« BIOSが開けない?HP(Hewlett-Packard)ノートパソコン編 | トップページ | メモリを増設したノートパソコンのベンチマーク/HP Pavilion g6-1100 AU編 »

2012年6月 3日 (日)

メモリを増設・交換する方法/HP(Hewlett-Packard)ノートパソコン編

格安で捕獲したHP(Hewlett-Packard)製ノートパソコン「HP Pavilion g6-1100AU」。搭載メモリはPC3-10600(DDR3-1333) 2GB(空きスロット1)。OSは64bitなのに摩訶不思議。悪いけどメモリ増設させて頂きますが、結果的にはメモリ交換し増設する事に為ったった(笑)。

.


手始めに薀蓄のコピペから(核爆)。
ノートパソコン「HP Pavilion g6-1100AU」のメモリースロットは2で最大8GBまで増設可能。 現状、PC3-10600(DDR3-1333) 2GBが1枚刺さって居て空きスロットは1。さぁ如何するって話しだけど選択肢は以下の三択かと。

・「2GB」+『2GB』:2GBのメモリ増設 。

・「2GB」+『4GB』:4GBのメモリ増設 。
・『4GB』+『4GB』:メモリ交換+4GBメモリx2増設。

続いてノートパソコン用のメモリ価格を調べて欲しい。
あぃ、2012.05現だが団栗の背比べ的な価格じゃん。 チップセットがAMD A60M FCHで最大RAM8GBの制限があれどMAX載せたいのは人情。 今回は既存(デフォルト)の2GBメモリを交換し、4GBメモリx2=8GBに増設する。まぁ「ワンコインでも人生賭けます!」的なユーザーなら別ですけどね。

で、デュアルメモリの件。
あくまでネット上の情報と前置きして書けば、容量が合う部分までデュアルメモリで稼動。 つまり、「2GB」+『4GB』の組み合わせだと2GB+『4GB』側の『2GB』がデュアルチャンネルで稼動、『4GB』側の余った『2GB』はシングルチャンネル稼動らしい。 とは言っても、ベンチマーク的な話しであって、実際の操作で体感できるか否かは微妙でしょう。

.


さて、本題。
メモリ増設交換する方法/HP(Hewlett-Packard)ノートパソコンでRる。

1.バッテリーを外す。
本体を裏返しにしてバッテリーを外すのはセオリーかと。

120603_01

2.ネジは二箇所。
裏蓋のネジですよ。見れば解るし、特筆は不要だよね。

120603_02

3.裏蓋には爪が二箇所にあり。
ネジを緩めても蓋がパカって開く事はない。左側と下方に三箇所づつ、計6個の爪を意識し右上に引き上げる様な感じで外れる。

120603_03

4.裏蓋が外れた。
ρ( ̄∇ ̄o) コレから先は説明不要だろうwww

120603_04

5.メモリストッパー。
メモリ左右にある固定しているストッパーらしき物。広げれば解除できる。

120603_05

120603_06

120603_07

6.新メモリなう。
既存の2GBメモリを交換し、4GB+4GB=8GBに増設します。

120603_08

7.空きスロット2(笑)。
ココからは逆の工程を辿るだけです。特筆は不要だよね。

120603_09

120603_10

.



ノートパソコンメモリ増設交換が終了なう。
ネットブックより超ぉおおおおお簡単だったわ。ココまでの説明で悩むユーザーは挙手...あっそうwww(放置プレイで4649)。

.


動作確認なう。
バッテリを装着し、必要ならACアダプターも接続(割愛事項だが、1から10迄書かないと昨今のユーザーから苦情が入るw)。


<BIOS画面>
認識できるか?を確認してみよう。増設・交換したメモリをBIOSが認識していればOKだ。HP(Hewlett-Packard)ノートパソコンのBIOS起動方法は こちら

120603_11

.


<Windows画面>
BIOSでの認識を確認したらWindowsを起動してみよう。無事に起動できれば問題ない筈。


・システムのプロパティ

120603_12

・タスクマネージャ

120603_13

.




=( ・_・;)⇒ アレ?500MB足らない。
そうなんですよ...(笑)。MAX8GB RAMの内から500MBが足らない。案ずるな!実はρ( ̄∇ ̄o) コレ=VRAM。ビデオメモリへ強制的に500MB捕られるからですね。



何はともあれだ。
64bitのOSはRAM4GB以上、MBが許す限りのRAMに増設・交換すべしです キリッ。

|

« BIOSが開けない?HP(Hewlett-Packard)ノートパソコン編 | トップページ | メモリを増設したノートパソコンのベンチマーク/HP Pavilion g6-1100 AU編 »

Windows 7」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ありがとう メモリー交換できました
レバーを横に広げるのが 分からなかったです

投稿: コバ | 2012年7月16日 (月) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/45515435

この記事へのトラックバック一覧です: メモリを増設・交換する方法/HP(Hewlett-Packard)ノートパソコン編:

« BIOSが開けない?HP(Hewlett-Packard)ノートパソコン編 | トップページ | メモリを増設したノートパソコンのベンチマーク/HP Pavilion g6-1100 AU編 »