PLUS(Bronze)は伊達じゃない | トップページ | 現実逃避行~男親の親馬鹿な心境~ »

2010年7月31日 (土)

水冷CPUクーラー投下!「The ECO Advanced Liquid Cooling (ECO-R120)」~デフォルト編~

σ(^_^)アタシ とうとう「お水」に染まりました。
とは言っても、脱サラで水商売始めた訳ではありません(爆)
LGA775最終決戦(勝手に命名)の最終兵器にメンテナンスフリー水冷CPUクーラーを衝動的に捕獲。
CoolIT SystemsのThe ECO Advanced Liquid Cooling(ECO-R120)で、猿知恵(=管理人)艦隊にとって初の水冷式導入となるwww

.


捕獲は地元の「OAナガシマ」。
偵察日の日替わり特価品で購入価格は¥6.980円。
類似品の「コルセアHydro Series H50(CWCH50)」が未だ1万円近い価格故に、目玉価格のECO-R120を思わず籠に入れてしまった。リッチ!って思われるが、当分は握り飯と水筒持参の弁当ですので御心配なく(爆)

.


CoolIT Systems The ECO Advanced Liquid Cooling (ECO-R120)
【対応ソケット】 Intel : 775 / 1156 / 1366、AMD : AM2 / AM3
【外形寸法】 ラジエター:155 x 120 x 25mm、ポンプ:60 x 48 x30mm





シンプルな化粧箱

100731_1

内容はこんな感じ
ECO-R120本体、Intel用バックプレート x3、AMD用ブラケット

100731_2

ホースは硬い
事前の情報通り、ポンプを持ち上げるほどホースは硬いが問題なさそう。

100731_3

.




取り付け開始!(Intelの場合) up

.




・ネジをソケットに合わせる
ウォーターブロックの四隅にあるネジをM/Bの形状に合わせる。

100731_4

(裏面から見て)ネジ部分を引っ張り上げてズラすだけ。

100731_5

・バックプレートの取り付け
775 / 1156 / 1366用のバックプレートが各1枚づづ添付。M/Bに合わせ取り付けます。

100731_6

danger チョッと猿知恵
4本のネジの太さが違う?との情報もあった。事前にバックプレートとの相性を確認した方がE。尚、当機は旧CPUクーラー ASUS Silent Knight ALのバックプレートが装着済み。試しに其のままECO-R120を取り付けたら...付いちゃった。逆にSilent KnightのブラケットもECO-R120のバックプレートに付いた。よって、今回はこのまま逝きますw つまり、M/Bの取り外しは回避 (o^∇^o)ノ

100731_7

・ウォーターブロックの取り付け
既にグリスは添付済みだが、念の為に(CPU側にも)AS-05を薄く塗ってみた。ネジは押付け回して止める。今回は、手回しドライバで軽く留めただけ。ネジが回らなくなるまで留める必要は無いと思う。グラ付も滑りもない。価格.com情報だと、電動ドリルで絞めてネジ穴が馬鹿になったとある!(経験上有り得ないが注意)

100731_8

・ラジエターの取り付け
先ずはデフォルトで取り付けてみた。ケース背面に12cmFANが取り付け出来れば、要領は同じでムズくない。

danger チョッと猿知恵
排気で冷却する場合、上記と逆でラジエターをケース背面に取り付ける。その際は155 x 120 mmの平坦な面が必要。更にラジエター下部のホースと側面FANが若干ながら干渉する。これは、側面FANの角を5mm削れば解消できそう。

100731_9

・各ケーブルの配線と結線
ウォーターブロック(ポンプ)のケーブルは「小3ピン」で長さは15cm。純正FANのケーブルは「小4ピン」(PWM対応)。背面からCPU_FANコネクタまでは十分な長さがある。・取り付け完了(デフォルト)
FANのケーブルはM/BのCPU_FAN(PWM)、ポンプのケーブルは大4ピンに変換ケーブルで結線。

.



ECO-R120冷却性能
計測時の室温:エアコン空調25℃。

.



・空冷クーラー Silent Knight AL(PWM制御ON)
Core温度:42-36-35-34

100731_10

問題ないパーツ温度ですけどネ... coldsweats01

.


水冷クーラー ECO-R120(PWM制御OFF)
Core温度:38-33-33ー32

100731_11

.



(w_-; ウゥ・・確かに空冷より冷える。
ですが純正FAN全開Max1900rpmは五月蝿い。 PWM制御ON(800rpm)なら静音だが、冷却性は空冷と同等か若干劣るorz データは載せる気もないけどsweat01


逆にラジエターに吹き付ける様にFANを置き換えた。
PWM制御ONの静音で空冷同等(以下じゃない)の冷却性。但し、劇的な冷却性は得られず、これまたデータは載せる気もないっす。。


ココまで読んで頂くと「水冷は冷えないのか?」って誤解を招きそう。。
でも、ショップの店員曰く「ダブルFANでサンドウィッチ冷却を御奨め」との事で、CWCH50でも共通するそうです。

.


ならば、とっととやるべぇ!

.


四号機スペック
【OS】 Windows 7 Home Premium 32bit
【CPU】 Core 2 Quad Q8400 (OC@3.2GHz)
【Cool】 CoolIT Systems The ECO Advanced Liquid Cooling (ECO-R120)
【RAM】 CFD W2U800CQ-2GL5 4GB (2GB*2)
【M/B】 GIGABYTE G31M-ES2L REV2.0 BIOS:FG
【VGA】 MSI R5770 Hawk (HD 5770)
【ATI Catalyst】 10.5
【HDD】 Western Digital WD6400AAKS (640GB)
【Power Supply】 Seasonic GBronze S12II (520W)
【Chassis】 SCY-0311FE-BK





サンドウィッチFANでの記事は >>こちら<<

|

« 電源ユニット交換!「GBronze S12II SS-520GB」80 PLUS(Bronze)は伊達じゃない | トップページ | 現実逃避行~男親の親馬鹿な心境~ »

自作PC四号機」カテゴリの記事

冷却化(エアフロー)」カテゴリの記事

コメント

チップセット回りの冷却はスポットクーラーですかな?
結構チップセットが熱くなるのでそのへんが気になりました

投稿: | 2010年8月 3日 (火) 00時41分

名無し様へコメント有難う御座います。

>冷却はスポットクーラーですかな?
其の通り、類似品ですが8cmFANでの冷却です。
但し、メモリ>NBって配分なんですが、確かにNB温度がキニナル。怖くて計測しないのが本音かも(爆)
今後の改良項目筆頭にさせて頂きます。

投稿: 管理人 | 2010年8月 3日 (火) 08時43分

こんばんは。

CPU温度メッチャ低いですね。
水冷化のメリットが良い方向で出ていますね。

私もLGA775で水冷PCやっています。

また遊びに来ますね~。

投稿: いなっち | 2010年8月 4日 (水) 23時07分

いなっち様コメント有難う御座います。

( ̄へ ̄|||) ウーム チョッと高目かな?って思ってました。
へっぽこ格安ケース故に妥当かな...なんて。

でも、サンドイッチFANはアリっす。
相対する静音と冷却が構築できます!近々データをUPします。

( ̄_J ̄)ん?いなっち さん...
kakuさん繋がりだぁあああああ!今後共4649ですw

投稿: 管理人 | 2010年8月 5日 (木) 11時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/35966664

この記事へのトラックバック一覧です: 水冷CPUクーラー投下!「The ECO Advanced Liquid Cooling (ECO-R120)」~デフォルト編~:

« 電源ユニット交換!「GBronze S12II SS-520GB」80 PLUS(Bronze)は伊達じゃない | トップページ | 現実逃避行~男親の親馬鹿な心境~ »