« 孫を盗撮って何で?親馬鹿ゆえに苦労します(;^_^A | トップページ | PCモニター兼、地デジテレビ「LG FLATRON M2380D-PM」投下なう。 »

2012年9月 8日 (土)

H.264のレンダリング(エンコード)時間/ハードウェアアクセラレーションの有効と無効

動画編集用母艦(Phenom II X6 1090T)に於いてH.264エンコードを試してみた。地デジPCで録画したMPEG2-TS(AACS解除済み)をCorel VideoStudio Pro X5(試行時は体験版)を使い、リサイズせずにH.264へエンコード。この時、ハードウェアアクセラレーションの有効と無効とではドチラが効果的なのか否か。

.


<m2tsの編集/統合するPCのスペック>

【CPU】 Phenom II X6 1090T Black Edition BOX
【RAM】 Patriot AMD Memory Performance Edition (4GBx2)
【VGA】 SAPPHIRE HD5830 1G
【OS】 Windows 7 Home Premium 64bit




<m2tsの編集/統合するアプリケーション>

・m2tsファイルの編集と統合にCorel VideoStudio Pro X5投下!
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/m2tscorel-video.html




<CPRM解除/AACS解除の関連記事>

・地デジ録画番組を見る為にCPRM解除!CPRM Decrypter投下で試みる。
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/cprmcprm-decryp.html

・BDAV BackupGUI BetaのHost has been revokedを攻落!地デジBDAVを完全リッピング/AACS解除編04
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/bdav-backupgu-1.html

・V1リップができない!当方の地デジBDAVのリッピングはV3Rip確定/AACS解除編05
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/v1bdavv3ripaacs.html




<m2tsのレンダリング(エンコード)時間/ハードウェアアクセラレーションの有効と無効>

m2tsでの試行結果はハードウェアアクセラレーションの有効で16分、無効で18分だった。詳細は こちら。http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/m2ts-0807.html

.


ρ( ̄∇ ̄o) ココから本題。


.

素材は、地デジ番組(録画時間60分/解像度1440x1080)からAACS解除したm2ts。 これをVideoStudio Pro X5を使いCMカット編集を施し約46分の本編に統合させる。エンコードH.264で解像度は素材(1440x1080)と同じ。 この設定に於けるレンダリング(エンコード)時間がハードウェアアクセラレーションの有効と無効でドレだけ違うかを検証。其の結果は以下の通り。

1440x1080 MPEG2 16:9 625line 29.97fps 24000.00kb/s
CBR 0112 AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LC 144.00kb/s 192Pct
[MPEG2-TS] 00:00:00.000 (0.000sec) / 5,920,870,848Bytes

120908_01

.



【ハードウェアアクセラレーションの無効】

エンコード時のCPU使用率は『すべてのコアが全開フル稼働って感じ』。注目なのは「ハードウェアアクセラレーション無効」でH.264のレンダリング(エンコード)をすると元ファイルより容量が増えると言う摩訶不思議な結果。

・レンダリング(エンコード)時のCPU使用率:常に75%~85%で推移。
・所要時間:約35分程度。

(真空波動研Lite 120101)
1440x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 Unknown(14) 29.97fps 0f 18000.00kb/s 1100 Dolby AC-3 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) CM 384.00kb/s 192Pct [MPEG2-TS] 00:46:32.656 (2792.656sec) / 6,207,541,248Bytes



解析結果『AVC/H.264 High@4 Unknown(14) 』って何だろう。

120908_02

.



【ハードウェアアクセラレーションの有効】

エンコード時のCPU使用率は『数個のコアが時々全開フル稼働するかも?って感じ』。「ハードウェアアクセラレーション有効」でH.264のレンダリング(エンコード)すると容量は素材の半分に抑えられます。

・レンダリング(エンコード)時のCPU使用率:10%~30%で推移。
・所要時間:約31分程度。

(真空波動研Lite 120101)
1440x1080 8Bit AVC/H.264 High@4 4:3 29.97fps 0f 17999.87kb/s 1100 Dolby AC-3 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) CM 384.00kb/s 192Pct [MPEG2-TS] 00:00:00.000 (0.000sec) / 2,618,363,904Bytes

120908_03

120908_04

.



うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ H.264でのエンコードで容量は半分に圧縮できますね。でも、エンコード時間は約31分。m2ts時(約16分)の倍を要する訳で微妙な選択肢。

|

« 孫を盗撮って何で?親馬鹿ゆえに苦労します(;^_^A | トップページ | PCモニター兼、地デジテレビ「LG FLATRON M2380D-PM」投下なう。 »

アプリケーション」カテゴリの記事

地デジ/自作アンテナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H.264のレンダリング(エンコード)時間/ハードウェアアクセラレーションの有効と無効:

« 孫を盗撮って何で?親馬鹿ゆえに苦労します(;^_^A | トップページ | PCモニター兼、地デジテレビ「LG FLATRON M2380D-PM」投下なう。 »