« 忘れてた!o( _ _ )o | トップページ | TVアンテナとケーブル配線の交換/我が家の地デジ化計画1 »

2011年6月 2日 (木)

「海抜を調べる方法」を身近に発見!(静岡市清水区編)

以前に書いた記事「海抜」ネタの補足。
海抜を調べる方法を近所で発見しました。でも、コレって静岡市限定なのかなぁ...

.


2010.03.16付で書いた「ココは海抜何メートルだ?(海抜を調べる)」。
連日多大なアクセスを頂いております (^人^)感謝♪
URL: http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-1f5b.html



検索ワードによれば「清水区 海抜」「静岡市 海抜」「海抜を調べる 国土地理院」「海抜 調べ方」の解析結果。静岡市民(静岡県民)若しくは関係者様からのアクセスと察します。今日来るかも知れない!と言われる東海沖大地震を抱える静岡市民(静岡県民)にとって、東日本大震災の「津波被害」は「対岸の火事ではない」と言う認識ですよ。



さて、前回紹介した「海抜を調べる方法」は二件。
・国土地理院「地図閲覧サービス(ウォッちず)」 http://watchizu.gsi.go.jp/
・「mapion」 http://www.mapion.co.jp/



ところが、両者の海抜表示に誤差を発見しました(前記事に追記済み)。
なんと「mapion」が表示する海抜は国土地理院「地図閲覧サービス(ウォッちず)」による等高線解析より低い箇所があるのです。あくまで自宅付近の海抜を目安ですけどネ (^^;;



うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ 国土地理院情報を信じるべきか。
そんな折、近所で見付けました!





.

110602_1

標高8.96mと刻まれた石碑。
平成15年10月23日測地成果2000に基づく観測結果だと書かれています。

110602_2

.





公的機関の敷地内に立てられた石碑ゆえにΣ(='□'=)嘘は書けないだろう。コレなら国土地理院の情報と一致します。





そんな訳で、海抜が気になる方は散歩がてら近所を探索しては如何か。
公的機関や広域避難場所がポイント。経験から言えば、電信柱にある地番表示と一緒に海抜が掲示されてた時期もあった記憶。この辺りもチェックポイントかも。









But!
東日本大震災の「津波被害」は内陸数キロまで及んでいるよネ。
居住区の海抜も気になるが、海岸線からの距離も考慮すべき。避難するのは、海抜の高い方角であり、鉄筋建て4階以上の建物を目安にする...かな。

相手は自然だ。侮ってはいけません ...A=´、`=)ゞ

|

« 忘れてた!o( _ _ )o | トップページ | TVアンテナとケーブル配線の交換/我が家の地デジ化計画1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。『ぴけ』と申します。
私も清水区在住です。
『ダえもんtool』と『海抜』関係からこちらを閲覧させていただく様になりました。
いつも耳寄りな情報を提供していただきとても感謝しております。
先日はこちらで紹介された『ELECOM パソコン切替器 キーボード・マウス用 手元スイッチ』を購入し、
すこぶる快適ライフを満喫させていただいております。

私は海抜はマピオンを参考にしていたので、
今回の記事を拝見し、さらに生存率が下がりましたw
(バイパスの側の巴川の側で、わかりますかねw)

まぁ2012年説もまんざらじゃなくなってきた感じもしますので、
毎日を無駄なく過ごせればいいかなと思っております。

これからも記事を楽しみにしております。
駄文、失礼致しました。

投稿: ぴけ | 2011年6月 2日 (木) 21時40分

ぴけ様へ

読み逃げ確信犯見付けた(爆)

さて、海岸線から数キロ内陸部とは言え「巴川流域」はチョッと不安材料ですネ。
東日本大震災では、津波が河川を逆流しています。まして、昭和の人間にとって悪名高い巴川。大谷方水路が整備されてからは水害の危険性は減った?ようですが侮れませんネ。
有事の際は、躊躇せず逃げましょう。

投稿: 管理人 | 2011年6月 4日 (土) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/40231039

この記事へのトラックバック一覧です: 「海抜を調べる方法」を身近に発見!(静岡市清水区編):

« 忘れてた!o( _ _ )o | トップページ | TVアンテナとケーブル配線の交換/我が家の地デジ化計画1 »