« 秋葉原駅からアキバアリーナへの行き方! | トップページ | コンセント発見!渋谷・新宿ライナー静岡69号 »

2015年10月 4日 (日)

舞台化不可能!「時をかける206号室」観劇備忘録(今出舞/ボクラ団義)

企画演劇集団 ボクラ団義 vol.16
時をかける206号室」(作・演出 久保田唱)の観劇備忘録(感想)です。終演後1ヵ月経って今さらか...とは言わないでね。やっと余韻から解け始め落ち着いて振り返られるのですよ。とりま、タイトル通り「舞台化不可能...だった筈!な舞台」が開口1番の感想。其れ以上に言う事はないだろう。蛇足だが出演した今出舞の綺麗さは半端や無かったのは確(`・ω・´)

*2015.08.19~08.30公演

151003_00

企画演劇集団 ボクラ団義
舞台 vol.16「時をかける206号室」(作・演出 久保田唱)。

http://www.bokudan.com/news/206/

あらすじ
どこともわからぬ一軒のアパート。その中のどの部屋ともわからぬ一室。不動産屋に案内された部屋の番号は206号室。 ある日、何となくの拘りでその部屋の内見に訪れた男が、同じくその部屋に拘りを持つ一人の女に出会う。誰ともわからぬその謎の女の口からその場で次々男に向けて語られるのは、同じくどことも、その部屋ともわからぬ幾つものアパートの『一室』にまつわるエピソードであった。 一室では、複雑な男女の恋愛劇が、また一室では踏み越えてはならない一線を踏み越えてしまった犯罪者とその妻が、また一室では、家族になりたかった他人たちが、それぞれの会話を織り成す。

151003_01

ボクラ団義第十六弾は、時間超越、超会話劇!!シアターグリーン BIG TREE THEATERの横にも縦にも大きなスペースを、敢えて小さく細かく会話劇!? 交錯して次々と織り成される会話、それが行われるアパートの一室。そのいずれかが206号室なのか。そもそも206号室とはどんな部屋なのか。 ちょっとした会話に、嫌というほど見え隠れする人の気持ち。それぞれの住人達の想いが、時をかけて交錯する!SFじゃないのにとあるアパートの一室が時をかける!?ボクラ団義流、新感覚の時間超越会話劇! ※決して痛快・爽快なタイムトラベルものではありません。ご注意下さい。(Official websiteより引用)

151003_03

151003_04

.




時をかける206号室(感想)
あらすじを更に要約すれば、某アパート206号室を賃貸しに訪れた男を切欠と軸に、隣接する201~205号室(実際には101~105号室)での物語がrealな時系列でオムニバス形式で進行する...っで話。予習なしで千秋楽(大楽)を観劇しました。観入れば観入る程、引き込まれるストーリー展開に上演時間2時間20分はアッという間でした。ぶっちゃけマトリックス(Matrix)だと直感。故にマトリックス(Matrix)が理解不可能な方には、舞台「時をかける206号室」の理解も不可能だったのでは...と ( ̄ー ̄; ヒヤリ。

151003_02jpg




で、「時をかける206号室」は舞台化不可能...って書いたのは、時系列が複雑過ぎたからです。各部屋の物語が同一時系列で頻繁に入れ替わる。活字の脚本では可能な描写でも如何やって実写化為らぬ舞台化するんですか!って...脚本書きながら感じた筈です。まぁ実際に舞台化しちゃったんだけどね。其れを可能にしたのが斬新な舞台セット。オオーw(*゜o゜*)w こう言う発想は想定外でした。このセットのお陰で見事に最大4個の空間を同一時系列にMatrixですよ。

でね、でね。
勿論、今出舞推しでの観劇だったのだが、推しの役はnavigatorです。数々のオムニバスを相方「大神」氏(ボクラ団義)と共に解説していくnarration的な存在。とは言っても、めっさ重要な役柄だよ。兎に角、滅茶セリフが長かった印象しかない。千秋楽大楽すら数回噛んだ筈(小声)。其れくらい1回々のセリフが長かったんですよ。舞ちゃん良くぞ覚えたよね。観てて冷や冷やしてました。そして、相方「大神」氏(ボクラ団義)との絡みは絶妙だったのも魅力。言い換えれば「大神」氏のescortが上手かった...ってかな。同性の俺から見ても好感度でしたから。

.




まぁ、感想とかreviewってめっさ苦手(^^;;
でも言えることは、舞台「時をかける206号室」は半端や無かった。ボクラ団義って♪⌒ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!って話(語弊が無い様に御容赦)。

.





時をかける206号室
ブルレイ化
おねしゃす!






.

(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!んです。

↓↓↓

舞台『時をかける206号室』冒頭12分!<ボクラ団義>

|

« 秋葉原駅からアキバアリーナへの行き方! | トップページ | コンセント発見!渋谷・新宿ライナー静岡69号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

演劇 舞台」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/363856/61880017

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台化不可能!「時をかける206号室」観劇備忘録(今出舞/ボクラ団義):

« 秋葉原駅からアキバアリーナへの行き方! | トップページ | コンセント発見!渋谷・新宿ライナー静岡69号 »