« NB(ノースブリッジ)+メモリの冷却にArmadaII RCL-201を投下! | トップページ | 簡易編集モードの有効でコピー&ペーストができる!コマンドプロンプト編 »

2010年10月20日 (水)

無念、人生初のBSOD!加齢には勝てないのか?~男親の親馬鹿な心境~

小生、初めて仕事に穴を空けました。
社会に出て30年。この間「働かざる者、喰うべからず」「病は気から」の精神論の基、無遅刻無欠勤でキバッてきた。
富も無く学も無い馬鹿親な私。唯一の武器は「己の肉体」のみ。
ところが、精神論優先でシバキあげた肉体が遂にBSODを吐いてしまったのですorz

事の始まりは先週末の休日。
仮眠から目が覚め体の異変に気付いた。
「立てない!」立とうとしても腰に激痛が走り悶絶。動く事ができないのです。
私の場合、調子が悪くなるのは決まって休日。廻りが意図も簡単にリタイヤする中、出勤日は気張ってしまうのかも知れないネ。
でも、出勤日には必ず回復したし今回も其のつもりでした...でも甘かった。
湿布をしてもコルセットをはめても激痛は治まらない。待てど暮らせど「立てない!」のです。立てないからには這って動くしかない。



ρ( ̄∇ ̄o) コレまさに楳図かずおの世界。

101019_1

週明けの月曜日。
この日の夜には出勤しなければならない。されど激痛は治まらず。
這いながら総合病院の整形外科を受診。医師の視診、レントゲンでもヘルニアの疑いは無い。単に「過度の疲労からくる筋肉痛」との事。
ぶっちゃけ「ぎっくり腰のBig Bangだよ」なんて、笑わせるんじゃねぇヤブ医者め!
鎮痛剤と消炎剤を処方され暫く様子見って事に。症状が緩和されない場合は精密検査だと言う。
帰り際、座薬の鎮痛剤を看護婦が入れてくれた。
好みのタイプlovelyだけに立てない!けれど立てた(何処が?)否、めっさ屈辱でしたorz



愈々出勤時間。
薬の効能か立つことは出来た。でも激痛は治まらず。
幾ら精神論を唱えても肉体はSTOPコードを吐き続ける。これじゃ車の運転は危険。否、自殺行為だ。
苦渋の末、人生初めて「有休」のカードを選択した。
己の精神論がまるでガラス細工の様に崩れ落ちた瞬間でもある。





無念ですorz








同僚に「鉄人」の異名を持つ先輩が居る。
長年に渡り苦難を共に戦ってきた同士でもある。丈は150cmと小柄だが腕力だけは負け知らずだ。私と同じ精神論で無遅刻無欠勤。
そんな先輩を突然襲ったのが「肉体のBSOD」。
普段と同じ荷物を持っただけ。片手でも持てる重さなのに鉄人の「鉄の腕」は悲鳴をあげたのです。
診断結果は「上腕筋断裂」だと言う。そんな先輩がポツリ




歳には勝てないか...




師匠と仰ぐ先輩の言葉にショックを隠せないorz



此処で猿知恵の雑学。
俗に言う「四十肩」「五十肩」って、肩?の筋が切れる事だそうです。
時間の経過で自然治癒はするが、リハビリしないと元通りの機能は発揮できないらしい。
悪いけどアタシσ(゜-^*) 両肩とも全開で上がりますwww





で、σ(^_^)アタシは?と言うと。
一日休んだだけで昨日は出勤しました。
私一人休んだだけでテンヤワンヤだったそうで(何故?)
痛み止めを2本打ち(合法的な薬ですw)、コルセットでガチガチの完全防御。
念の為に杖は手放せませんけどネ(爆)



傍から見ればρ( ̄∇ ̄o) コレ

101019_2

もう一日休めないの?と心配そうに見送る息子。





「あっちが痛てぇ、

こっちが痛てぇで休んでちゃ

喰ってけねぇんだ!」






でも、|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ痛いっす(内緒だよ)



息子よ案ずるな。
肉体がBSODならば精神論を限界LOVERSで昇圧するだけだ。





「お前が高校を卒業するまで、

其れまでは

這いずってでも戦い抜く!」






そう心で叫んだ親馬鹿であります。

|

« NB(ノースブリッジ)+メモリの冷却にArmadaII RCL-201を投下! | トップページ | 簡易編集モードの有効でコピー&ペーストができる!コマンドプロンプト編 »

馬鹿親/親馬鹿」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

crazy-manさんは、おそらく、責任感が強くて頑張るタイプだと思います。

我が子に、簡単に根をあげるような根性ナシになってほしくないから、
痛くても「こんなの、どうってことねぇsign01」ってなるんでしょ?

腰が痛いimpactのは、とてつもなくツライらしいですね。
自分はなんともないので、本当の苦しみがわからず申し訳ないですbearing

今回の件で、周りの人たちも、crazy-manさんに当たり前のようにして
もらってたことが、どれだけありがたかったか、実感したことと思いますsign01
そして、たまに甘える方に回ったらどうでしょうか~wink

投稿: うたちゃん | 2010年10月20日 (水) 13時20分

うたちゃんへ

今、息子の三者面談に行って来ました。
これからまた少し仮眠します ヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ~~♪

言われた事しか出来ない。其れしかやらない平成時代の世相。
其れを尻目に納得の行くまでキバっちゃうんですよ。昭和世代の宿命ですかネcoldsweats01

>たまに甘える方に回ったらどうでしょうか~
有難う御座います。
早速、お言葉に甘えさせて頂きますwww

うたこしゃ~んlovelyheart04(サンジ風に)

投稿: 管理人 | 2010年10月20日 (水) 15時55分

こんばんはー☆

うーむ、「男」ですね( ̄◇ ̄;)!!

ウチはへなちょこなので、ちょっと体調悪かったら休むかもしれませんww
(というか休出分の代休を本当は取らなくてはならないので・・)

いままで酷使していたのであれば、「ペースを落とす」時期かも知れませんよ~^^;
ご自愛ください☆

投稿: kaku | 2010年10月20日 (水) 19時02分

おお、それは大変でしたね(;´Д`)
私の母も似たような事がありましたよ。

数年前、母が勤めていた会社が人手に渡ることになり、それを機に母は退職を決めていました。その前から時々ひざの痛みを訴えていたのですが、退職する当日に最後の仕事を終えたとたん、激痛で一歩も動くことが出来なくなってしまったのです。私が車で迎えに行って病院へ直行しましたが、骨などに異常はなく単なる関節炎とのことでした。
普通の人ならとっくに音を上げていたはずなのに、crazy-manさんみたいに精神論で無理をしたせいでしょう。私もどっちかというとそのタイプだと思うのですが、やはり家族のことを考えたら、無理はいけませんね。這いつくばって生活している母を見るのは、ホントに辛かったです(ノ_σ)
crazy-manさんのお気持ちもわかりますが、ギリギリまでがまんしないで、もう少し早く身体を休ませてあげたほうがいいと思いますよ。
結局、母は一週間ほど安静にしていましたが、いまでは自転車で走り回っています(^―^)

あ、母も座薬を入れられたみたいですよ( ´艸`)
私だったら、お願いだから自分で入れさせて、と懇願すると思いますけど。

お大事に♪

投稿: つむぎ | 2010年10月21日 (木) 01時47分

kakuさんへ

日頃の激務ご苦労様です。

>ちょっと体調悪かったら休むかもしれませんw
休むべきです!!!
でも、有休が有っても無いのと同じ。うち、と同じ環境と察します。
経営者側からすれば少数精鋭でしょうが、現場からすれば余剰人員(代務)が欲しいのが現状ですよネ。

会議室で修理してるんじゃねぇんだ!ってkakuさんの叫びが、日々の記事からも感じ取れます。

>ご自愛ください☆
kakuさんこそ無理を為さらずに。

有難う御座います。

投稿: 管理人 | 2010年10月21日 (木) 11時43分

つむぎさんへ

...と、言う訳よ我が愛弟子よlovely

さて、母君様には同情致します。
団塊の世代か私と同じ其の申し子かと察します。
この世代って、キバっちゃうんですよネ。
決して他人(特に子供には)に弱音を見せない。無理を承知で如何にかしちゃうのもこの世代。
でも母君は立派ですよ。つむぎさんの前では弱音を見せなかったんですから。
σ(^^) わ・た・し? 駄目orz
小僧の前で這いずってましたからネ(爆)

>もう少し早く身体を休ませてあげたほうがいいと思いますよ。

熱が1℃でたからって大騒ぎする平成世代。
鍛え方が違うんだ!ってつい...orz

>私だったら、お願いだから自分で入れさせて
私、24時間365日待機で代役しますwww
ρ( ̄∇ ̄o) コレ 幾ら治療とは言えめっさ屈辱です。

お見舞い有難う御座いましたheart02
コレでエネルギー250%で逝かせて頂きますw

投稿: 管理人 | 2010年10月21日 (木) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/37312621

この記事へのトラックバック一覧です: 無念、人生初のBSOD!加齢には勝てないのか?~男親の親馬鹿な心境~:

« NB(ノースブリッジ)+メモリの冷却にArmadaII RCL-201を投下! | トップページ | 簡易編集モードの有効でコピー&ペーストができる!コマンドプロンプト編 »